2009年04月27日

憧れの外蛇口

Sさんがやってきて、前々から私が望んでいた、外への水道配管の話を進めてくれた。幌加内の家もそうだったが、この家も外の水栓がない。庭や畑に水を撒くには、風呂場の蛇口に長いホースを繋ぎ、玄関を通して外まで引っ張っていた。
洗濯機はその中間にあり、先日買った6mのホースはさすがに長すぎたが、使うたびに風呂場の蛇口にホースを取り付けてと、いちいち面倒だった。それまで使っていたホースは劣化して細かい傷があったらしく、洗濯するたびに辺りが水浸しになっていた。だから、同時に、洗濯機に近いところにも蛇口を付けて貰う予定にしている。
配管は天井や壁を這わすから、見栄えは悪いけど、そんなことはどうでもいい。実用第一なのだ。

蛇口も玄関の横に、壁からにょきっと突き出る予定。何ともユニークな家になるだろう。

実際の工事はSさんがやってくれるけど、配管の図面や資材の調達は自分たちでしなくてはならない。いざ付けるとなると、いくつかのルートが考えられる。
工事のしやすさと使い勝手を考えながら、頭の中でシュミレーションを描いている。


posted by kyouei at 02:20| Comment(2) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
外蛇口。実を言うと我が家には有ります。25年ほど前に母屋(安普請)を立てたときに、同じく水遣りに便利と付けました。そこに余っていた蛇口をぐちゃっと固めてつけて水遣りのホースと、蛇口水出しが出来るようになってます。便利なものは裏があるで、この辺りが農村浄水化?とかの一環で下水化した時に、上水道の利用量で下水料金も計算されるようになり、一方しか考えないおじさんは慌てて水道代をケチってます。夏場は雨水を貯めて使ったり、全くの泥縄人生です。「あはは!」(涙、涙)
Posted by 長沼オジサン at 2009年04月27日 14:49
こんにちわ。オジサン
その計算方法は幌加内の市街地も同じですよ。
下水に流してないのでその分も取られるなんて腑に落ちませんよね。

その点ここは地下水なので、かかるのはポンプを回すわずか?な、電気代だけです。

雨水をためるなんて、最先端のエコじゃありませんか。
時代を先取りしてるってことですよ。
Posted by kazu at 2009年04月27日 15:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。