2007年08月01日

ニンニク

少量多品種・・・なるべく野菜は自前で賄いたいと思って、実験的栽培をぼちぼちやっている。

ニンニク、植えたのが去年の秋遅く、しかも生協で買ったバラニンニク(でも一応青森産)
サカタで買うと300g1400円とか超お高いのよ。もっと畑の土をいい状態にして、ちゃんと収穫が見込めるようになったら、いい種を使う価値があるかもしれないけど。

で、だめもと覚悟で植えた10個ほどのニンニク小片、春になって芽が出て一応育った。手入れなんて何もしてないから育ち具合がいいとは言えない。

野菜作り、庭造りで参考にしているのが「北国の〜」とか、「北海道の〜」。一年の半分も最低気温が氷点下になるここでは、一般書の知識は通用しない。

それによると収穫は茎の3分の2が枯れた7月下旬頃とある。ウチのもだいぶ枯れて、これ以上の成長は見込めないので掘りあげた。小さいながらもどうにかニンニク(あたりまえ?)がついていた。

これを干して、ばらして9月に再び植えよう。来年はもっと大きくしてみせるぞ。
味はともかく自分で育てたら安全・安心は確かだね。


posted by kyouei at 08:33| Comment(0) | 菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。