2007年10月04日

タイヤの利用法

タイヤ花壇は好きじゃないと前にも書いたけど、花壇にされているのも含めて家の周囲に20個近くある。
どうすればいい?もちろんお金のかかる処理方法は論外で。

広い庭の片隅に積み上げて置いておくか?と夫が言ったけど、それもどうかなあ?確かに草や木に埋もれてしまったら目立たない。でも、ゴミの説明会では例え敷地内でもゴミ同様のものを積み上げておくのは駄目だとか・・・。

タイヤを重ねて、タイヤ面が見えないように植物で覆ってしまってはどうか?タイヤの中は暖かそうだから、花の生育にはいいかもしれない。それに立体的なものは雪で壊れるから平面的になりがちな庭のアクセントにもなる。
と、Nさんのお花が植わってない(多分1年草を植えていたため)タイヤを夫にいくつか掘り起こしてもらった。
が・・・、直径1m以上もあるタイヤをほとんど埋まった地面から引っ張り出すのはかなりの重労働。タイヤの中に入り込んだ土をかきだしても相当重そうだ。
「何キロくらいある?」「30キロくらいじゃないか?」
頼めば日数はかかるけど全部やってくれるだろう、だけどそれからどうする?

結局30キロ級を2つと15キロ級を2つ掘り起こしたところで計画は中止。今埋め込まれているものはそのままにして、そこにタイヤがあるって分からないようにグランドカバーになる植物で覆ってしまおう。
サギゴケとかアジュガとかペニーロイヤルミント、クリーピングタイム・・・グランドカバー候補はいくつでもある。


posted by kyouei at 09:58| Comment(0) | 1年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。