2009年04月21日

エゾエンゴサク

エゾエンゴサクの根茎(または球根、根塊、芋、等呼び名はさまざま)が売られている。それも1個300円くらい、びっくりする値段だ。
エゾエンゴサクの種はなかなか発芽しないし、根茎も簡単に増えない。暑さに弱いらしいというのもあって、山野草家に人気がある。

なんか面白くない。

エゾエンゴサクはここらでは立派な雑草だ。空き地、林の中、畑のふち、堤防、神社の境内、道路の法面・・・至るところに生えている。
レンゲ畑はピンク、タンポポ畑は黄色、エゾエンゴサク畑はブルーのじゅうたんだ。

北海道と東北の一部、本州なら高地にしか自生しないようだから、欲しければ買うしかないのだろう。

そして間違った栽培方法でみんな枯らす。

エゾエンゴサクが商品になっているのが釈然としないので、あちこちにあげる約束をした。それを見た「とおりすがり」が、「それはどこから採ってきたの?」と突っ込みを入れた。ネット上のことなので、あえて反論は避けた。前段を読んでいれば、それは知り合いの畑の「雑草」だと分かるはずだ。

エゾエンゴサクの根茎は地中深く潜っている。そこら辺から掘るのはかなり難しい。

今朝、旧宅にあったひと塊のエゾエンゴサクを掘った。やっと芽が出始めたところだったが、剣先スコップを使ったのに失敗した。根茎はもっとずっと下にあった。そして丸々と太っていた。
そこは粘土質の土、肥料なんかやらないから土は痩せているはずだ。

思うに、鉢植えなんかにしないで、地面深く植えればいいんじゃなかろうか? 水はけも良くない方が土が乾かない。無理に肥培なんかしようとしないで、後は年月が過ぎるのを待つ。植物だってその環境に順応しようと頑張っているに違いないのだ。

私には暖地での栽培経験がないから、これが合っている自信はない。どなたか実験してみませんか?
1個300円相当のサイズが掘れるかどうか分からないけど、根茎ならいくらでもあげますゆえ。


posted by kyouei at 03:14| Comment(12) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はーい、暖地での栽培実験に挑戦してみますゆえお願いします。
地面深く植えてるのがいいのですね。
根茎彫り上げるの大変そうだけど、よろしく!

名前を名乗らない書き込みは無視が鉄則です。
ただの通りすがりなんですから。

Posted by yukiba at 2009年04月21日 14:53
了解です〜。
住所は控えてあります。
掘るまでもうしばらくお待ちください〜。

「深く埋める」以外にも何かあるかもしれないので、
できれば何ヶ所かに埋めてみてください。m(__)m

ピンクのリンドウ、ずーっと咲いてます。
とても優良な子です。
Posted by kazu at 2009年04月21日 18:16
エゾエンゴサクの種の発芽は水分を切らさないことでしょう、発芽は順調に行って、一年後の春。
だめなら、2年後3年後。
通常のコリダリスより厄介なのは水分ではないかと思います。

地植えがいいのでしょうが、本州での分布は東北新潟の多雪地帯。北海道でも雪の少ない苫小牧辺りでは見られない。
雪で、抑えれれていて一気に成長する必要があります。
変に暖かくて、そのあと凍るような時はいったん出た芽が死にます。
鉢で育てるには、冬の間、凍らせないようにし、鉢ごと寒冷紗などで覆って、気温変化が少なくしてやることです。遅く、今頃目覚めさせる工夫が必要でしょう。

多雪地帯の花はひと工夫も二工夫も必要なんです。
夏はそんなに難しくなく、水分は適当にある程度で十分越せます。
秋から冬は水切れを起こしてはいけません。
たくさんあっても、何らかのきっかけで消えてしまいます。
人為的。。気候変化等々。
今あるものを大切にしてくだされ〜(行者ニンニクしかり)

なお掘るのは、なるべく地上部が消えた涼しい時。。9月ごろです。
今掘っても、はやくに地上部が枯れると来年の球根を育てることはできずに衰退します。
印をしていたらどうですか?
Posted by system at 2009年04月21日 19:53
systemさん はじめまして。

ご高名はかねがね存知あげています。
よろしくご指導下さいませ。

>秋から冬は水切れを起こしてはいけません。
このあたりのコツが分かってよかったです。

雪になる温度は0℃、雪が解けるのも0℃でしたでしょうか?
雪の下は案外あったかいものでしょうか。
カマクラなどを想像して・・・

ついでと言ってはなんですが、ハルリンドウの種を採るコツ
教えて下さい。
今、満開です。(10芽位 購入品)

※9月ごろでいいですので、慌てて掘らないでいいですよー。
Posted by yukiba at 2009年04月21日 20:55
>多雪地帯の花はひと工夫も二工夫も必要

そうですねー。
普段は意識しない雪がもたらす恵みは、自然界では相当なもんなんでしょうね。
雪解けとともに一気に花が咲くのも、それなりの理由があり、微妙なバランス(=栽培上のコツ?)が保たれているからでしょうか?

根茎で送ったら、その芋の体力があるうち、たぶん大きさによってだと思いますが、1年か2年は咲くのでしょう。

掘るところ(予定地)は、現役のそば畑なんです。去年こっちに住み始めて見つけたのですが、印をつけるもなんも、その畑一面が真っ青なんですよ。
花が終わる頃に、畑はトラクターで起こされると思います。根茎はそのもっと下にあるのかもしれません。

このあたり以外の畑で見かけないのは、根茎が深く潜る前に消滅したから?
それは今年、現地調査してみないとよく分からないのですが、起こす前と、作物の収穫が終わった頃(ちょうど9月か10月)にも行ってみます。(地主の了解済み)

雪の下は暖か(0℃)だとよく聞きます。>yukibaさん
人参やじゃがいも、となり町和寒(わっさむ)では、キャベツなんかを雪の中に保存します。
ウチもやろうと思ったのですが、なんせ雪が多すぎて、いざ使おうにも掘り出せないんです。

雪のお布団で守られているから、雪が少ない道東より、植物にとっては育ちやすい環境みたいです。
Posted by kazu at 2009年04月22日 03:42
こんばんわ〜
セツブンソウ他の種が、ひとり、kazunokoさんだけ遅れてます。。グふふふふ。もう少しお待ちを、と言って、今日採る予定だった、福寿草の秩父紅の種が完璧にこぼれてました・・このところ、温かいので、いつ袋をかけるべきか考えているうちにこぼれてしまいます。地植えにしたので、もはや回収不可能。

yukibaさん、はじめまして。
ご高名?わたしが??はて、いつそんな高い名前になりましたか…
メギツネさんのところかなぁ〜

雪の下はあったかいです。
冬山登山を経験したことのある人ならよくわかっていると思いますが、北海道ではテントなど持っていかずに、雪洞を掘ったほうが暖かくて、快適です。(酸欠の恐れはありますが)
0から−5度前後に保たれているんですよね。

ハルリンドウの種まきですか?
種が熟しますと、雨などでその口(ガマ口みたいなの)が開いて、水と一緒に細かな種を流しだしますよ。その時にとればいいし、またそうなったら、全部取ってしまって、すぐに、まくのがいいです。
水分で、開くような形になっているのでしょうねー
で、播き床は苔の上とか水分の多いところで、土はねのないところです。
せっかくでた芽も土はねで腐ってしまうので、水やりは腰水がいいですね。
今播いて、来春発芽し、その翌年咲きます。
Posted by system at 2009年04月23日 19:55
あ、systemさん発見(笑)
kazunokoさん、送ったカンパニュラ・サルトリーはsystemさんから頂いた種を蒔いたものです。
種、いろいろ頂いたのに ウッ・ウッ・ウッ!
あえて聞かないでください。

やはりエゾエンゴサクの種蒔きは難しいのですね〜。
自然な状態ですと普通に発芽してますのに。
カタクリは簡単だったのですけど・・・。
Posted by メギツネ at 2009年04月23日 20:51
>sysさん
種がこぼれたところの土を一握り・・・って、ダメ?
私だけ? どうせこっちは春が遅いもんねーって、違うでしょ。
はいはい。楽しみーにしてまーす。(笑)

ああ、ハルリンドウ、フデリンドウ・・・。
どっちがどっちか分からないけど懐かしい〜。

>メギさん(←略し過ぎ?)
サルトリー、検索してたらsysさんのページに行き着きました。

>種、いろいろ頂いたのに
あ、私だけじゃなかったんだ。
種まき、いっぱい失敗したよ〜。
申しわけないと思いつつ、懲りずに貰っているよ。

ちょっとだけ、ほんのちょっと上達した・・・気がする。
Posted by kazu at 2009年04月23日 21:48
systemさん こんばんは。

以前にZふぁんさんサイトでsystemさんご提供の種を一度だけ頂いたんです。
シャジン系統た〜くさん。

雨竜シャジン?この子が発芽して今育ちつつあります。
ありがとうございましたぁ<m(__)m>

更に、初めましてですのに、ハルリンドウの種取りから種蒔き
育て方までご教示下さり舞い上がっています♪
玉ねぎの入ってる網でもかぶせようか・・と思ってみたり
それでは網の目が大きすぎるので、お洗濯ネットかなあ〜などと
頭をひねっていました。

>播き床は苔の上とか水分の多いところで、土はねのないところです。
ああ、勇気を出してお聞きしてよかった!!
腰水栽培はイワシャジンもその方法がいいみたいですね。
頑張りたいと思います。

kazuさん こんばんは。
このサイト、凄い人が多いですね、メギちゃんも!

ハルリンドウ成功したらお裾分けしますんで、期待しないで待っててね。

>種がこぼれたところの土を一握り・・・って、ダメ?
同じような事考えるのね、あはは。
Posted by yukiba at 2009年04月23日 22:59
>ハルリンドウ

sysさんに初めてお願いのメール出した、知り合うきっかけになった思い入れ深い花です。
故郷の山に咲いてたので、懐かしくて〜。(フデリンドウかも知れませんけど。^^;)

見事に失敗しましたねー。
今ならきっと・・・?

yukibaさん、種と一緒にここの土も。(笑)
Posted by kazu at 2009年04月25日 10:45
>メギちゃん

昔の名前 ゆきです。
おばあさんになったから?ゆきばです(笑)
これからもよろしくね!
Posted by yukiba at 2009年04月25日 13:10
yukibaさん、こんにちは〜〜
メギツネの失礼をお許し下さい。
ご本名が あやふやになってしまいました。
kazunokoさんに「この住所にお住まいの方ですか?」とお聞きしたのですが・・。

こちらでいろいろなお話、聞かせてくださいませ〜。
Posted by メギツネ at 2009年04月26日 09:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。