2009年03月06日

共同作業

「屋根雪下ろしをしないと、ワカサギ釣りに連れて行かないよ。」高所が苦手な娘のダンナに容赦なく言う私。「下は雪がいっぱいだから、落ちても大丈夫だよ。」

「明日は吹雪の予報だから、午前中に雪下ろしが出来たら、午後から朱鞠内湖に行こうか。」そう話していたのに、昼を回っても起きてこない。娘が何度起こしに行っても微動だにしないとか。理由は夜中に仕事をしていたそうな・・・。

昼をだいぶ回って、ようやく起きてきた。そそくさとご飯を食べさせ、スキーウェアを貸す。いつもは家に帰ると何にもしない長女が、「仕方ない。」といった風で付き合う。
さすが幌加内っ子、はしごも平気で昇れるし、雪でいっぱいの屋根の上を楽しんでいる。「雪はねなんて、中学以来だ。」なんて言ってたけど。

ご褒美?に今日は温泉。孫ちゃんも初温泉。でもって、娘の考えは、「男の子は男風呂」なんだそうな。


posted by kyouei at 18:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。