2014年03月30日

老朽化

天井が落ちてきた。
猫も落ちてきた。(たぶん)
夫が慌てて応急処理をした。
夫の部屋へ通じる廊下の上だからね。

ちゃんと補強しないとまた落ちてくるだろうなぁ。


posted by kyouei at 04:18| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月25日

春の訪れ

寒さ暑さも彼岸まで・・・寒さの質が違いますが、昨日から気候が変わりました。
寒帯から温帯へ、そんな感じ。
春の日差しを浴びて雪解けが進みます。
が、悲しいかな、流れて行く先がありません。なので、雪がとけて水になってちょっと移動して終わり。
今朝の冷え込みで氷が大量にできてます。車庫の前はまるでスケートリンクです。

昨日は建物裏側に残った最後の屋根雪がずりました。私は表側通路にいたのだけど、屋根の上は見えないから、ズズッと音が聞こえた時、慌てて飛びのきました。「あれ、まだ雪が残っていたっけ?」と不思議に思いながらも条件反射ってやつだと思います。
後から、ああ、裏側だと分かりましたが、この用心深さは失っちゃいけない感覚でしょう。

これで屋根雪降ろしも通路のトラクター除雪も完璧に終了です。トラクターの燃料代がもったいないので後は人力です。放っておいても雪は解ける、昔はそうでしたが、今は春を迎えに行くという気持ちで、少しでも早く春が来て欲しい場所の雪をどかします。

雪さえなければ、すぐにクロッカスが、スノードロップが、スイセンが・・・咲くのです。
イチゲやエゾエンゴサクやカタクリたちも春を待ってます。

アメダスの積雪209cm・・・春は道路から、そして道路の脇から始まります。

通路はまだこんな状態。
P1060537.JPG

ウチは玄関から春が来ます。
P1060534.JPG

アネモネ ポルトシリーズ
P1060503.JPG

P1060530.JPG

P1060526.JPG



posted by kyouei at 08:34| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月18日

冬の同居者

春の気配を感じて眠っていたもの達が目覚め始めてきた。
今年はテントウムシが圧倒的に多い。普通の家の感覚ならカメムシも充分多い数ですが。

今日は小雪が舞っているので、ストーブを点けてても虫たちの動きは鈍い。
これが晴れて日差しさんさんとなると、窓の上のほう、一番明るくて暖かい場所に、壁の隙間から出てきたカメムシがワラワラウヨウヨする。普通に気持ち悪いレベルなので写真を撮ってアップする勇気はまだない。
でも、そんな時には窓を少しだけ開けてやる。すると勘違い野郎たちは「春だ春だー。」と飛び出して行く。外はまだ白銀の雪景色、気温も飛び出した瞬間から急激に下がりやつらは行動不能となり、大空に羽ばたくことなくポトポト落ちる・・・なんか、書いていたらカメムシに感情移入して可哀想になってきた。苦笑


テントウさんは、小さいし動きも遅いしカメムシほど臭くないし、なんといっても益虫の意識が強いのでカメムシほど目の敵(かたき)にされない。それでも居過ぎると充分鬱陶(うっとう)しいです。(今日は漢字読めない末っ子仕様)

ただ、先日来てた孫ちゃんに「このテントウムシはナミテントウといっていい虫なんだよ、なんたらかんたら・・・」と講釈(こうしゃく)たれたので、感情殺して吸い込めなくなりました。
孫ちゃんも初めはテントウムシ嫌いだったのに、ババに洗脳されて指先に乗せて「可愛いねー。」と言うようになった。まさに三つ子の魂ってやつ?春が来たら3才だしね。

彼女に教え込んだ手前、彼女の前では吸い込めない。いい人ぶって、「2階の葉っぱに乗せようね。」なんて言ったけどだんだん面倒くさくなり、「後で2階に連れて行くからその箱に入れておいてね。」と空き箱を指定した。箱は蓋(ふた)なんかしない。その場しのぎのなまぐさに2才児は気がつかない。

孫と一緒に私も自己暗示? 孫が帰っても掃除機の先はテントウムシを除(よ)ける。まあ、全部が全部ではないけれど・・・。

こんな虫たちとの付き合いがまだ2ヶ月くらい続く。その間に孫ちゃんズがまたやってくる。今度はどうやってごまかそうか。

P1060508.JPG

P1060507.JPG


この雪が解けるのはまだ2ヵ月後?
P1060501.JPG




posted by kyouei at 09:39| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月14日

安物買い

名寄のイオンには滅多に行かない。数年前にできてからまだ5回くらい。
でも先日、夫のメガネの都合で行った時にブラブラとウインドゥショッピング。お決まりのようにベビー服売り場に吸い寄せられる。はい、また衝動買いしました。だって安かったんだもの。
いろいろ買った合計額で、ワンランク上のパソコンを買えたかもしれないけど、子供服を買うのがババの楽しみなのよ。

今の時期はジャンプスーツが安い。雪遊びする時に着るやつ、スノーコンビとか、スキーウェアとも言う。
外遊び大好きな孫娘には何着あっても良いでしょう。千円ちょいの安物だから、汚れてもいい普段着として、思いっきり転げまわって遊んで欲しいよね。
春がきたら3歳になるので、今回は95サイズにしました。来年用です。セール品だから色柄は娘の好みと違うけど、いいんだ、ウチにきたらババ好みの服を着せるんだ。

来月上旬に来る東京の孫息子用のは、去年買ったのがまだ間に合うサイズのはずなので、こっちにはズボンを2本。(これもセール品)

庭がたっぷりの雪なので、雪の滑り台を製作中です。まだ階段部分しかできてないけれど、あと半月あるから楽しみながら作りましょう。
posted by kyouei at 08:37| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月13日

悩ましきXP

そうなんですよ、サポート終了なんです。私の愛機。

昨日、名寄に行きました。夫のメガネが割れてしまったので。臨時出費21,000円。痛いです。
まあ、必要経費と割り切ってます。これで「ほとんど見えない目が見える!」のですから、夫にとっては必需品なんですよね。


名寄には○○○電機があるので覗いてきました。高い機種は買えません。予算は5〜7万円、最低ランクでいいのです。
でも・・・・・低価格のは置いてないですねぇ。NECのが79,800円に斜線が引いてありました。スペック的にはこれで充分というか、テンキーなんぞ要らんのですが、店員に「これがいくらになるの?」と聞いたら、77,800円だって。何だかいかにも安くなりそうな雰囲気なのに、たいして変わらないのにガッカリしました。

う〜ん、ネットで買おうかな。

壊れてもいないのに買い換えるのがしっくりきません。そりゃ壊れる前に新しいのを買ったほうが、データの引き継ぎとかに都合いいでしょうが、メール設定とかやり直すの面倒だなぁ・・・。
posted by kyouei at 08:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月12日

春はなかなか

孫が帰る日の前日(2月26日)に屋根雪が雪崩落ち、きれいに除雪した通路が埋もれました。
屋根雪は屋根トタンに接した面が厚い氷の固まりで、でっかいのは1m四方もあり、直撃をくらったらひとたまりもありません。
これが全部一気に落ちれば、ことは簡単なんだけど、落ちたのは全体の何分の1かで、残りは一触即発状態。
こういうのが一番困る。

とりあえずバリケードを作り今年も通行止めにする。
それから夫の休日は屋根雪降ろしが続く。雪というより氷に近い圧雪をスコップで削りながら落として行く。そして最後が見えてきた頃、雪の固まりと一緒に落ちる・・・。
木製の梯子がぶっ飛び折れた。「ズン!」という地響きを聞いた私が見に行ったら、雪崩れた雪の向こうから夫がひょこひょこ出てきた。あー良かった、無事だった。


落ちる前
P1060456.JPG


降ろして+落ちて、きれいになった後、吹雪いて非情にもまた雪が積もる。落ちた場所はこの煙突の左側らしい。
P1060473.JPG

旧校舎玄関の上にまだ塊りが残っている。これが恐い。
P1060474.JPG

落ちた雪を跳ね飛ばした後にまた積もった雪とバリケード。
P1060477.JPG

P1060479.JPG

春は簡単にやってきませんねぇ。
posted by kyouei at 08:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月02日

好きな花

私の生き甲斐は植物を育てること。
孫が来ている時は 孫>植物 だけど、いない時は植物最優先・・・あ、猫も同じくらいかも?
でも、ダンナはそれ以下だな。


好きな植物分野はいろいろ、いろいろあるけれど、かなり上に位置するのがこのタイプ。
ドワーフ サキシフラガ と呼びます。「高山性のサキシフラガ」とも言うみたい。

P1060448.JPG

P1060451.JPG

庭の広さと図体に似合わず、ちっちゃいものが好きなんだな。



posted by kyouei at 23:01| Comment(3) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月01日

観劇

娘が中高生の頃、何度か(何度も?)近隣の市町へ演劇を見に連れて行きました。
一番多いのは朝日町(現:士別市)のサンライズホール、ここは私好みの上演が多く、家から車で1時間の距離を、北海道では「近い」と言う。

とかく情報収集が遅れがちな地域なので、気付いたら(行きたかったのに)終わってたということが多いけれど、ここの友の会のメール会員になってからは、事前に案内が来るので助かる。
とはいえ、今回の上演日は孫たちが帰った翌日だったので、疲れちゃってるかな?と諦めていた。

すっかり忘れていたら、娘から電話が来て「行く?」と思いもかけないお誘いに即決で「行く!」いや〜、やっぱりいいね。面白かった。演劇って、なんか、人として忘れてはいけない大事なことを気付かさせてくれるのよ。

外は今日も雪が舞っています。目の前に立ちふさがる雪の壁も、月日と共にやがて融けて消えていきます。
3月は暦の上では春、気分的にも春、どんなにどんなに雪が積もってても春なんだ。
posted by kyouei at 08:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。