2009年04月23日

生死の分かれめ−5℃

雪が降っている。今の気温は0℃前後、今日は一日中寒そうだ。
明日の予報を見たら、明け方にマイナス5℃、やばい!

玄関前に種まきしたポットをずらりと並べている。
まだ芽が出てないのや、ちっちゃいのがやっと発芽したとこや、少しばかり大きくなったのもあり、移植適期だけど、庭が追いつかないのだの。

普通に「寒さに強い」のが持ちこたえられるのは、マイナス5℃くらい。
「とてもとても寒さに強い」のは、マイナス20℃でもへっちゃらだけど、小苗だと話は別だ。
用土はエゾ砂主体だから、シバレがきついと大きな霜柱が立つ。それが根を持ち上げてダメになるケースも多い。一つ二つなら石を置いて予防するけれど、うーん、どうしよう。

@教室に避難させる
A雪をかぶせる
B新聞紙を乗せる

どれも一長一短。ああ、ビニールハウスが欲しいなぁ〜。




posted by kyouei at 07:11| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。