2008年01月22日

壁紙貼り

今まで手付かずだった洗面所を、いかに安価できれいにするか長いこと考え続けてきた。水周りってのはどうしても汚れがちで可愛い壁紙が貼られていたけど、相当くすんでいたし下の方がはがれていた。
どこもかしこも本物の板を貼りたい、でもそれは予算が許さぬ・・・。

5m3,800円から1,000円に値下げされた、明るい木目柄模様の壁紙を一昨年に4〜5本買っていた。値段に釣られて買ったものの「やっぱり茶の間にはなぁ・・・」と保留していた。これを使おう。

壁紙を貼るのは、京都でおじいちゃんち(かなり古い家)に同居していた新婚時代以来、ほぼ四半世紀ぶり。
それでもあの時、何とか出来たのだから楽勝だと思っていた。1枚目を貼るまでは。

ああ、「情けない」を通り越して「悲しい」よ。いくら洗面台との隙間までカバーしようとしたからって、なんなのこの無様な出来栄えは。シワになるしあっちこっち浮いてるし意気消沈だー。

でも、やらにゃ始まらない。やり続けなきゃ終わらない・・・なんとか気を持ち直して貼り方説明をもう一度よく読みなおす・・・「あっ、水をたっぷり含ませたら3分間置くと書いてある!」失敗の原因を見つけ、糊だらけの水滴をポタポタと落としながらさっきよりもっと広い面を貼る。今度は邪魔な物もなく、「私って上手じゃん」と、さっきとまるで別人の気分。
しかもトイレに行くとき、開け放たれたドアから見えるのはこのきれいな部分。普段感想をのべない夫も「きれいになったね」と言ったよん。



posted by kyouei at 17:48| Comment(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。