2006年10月10日

ホームセンター

1ヵ月以上ぶりに旭川へ行く。行く度に1〜2年ほど前にできたホーマックのスーパーデポという巨大店舗に寄るが、たいていは品揃えを眺めてキャットフードと園芸用品を買うくらいだ。

実はあまりに品数がありすぎて、どれを買ったらいいのか分からないレベルの私たち夫婦は、どれが高いのか安いのか、いざ家の補修を始めたら何が必要かの見当もつかない。

夫は実践の伴わない雑学的知識を少々持っているが、私がちょっと質問すれば返事に窮する程度で私と大差ない。

先日寄った時に芋の箱や袋が所狭しと積み上げられた元教室部分も、あと1ヶ月もしない内に片付くだろう。その頃になれば夫の土方仕事も終わるだろうし、そうなったら第一陣の買い物となる。

今年はまだ住めないので、とにかく雪対策に壊れそうな所をコンパネで塞ごうとしてる。どう計算したのか分からないが、夫は、とにかくコンパネ30枚は必要だという。他にも使い道がありそうなので私も異存はない。

それと屋根に上がる梯子。初めはアルミ製のを見ていたが、木材で作ろうという方向になっている。(担当は私)
太さはこれくらいで大丈夫かねぇ?と防腐剤を塗られたツーバイフォー材を確認する。あまり太くすると私が持ち歩けないし、細いのにしたら私の体重を支えきれない。(苦笑)

それから除雪用のスノーダンプやスコップもいくつか買おうとしている。まだ店頭に並んでいなかったけど、消耗品だし、アテはないけど助っ人が現れてもいいように最低各2〜3は用意したい。

前回夫が店員に尋ねたところ、1万円以上なら道内配達は無料らしいが、コンパネ価格は1,500円前後なのでまだ検討を要する。

いづれにしろ、この先出費が嵩むのが目に見えているので、この日は外食もせず帰途についた。


posted by kyouei at 09:41| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 こんにちわ。場所を教えていただいたので、お邪魔します。

 コンパネですが、あくまで型枠用ですので、強度的にはお勧めしま
せん。強いのは「構造用合板」か「OSB合板」です。価格はOSB合板が
相当安価です。
 構造用合板は「特類」というのが手に入れば、耐水水性もあるので
すが、価格は高いでしょう。どちらも12ミリ厚でよいと思います。

 我が家では内部にも外部にもOSB合板を使ってますが、あまり問題は
ありません。外部(物置の扉)には木材用塗料を塗っています。内部
の床にも使っています。
 最近は「ユーロストランドOSB(9ミリ厚)」という製品があって、
安くて強度もあり、表面が美しく、内装にそのまま使えます。確か
ホーマックにもあったはず。

 ハシゴは平家の屋根であれば、38×89のツーバィ材L=3640が2本
あれば足りるのではないでしょうか。塗装品は高いので、私は普通
の製品を買って塗装して使ってます。
 ハシゴの段の部分は、18×105のヌキ板(KD材というカンナがけして
あるやつ)か、19×89のツーバィ材を切ってビス止め(釘打ち?)
してやればよいと思います。
 私の場合、DIYに釘はほとんど使わず、ビスと電動ドリルです。釘よ
りも楽ですし、解体再利用(リサイクル)が簡単だからです。
Posted by とむすけ at 2006年10月11日 11:40
こんばんわ。とむすけさん。
文章がまとまらなくて、メールの返事もまだなのに、
具体的なアドバイスをありがとうございます。すごく参考になります。
早速メモ帳にコピーしました。
今度旭川へ行く時に持って行き、チェックしてきます。
ツーバィ材は今年知りました。短いのを買ってちょっと遊んだりしました。
電動ドリルがあるので、ビス打ちにします。
塗装も自分でやってみたいと思います。

夫がコンパネを言い出したのは、玄関を塞ぐためです。
道路から玄関までの距離がかなりあって、今年はまだ住めないし、
除雪機械もなく時間も足りないので、
道路に一番近いシャッターの所から出入りしようと考えています。
雪の圧力が相当あると思われるので、とにかく板で防護しようとしています。
でも弱いんじゃ駄目ですよね。
全体写真や玄関部分も徐々にアップしていきます。

まだ修理以前の段階なのですが、心強い味方を得て喜んでいます。
素人以下のレベルですが、必要に迫られているので頑張ります。
これからもよろしくお願いします。
Posted by kyoueiことkazu・・・・ at 2006年10月11日 18:35
 玄関を塞ぐだけでしたら、30枚もいらないのではないでしょうか。
もしかしたら、他にも塞ぐ箇所があるのでしょうか。
 たぶんOSB合板の12ミリでいけます。止めるのは木用ビスの長さ
40ミリ前後。あとで外して板もビスも再利用できます。
 大事なのは、ビスの配置でしょう。合板の周囲だけとめるのではダ
メな感じがします。プロは450おきに細い柱か横胴縁を入れ、止める
枠を作ります。
(450のマスを作る、という意味です。分かります?)
 ビスそのものの間隔も大事で、最低20センチおき、できれば15セ
ンチおきにとめたいところです。

 ビスは1000本くらい入った箱で買うと、かなり安いです。
私は10年くらい前に買った箱(1000本近くで800円くらいだった)が、
まだ半分も残っています。42ミリの長さの木用ビスです。

・力のかかる場所:木用ビス(コースレッド)かナゲシビス
 頭が大きいので、抜けにくい。頭が目立って見映えが悪い。

・内装などの見映え重視:スリムビス
 頭が小さいので目立たないが、抜けやすいので強い力の入る場所に
は不向き。

 価格はどちらも大差ありません。長さは使う場所にもよりますが、
私が一番使うのは38ミリ、ついで42ミリ、25ミリ、65ミリあたりで
す。個人差もあるので、最初は小箱で試すとよいです。
 色は銀色のものより、金色のものがサビに強いです。ただし、金色
のはやや高いと思います。
 充電式の電動ドライバーなら、たいていの材料には下穴なしでどん
どん止められます。すごく楽で早いです。私はこれを買ってから、
DIYの世界が変わりました。ぜひそろえてください。
 充電パックは2個付いたのがお勧めです。
(充電が切れると作業が中断してしまう)

 ハシゴですが、必要な長さをよく測ってから材料を買って下さい。
5メートルの巻尺は今後のためにも必須です。
 縦材に38×89を使う場合は、幅の狭い側が前後にくるように。
(こう使うと強い)段の板は外れると大怪我します。左右2本ずつ、
1段あたり合計4本のビスでとめてください。
 塗装する場合、私はカットして組む前に塗ります。


Posted by とむすけ at 2006年10月12日 01:25
コメントありがとうございます。とむすけさん。
ビスの長さなど知りたいことでしたので助かります。

こちらでは除雪をマメにできない建物や、倉庫、廃止されたJRの駅など、
窓をコンパネで打ち付けた建物ををよく目にします。
それで夫もコンパネとなったのでしょう。
というか、他の合板の特徴も使い方も知らないレベルです。

ハシゴ、全体像が見えてきました。縦材の使い方も間違うところでした。

今ある電動ドライバーは私専用なので、「軽くて持ちやすい」が優先し、
コード付きですが、必要に応じて夫用のを買うかもしれません。
いよいよ「工作」から「DIY」へデビューできそうです。
Posted by kyoueiことkazu・・・・ at 2006年10月13日 09:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。