2007年06月06日

行ったり来たりの中で

共栄へ行けばずーっと帰りたくなくなる。でも、幌加内へ戻れば戻ったでこっちの庭が気になるし、用事もある。
共栄から車で5分の職場に通う夫は、趣味のゲーム機を持って行ったので、3匹の猫と一緒にすっかり住み着いてしまった。
おかげで週に何回も私だけが幌加内〜共栄間を往復している。

ここ数日、真夏以上の暑い日が続き、雨が降らないので、せっかく移植した苗たちが瀕死状態だ。
ポットから1年以上もかけてやっと発芽した、ミリ単位の小さな苗は、元校舎の床に置いてあるので大丈夫だが。

それでも明日の雨予報を信じて、政和からゲラニウムの苗を掘ってきた。幌加内の庭では消滅したモモバギキョウも元気に育っていた。
草もある程度なら、暑さに弱い植物にとってありがたい存在のようだ。


posted by kyouei at 14:30| Comment(0) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。