2008年06月06日

生育適温

白菜の失敗原因を調べていたら、どうやら温度管理がまずいという結果になった。生育初期は20℃前後で、後期は15℃くらいを好むらしい。なるほど元々は秋野菜だから、お盆を過ぎたころに種まきをすればちょうどいいのだろう。でも、その時期には虫害が・・・ヨトウ虫は大っ嫌いだー。

その点今はいい。中途半端に暑い、風のない日はブヨが煩いけれど、近くで火をたいて煙を出したり、蚊取り線香包囲網(自分の周りに何個か置く)でしのいでいる。
寒いくらいの朝や、かっと照りつける日中、風の強い時はブヨもほとんどいない。ブヨにも活動適温があるらしい。
ブヨの時期が終わる頃、夕方の蚊に悩まされる。あまりに酷いときは2階や元教室で作業する。ここらも苗を育てる場、私の庭の続き。

でもって、もっと暑くなれば恐怖のスズメバチが出現し、蛾や蝶も飛んでくる。でも、去年の夏を振り返ればそれも一時のこと。すぐまた涼しい、虫の少ない秋になる。

2日ほど25℃を超す夏日が続いた。白菜と同じく私も春は20℃、夏はそれ以下を好む。周りが山のせいなんだろう、共栄は幌加内よりずっと涼しい。


posted by kyouei at 08:38| Comment(2) | 菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
既に夏ばて(笑)

暑かった3日間、種芋植えをやってたんだわ。
俺は、4トントラックの荷台で、4種の肥料を混ぜる仕事。

10時を過ぎる頃からガンガン暑くなりだして、3時半頃までは地獄。
ポカリがぶ飲み、頭から水かぶり、ツナギにも水をかけ、
首には冷水を浸みらせたタオルを巻いて、なんとか凌ぎました。

今日はうって変わって涼しいね〜。
午前中、背中で雨を心地よく受けながら、苗植えして来たよ。
Posted by hoshiboo at 2008年06月06日 15:14
お仕事ご苦労さ〜ん。
わが家で食べれる美味しい芋は、hoshibooさんのおかげです。

こっち(幌加内)の家は、夜でも暑いの。
初タンクトップになったよ。
つい先日まで雪だ氷点下だと騒いでたのが嘘みたいだね。
まー、まだ、場所によっちゃ雪があるけど。

暑さの基準は、群馬や京都の夏。
それに比べちゃ全然だけど、やっぱ暑いのは嫌いだわ。
Posted by kazu at 2008年06月06日 17:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。