2009年02月10日

卵の置き場

生協からとっていた卵をやめて、地元の卵やさんのに替えた。一か月分として約50個、新鮮&安全な平飼い卵だから一ヶ月以上充分保存できる。
これ、まともに買ったら高級な卵だけど、そこは地元の利、はね品という、ちょっとヒビが入ったのや大きすぎたり小さすぎるのが、申しわけないほどの値段になる。

50個の卵は、段ボール箱で買ったときに中で仕切られている、でこぼこの平たいトレーに全部乗っている。(分かるかな?)
で、家で別の容器に入れ替え、トレーは返す。エコだなぁ。

私は全部空き箱に詰め、玄関に置いている。卵だけじゃなく、野菜も冷蔵の食品もみーんな玄関・・・つまり玄関が冷蔵庫と同じくらいの温度ってこと。

でもってそれを下駄箱の中にしまった。(笑)

なんででしょう?

以前クロちゃん(一番のデブ猫)が、卵の上に乗ってみーんな割ってしまったのです。

あ、下駄箱に靴はほとんど入ってないから、臭くはならない(はず)よ。


posted by kyouei at 00:26| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ども〜
昔、卵って言ったら病人食で大事におがくずの中に入っていたねー
はねでもピンでも、生あったかい鶏の卵を一つ、大事に抱えてきたものです。
にゃんこやキツネやイタチがいるから、管理は大変かもしれないけど、も一つエコで、鶏でも飼ってみたらいかがです?
安全確実な卵が手に入ります。

エコ生活って、昔はみんなそう。いつからか、大量消費が当たり前になって・・で、不景気になって…

うちの野菜も、ぐうたらだから無農薬、有機肥料。
草を取って耕すくらい。
したがって、今はもう青虫君とりと、ヒヨドリ除けが日課。
よその畑はひよどり君つつかない・・・・・
庭木の防虫薬も3年ほどやめ。アブラムシは鳥さんに食べてもらいます。
だって、山にある木はアブラムシなんて付いていない。。。

北海道はいいねー
Posted by system at 2009年02月10日 06:24
>おがくずの中
あらま、それは知らんよ〜。
sysさんよりだいぶ若い?
そういや、近くに養鶏場があった。卵はふんだんに手に入っていたのかなぁ。

鶏・・・その気になれば、卵やさんから分けていただけそうなの。
鶏は定期的に入れ替えるんだって。
どうせなら放し飼いにしたいけど、それこそ猫やキツネの餌食でしょうね。^^;
いつか、という志しは持ってます。

自然のサイクルがうまく回ると、虫の害は気にするほどじゃなくなるんでしょうね。
鳥やリスのために、実のなる木も増やしつつあります。
庭に彼らがいるってことは、安全の証しなんでしょうね。

住宅地の庭はアブラムシだらけだったけど、こっちの庭はすごく少ないですよ。
Posted by kazu at 2009年02月11日 02:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。