2009年03月02日

自給の道は遠い

夫が大根と人参とじゃが芋を貰ってきた。合わせて10kg以上、越冬野菜というやつだ。ありがたいなぁ。とうぶん大根続きになるけれど。

そろそろかなぁ?と思って、「北海道 玉ねぎ 種まき」で、検索した。北海道の玉ねぎは本州と違い、春に種を蒔いて、秋に収穫する。玉ねぎだけじゃなくほとんどの野菜がそうだ。冬野菜というものはない。
だから、芋も豆も葉っぱもみんな春に種を蒔き、忙しさが重なる。
で、玉ねぎは・・・おお、早い農家では2月上旬に種まきが始まっているじゃないか。こっちは雪解けが遅いし、定植できそうな時期から逆算すると・・・って、玉ねぎ作りは初めてだから、育ち具合の見当がつかない。ままよ、やってみりゃ分かるだろう。

こんないい加減な判断で種まきをした。これが家庭菜園のお気楽さだから、成功はまぐれと言える。それでも私の脳裏には大粒の玉ねぎごろごろ転がり、ピンポン玉大の失敗作はないことになっている。そうそう、ベビーオニオンも蒔いたから、誰か人に聞かれたら、「ベビーオニオンです。」と言おう。

どちらも種が一袋にた〜くさん入ってる。誰か一緒に育ててみませんか? 玉ねぎは北海道限定となってるけど。


posted by kyouei at 05:34| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。