2009年03月31日

変わり目の時

末っ子とバトンタッチするかのように、夫の仕事が今日で終わった。
明日から無職・・・明日のことは明日考えよう。

長女は育児休業を切り上げて4月から職場復帰。子どもは自営業?(SOHO?)の夫が見るんだそうな。

息子は長野県内の隣の市の工場へ転属・・・だったか、寮が変わっただけだったか、若干の移動。

さらに次女も課が変わり、今日はルオントで歓迎会、明日は○○で、送別会だとか。

変わらないのは私だけ。
相変わらずのらりくらりと暮らしてる。


posted by kyouei at 18:56| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは 真夏日のようだと言ってたのが嘘のように 寒い先週でした 週末 ネットのお友達が 蕎麦打ってあげるよって言ってくれたので行って来ました お泊りつきで 

北海道の 短い春と夏は貴重だと友達の一人が言ってました
おはなにとってもきっと 大事な季節なんでしょうね
 クレマチスと藤の花が蕾が出てきて なんか嬉しい
ちょっとネット社会と離れつつありますが またカメラもって
いい写真が撮れたら復活できるでしょう
明日は仕事休み・・・カメラもって 出かけてきます
Posted by mihoko at 2009年04月01日 00:02
おはようございます。
私も昨日、お友達のとこ寄ってきました。
霧氷の話なんかしました。
細かな氷の粒がびっしりと枝の先々まで着く、こちらの霧氷は圧巻です。

一斉に花咲く春は、長い冬あってのものでしょう。
自然を注意深く観察していると、雪の多さはおおいなる恵みです。
写真撮りたくなる光景にたびたび遭遇します。
Posted by kazu at 2009年04月01日 05:05
樹氷は こちら 高野山でも 見たことがありますが 霧氷ですか・・
橋幸夫だったかな  あの独特な口元を思い出してしまいました
朝露が一瞬のまに凍り付いてしまうんでしょうね
朝の光にキラキラと輝いて!! 見てみたい
厳しい現実があるからこそ 小さな発見でも嬉しいって言うのは 良くわかりますよ 年中花がある状態では感激が薄れてしまうのも事実ですから 素敵な春が心待ちですね 
Posted by mihoko at 2009年04月01日 07:32
もう、じれったいくらいに春の来るのが遅いです。
それは花たちも同じなのか、雪の中で芽を伸ばしているのもあります。
待たされて待たされて、一斉に花開くのでしょう。

こちらの霧氷は、厳寒期の真冬には見られません。
川面から霧が発生するところのがきれいです。
Posted by kazu at 2009年04月02日 07:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。