2009年03月20日

旭山動物園

娘の友達が月曜から、5泊6日で遊びに来ている。昨日は頼まれて運転手、日本一(になったこともある)の旭山動物園へ。

ここへ私が初めて行ったのは20才の頃。飛べない鳥、エミューが印象的だった。彼にしては狭いだろうと思われる柵の中で飼われ、感傷的になって、もう二度と動物園には行かないなんて思ったものだ。

そんな決心も子どもが出来れば変わる。併設の、今はない遊園地を目当てに子どもらを連れて、何度か行ったものだ。

当時、冬は休園、その後経営的危機を乗り越えて、リニューアルし、人気が出てから長女夫婦や次女、彼女の友達と一回行った。
話題のアザラシ館をはじめ、動物たちを間近に見れる展示方法に、なるほどこれならと頷けるほど見違えていた。

でも、昨日は、寒いし眠いし、車の中で延々2時間以上待っていた。
駐車場には「わ」ナンバーのレンタカーが並び、平日だけど春休みのせいか、家族連れやアベックが次々と降り、観光バスもひっきりなしに行き来する。時々関西弁が聞かれ、ずいぶんと全国区になったもんだと実感した。

次に私が入園するのは、孫ちゃんが「わんわん」とか「にゃーにゃー」って言えるようになった頃かな?
動物園にわんにゃんいないんだけどね。


posted by kyouei at 03:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。