2007年04月14日

ペンキ塗り

試し塗りと称して夫が屋根のペンキを塗り始めた。今はまだ家の周りいっぱいに、屋根から落ちた雪が積み重なっているので、それを足場に軒先を塗った。屋根に上がってしまったら、先端まで行くのが恐いので多少の危険回避になるだろう。

本格的に始めるのは来週から。でも、その前に農家の種もみ蒔きの仕事が入りそうだ。それは2〜3日で終わるのだろうけど、いつ始まるかまだ連絡が来ない。

5月から朱鞠内にあるパークゴルフ場の管理の仕事が決まった。何とかそれまでに終わらせたいと言う。

私は屋根の上も気になるが、もっぱら室内担当。といえば聞こえはいいが、一日の大半を種まきや育苗に費やしている。2階の和室の日が当たる場所にどんどん緑が広がっている。

それでも室内リフォームのスイッチがやっと入り、昨日は洗面所ドアのペンキ塗りをした。化粧ベニヤが古くなって見るからに汚い感じだったけど、汚れ落としもせずにそのまま塗ってしまった。
古い家に住む友人が、そんなこと気にせずどんどん塗ってると教えてくれたので、まねてみたのだ。するとあーら不思議、黒ずんでいたドアが真っ白に生まれ変わった。臭いものにふたならぬ、汚れたところにペンキ塗り作戦は案外使えそうだ。

友人はセンスがいいので、一見雑な塗り方だけど、玄関を入ったスペースが行くたびに素敵に変身している。そのセンスは彼女の才能と、長年培われた経験からきているもので、とうてい真似ようがないけれど、彼女の大胆さにふれて、私のイメージが少しひらめきかけてきた。


posted by kyouei at 07:24| Comment(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。