2009年03月09日

子だくさんの余韻

赤ちゃんはいるだけでその家に幸せを運んでくる。
今日でちょうど7ヶ月の孫ちゃん。泣いても笑っても周りは楽しい。離乳食はゆでた野菜や果物を適当につぶしてやり、ふだんはじゅうたんの上、文句を言えば誰かが抱く。
末っ子は末っ子ゆえか、赤ちゃんの世話が好きで、昨夜はお風呂に入れ、一緒に寝た。母さん(長女)は、隣の部屋で熟睡できただろうか?

北海道の田舎の家は「無駄に広い」と思っていたが、こうして子どもたちが帰省して来るときは、この広さがちょうどいい。

年に何度かの大家族的団らん。いずれ押し寄せてくるかもしれない孫ちゃん’sのために、「面白い田舎の家」を目指そう。


posted by kyouei at 05:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。