2014年08月29日

ホップ

ここ数日、最低気温が10℃を切って、まだ8月だというのにすっかり夏は終わりました。
30年前の京都は10月でも暑かったのに、こちらは間もなくストーブが恋しくなる季節です。
けれど今年の初点火はちょっと遅らせないと・・・・。

だって、

P1110387.JPG

P1110379.JPG

ヨワヨワひょろひょろの小苗がすっかり逞しくなってしまいました。年々凄い勢いで伸びていきます。冬に地上部は全部枯れるのですが、春からの成長スピードは目を見張るものがあります。これ、来年はどうなるんだろう?
もっとも、蔦を壁に這わせたかった、けど、蔦は壁を壊すと聞いて諦めたので、毎年リセットされるホップは使いやすいです。そのうちここら一帯、ホップだらけになってしまいそうですが・・・。

  ホップのこぼれ種発芽のちび苗、ご希望の方に差し上げます。ただし植える場所はよーく考えてくださいね。


今年初開花の白花ムラサキモメンヅルです。基本種のムラサキモメンヅルの種か苗と交換してくれる人いませんか?(白花は余剰小苗あります。)

P1110360.JPG


庭作業中の私のおやつ、小苗しか買えなかったので、実が成るまでが長かった。

P1110378.JPG


最近は箱蒔きなんかもやってます。直まきもやりますが、購入種や少ないのはポット蒔きが主流です。

P1110362.JPG


posted by kyouei at 08:14| Comment(3) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月21日

コーンカッター

冷凍のトウモロコシをよく買う。粒がバラバラになったやつ、もちろん北海道産だ。
それを料理というよりおやつ感覚で食べる。冷たくって旨い。
市街地に住んでた頃は、家庭菜園?セミプロでしょ?という家が近くにあって、たくさん貰っては夜通しトウモロコシの粒を外していたけれど、こっちに来てからはそんな付き合いも無くなった。

それでも娘がトウモロコシの産地に嫁ぎ、毎年近くの農家で買って送ってくれる。

今年はコーンカッターを購入してトウモロコシの到着を待った。たまたま生協のチラシで目に付いて、アマゾンで口コミを確認したら良さそうだったし、お値段もそこそこだったので。
でも、こんなんでホントに?という形状でした。

お待ちかねのトウモロコシが届きました。20本入り、大鍋で2回に分けて茹でました。
いよいよコーンカッターの登場です。これはトウモロコシを半分に切って立てて使うタイプです。
芯の部分を丸く開いた穴にあて、上からぐっと押します。と、ザクって感じに一気に実が離れます。
これはいいです。予想以上にいい。とにかく仕事が速い。あっという間に出来てしまいます。

難点をいくつかあげれば、
非力な私にはトウモロコシのぶつ切りがちょっと大変。
太めのトウモロコシは、芯に近いところに刃が入るので力が必要。
細めのトウモロコシは芯に実がたくさん残る。
くらいかな?

まあ、卑しい私は残った芯を齧ります。だってここが一番甘くて美味しいところだもん〜。

冷凍の袋にずっしり出来たコーン、きっとすぐに食べきってしまいます。
posted by kyouei at 08:41| Comment(3) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月19日

方針変更

心当たりのお宅へ夫が確認に行ってきた。鼻のとこに模様があるから「鼻ちゃん」と聞いていたけれど、そこの家の猫はウチに来てる猫と毛色が違い、どこにも出かけずその時も家に居た・・・。
ということは、と、いう、ことは・・・。

ハナチャンは遊びに来ていたのでもなければ家出でもなく、捨てられた猫?

うーん、困ったな。

兵糧攻め「その2」として、食べ放題の猫エサにふたをしていたけれど、ハナチャンはそれにも負けずふたを上げてちゃっかり食べていたけれど、捨て猫と分かれば同情心が湧いてくる。といってもウチの猫と仲が悪いから、正式に飼うことは出来ない。とりあえずエサを少々、カップ焼きそばの容器に入れて外に置いた。

見かけるたびに「早く帰りなさい。」と声をかけていたけれど、キミは帰るところがないんだね・・・。

こうなったら「しょうがないなぁ」です。猫エサの封印もやめました。こっそり来てこっそり食べてもいいよ。なるべくみんなに見つからないように・・・。揉め事は夫も私も嫌いなんだからさ。

今日は昨夜の味噌汁の鍋が、盛大にひっくり返されていた。
ハナチャン登場で慌てたウチの猫が逃げる時に足を引っ掛けたのか?
騒動はまだまだ続きそう。

posted by kyouei at 11:51| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月12日

兵糧攻め

よその猫がウチの敷地に居ついてから半月以上、仮称ハナチャンはたぶん朱鞠内の猫だと思うけど、彼(たぶんオス)は時々でも自宅に戻っているのだろうか?

去年まではウチのドンドン(=チロリン)が毎週行っていた場所だから、3キロは猫にとってそんなに遠くない距離なんだろう。もっとも今年のドンドンは雪解け後に1回行ったきりで、居なくなって三日後に夫に連れ戻されてからは毎日家で寝てばかりいる。

ハナチャンはウチのどの猫よりも強いようで、我がもの顔で庭を徘徊している。たまにケンカもしてるけど、目だった外傷は無い。時々夫が大きな声を出して脅すけど3mくらいまでなら近づいても逃げない。果ては台所に忍び込み、テーブルの上の食パンをボロボロにしゴミ袋を破った。食パンは未開封でそれを食い破る猫はウチにはいなかった。

日増しに図々しくなるのを見かねて、ハナチャンが入って来れないように開けっ放しの教室の戸を閉めることにした。ウチの猫が外に行きたがったり中へ入りたがったら、その都度ドアや窓を開けて対処する。それにウチの猫は車庫から屋根裏を通ってくる秘密の道を知っている。

「ハナチャンも食料がなければ自宅へ帰るだろう。」そんな思惑だった。ところがある日、エサ箱に白混じりの猫がいた。気がついた私が良く見ようとしたら一目散に逃げて行った。もしかしてあれは・・・。
外へ出て見回してもハナチャンの姿は無い。外から教室の中を覗き込んだらそこに白黒ハナチャンがいた。秘密の通路はあっけなく見つかってしまったようだ。

それでもエサにありつける回数は激減し、私が投げたホタテの貝殻を舐めるハナチャンを見て夫が言った。
「可哀想だ。エサをちょっとあげようか?」・・・・だめでしょ。それをしちゃ。

今の時期、外にはバッタや蛾などの虫がいっぱいいるので、完全に飢えることはないと思う。ウチの猫たちの平和が乱されるのは困るので、兵糧攻めを継続するために、今度は教室から住宅へ通じるキャットドアを閉鎖することにした。キャットドアには閉めっぱなしにできるつまみがあったけど、力づくで体当たりされたら壊れそうなので夫がドア全体にコンパネを打ちつけた。これで完璧かと思いきや・・・。

夜中にそこから外へ出たいウチの猫が、ドアをバンバンやってうるさいうるさい。しかもそこは夫の寝室のすぐ前。

あっけなく、もういいかー。となりました。我らの完敗です。開放します。

先ほども廊下の奥にちょこんと座っているハナチャンと目が合いました。もう、笑うしかありません。

ハナチャンはもしかしたら、帰れないのかも?とも思います。そのうち飼い主(だろう人)に連絡をとってみます。台所は荒らされないように自衛するしかありません。

しかし、猫同様、なんて弱い人間達なんだろう。ハナチャンに笑われている気がしなくもない。
posted by kyouei at 22:48| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月06日

通行止め

記録を更新する雨が降りました。
普段は見えない水面が茶の間から見えました。
今までで一番です。
そして、初めて?通行止めになりました。
国道に車一台通りません。

朱鞠内で道路が冠水したようですが、南には行けるのかな?
途中にバリケードがあるんだろうなぁ。入って来れないけど出ても行けない?

向かいの川、水位が4mくらいあがったようです。
もしもあと50cmほど上がったら、ウチの花壇は水没してしまうでしょう。
家が建っている場所はそこからさらに2mくらい高いから、大丈夫だと思います。

P1110276.JPG

24時間で降った量です。(雨降る前は空っぽだった。)
P1110279.JPG


半月くらい前から出没しているよその猫。
P1110231.JPG

かなりくつろいじゃってます。
P1110251.JPG
posted by kyouei at 21:22| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月01日

スズメバチ

山の中に住んで分かりました。スズメバチは普通にいるもんなのですね。
毎年春になると女王様が偵察にやってきます。この頃のスズメバチは人間なんか眼中にないので、よほどの近距離で無い限り恐れることはありません。開けた窓から茶の間に入られたらさすがにびびります。オオスズメバチですからとてもでっかいのよ〜。この時に退治してしまえば後々困ることにならないのですが、つい情をかけて逃がしてしまいます。

女王様はその後、お一人様の小さいトックリ型の巣を造ります。車庫の天井にトックリが逆さ向けに付いていて、トックリバチ?と思って検索したら、スズメバチの初期巣でした。
この時に退治すれば・・・いえいえ、まだ静観です。

さてそれから半月以上経った先日のこと。軒下に今度は本格的な巣を見つけました。大きさはまだソフトボールくらいですが、これから見る間に大きくなるでしょう。場所的に避けられなくも無さそうな所ですが、9月に孫たちが来る予定なので駆除決定です。

去年は3ヶ所もの巣に蜂の大群が飛び交う状態だったので、役場に駆除をお願いしましたが、今回は行政に頼らず、自分たちで出来そうと判断しました。
スズメバチ用のスプレー(千円くらい)は常備しているので、一昨日の夜に決行しました。以前半袖の軽装でやろうとした夫ですが、今回は言う前に長袖を着てくれました。帽子と手袋も忘れずに・・・。

スプレーには11m先まで噴射できると書いてあります。けど、夫は壁に梯子をかけて至近距離でやります。離れると命中しないからと言いますが見てる私はハラハラ。実際スプレーをかけた後4〜5匹の蜂が巣から飛び出してきました。慌てて梯子を降りた夫は途中で踏み外して地面に転げ落ちました。蜂のブブブブって音が不気味です。懐中電灯で照らして踏み潰しました。
それから再度梯子を上りスプレーをたっぷりかけ、何も出てこないのを確認してからスコップで巣を削り落としました。
散らばった巣には幼虫がたくさん詰まってました。これらが孵る前にできて良かった〜。


最近の写真から少々。

6月下旬、種から育てた青ケシが咲きました。寒い日が続いてたので、きれいな青が出ました。

メコノプシス バイレイ(=ベトニキフォリア)
P1100651.JPG

P1100679.JPG

こちらはメコノプシス ホリデュラ
P1100692.JPG

まだ鉢植えです。次の目標は地植えで咲かせることです。

7月上旬
草に埋もれ始めた。青いのはベロニカ
P1100911.JPG

ヒメヤツシロソウとヤツシロソウの白花 これらも種からです。
P1110027.JPG

ベルケア パープレア
今年は冬を越せた。
P1110119.JPG

7月中旬 孫が来た。
初めての海(留萌)
P1110052.JPG

初めてのプール(朱鞠内)
P1110078.JPG

初めて・・・じゃないかな?遊園地(小樽)
P1110138.JPG

孫が帰って再び静かになったけど、最近「よその猫」が出没中。







posted by kyouei at 08:42| Comment(6) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。