2007年04月26日

赤い屋根

赤といってもレッドブラウン。茶系の赤。

今住んでいる公営住宅の屋根塗り替え工事?が始まった。
こっちは専門の業者が数人がかりでやってる。
勾配がゆるいので、モップみたいなのを使ってらくらくの立ち作業。
焦げ茶色の屋根が今年から赤へ・・・?
見慣れた景色が変わると変な感じ。

さて、屋根にへばりつくような格好でへっぴり腰(想像)ながら、夫も住宅部分をほぼ終えた。「この調子なら一生懸命やれば4日で終わる」果てしない作業に見通しがついたので、夫は嬉しそう。
5月からの仕事は週休2日あるし、閑職っぽいので、「次の雪が降る前に終わればいいさ」と、余裕しゃくしゃくだ。
でも、トタンの上は太陽熱の照り返しで、気温10℃でもかなり熱いらしい。それに、もし落ちたら、を考えると軒下に雪がある今の方が安心感がある。雪と言っても氷みたいになっているけれどそれは考えない。
さらに4月はこれといった仕事も無いので、これから屋根のペンキ塗りは春の恒例行事になりそうだ。

始めは私も屋根の上にあがる気でいたけれど、夫がけっこう張り切っているので、でしゃばらないことにした。家の中の改装はちっともやってくれないしさ。(笑)


posted by kyouei at 18:49| Comment(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。