2013年01月29日

ひたすら種を蒔く

今日もまた2階の部屋に猫が入っていた。おかしいなぁ。

今日は60種類くらいの種を蒔いた。1ポットに1種類ずつ、置き場の都合でほとんどがポット蒔き。
この種蒔きポットをひっくり返されてしまうのが一番恐い。種1袋(数粒)300円なんてのもあるし、二度と入手不可能かも?なんてのもあるからね。

写真は西側の窓、これからどんどんポットが増え続けるので今は控えめ。

P1030552.JPG

晴れた日と2階で作業する日は灯油のポータブル・ストーブを焚く。
無暖房のままだとしばれた窓がいつまでも曇りガラス状で、せっかくの日差しが苗に届かないからだ。
ああ、お日様がいっぱい欲しいなぁ。


posted by kyouei at 19:46| Comment(3) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月27日

不法侵入

2階には4つの部屋があります。
北側2つは個室で南側は二間続きです。
どちらも猫侵入禁止です。布団があるとシッコ垂れるお馬鹿猫がいるもんで・・・。
おまけに息子は自称猫アレルギーです。1年に一度か二度くらいしか帰って来ないけど、その時に息子が使う部屋は猫厳禁です。

南側の部屋は私の園芸部屋で、冬の遊び場です。猫じゃなくて私のね。
ここにずらっと・ぎっしり・たっぷり置いてある鉢植えや種蒔きポットなどは、雪が解けたら全部外へ出します。ここが空になった夏の間は、猫も出入り自由ですが、今の時期は絶対誰も(どの猫も)入って欲しくありません。

が、ついうっかりがあるんですねー。

先日、クロちゃんが中からニャー・・・「えっ?いつ入ったの?」
幸いすぐに追い出せましたが、いくつもポットがひっくり返ってました。泣
カビ防止のため、エゾ砂(火山礫)主体のサラサラ用土なので、倒されたら中身が全部出ちゃうんです。

ここは物置や洗濯物干し場も兼ねてますから、一日に何度も出入りするうちに、閉めたはずなのに・・・となるようです。


玄関で「ピンポーン・宅急便です〜。」と聞こえ、慌てて階段を降りた時も危ないです。

なんと今日は5匹も入り込んでました。
クロチャンの時は他の猫はみんな茶の間にいたけれど、今日は2階の通路や階段に隙あれば自分も入ろうとする猫が待機しています。それに5匹もいっぺんに相手できないし、変に刺激して暴れ回られたら困る・・・。

仕方ない、こんな時はおびき寄せ作戦です。入り口の戸を10cmほど開けたままにし、階下で缶詰をガンガン叩きます。缶詰は特別な時しかやってませんから、エサの威力は絶大です。ダダダダーっと猫たちが駆け下りてきます。
缶詰を下に置き、猫たちと入れ違いにさっと私は階段を上がり戸を閉めます。

下では猫がウヨウヨお待ちかね。期待を裏切っちゃ可哀想なんでやりました。ダーイスキな缶詰のはずなのに、灰色君だけはフン!って見向きもしないことがあります。一緒に寄ってくるのにね。


今日の被害はほとんど無し。良かったぁ〜。


台所のボールに自分から入り込んだ猫
P1030543.JPG

洗濯物を落とす猫
P1030548.JPG

静かで平和な時間
P1030550.JPG

posted by kyouei at 17:50| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月23日

支援物資

末っ子の嫁ぎ先から箱入りでいろんなものが届きます。
わざわざ購入したものもあるようですが、頂きすぎて消費しきれない?ものなどもあります。
時期にはかの地の名産品を送ってるので、各地からお返しが届いたりもするようです。

昨日もまたダンボール箱が1つ届きました。
今の時期は何だろう? ・・・って荷札に書いてありました。「ほーれーんーそー!」って。

そういや前にも一度来たことあるよ。
近所のたくさん作っている人から貰うんだそうな。いいなぁ十勝は冬でも野菜が出来て。
とはいえ、頑丈なハウスと真冬でも作業する気力や技術がなければ出来ませんよね。
見ず知らずの人ですが感謝です。

箱を開けてびっくり。
ぎっしり詰まってますよ。こういうくれ方は北海道人だなぁって思います。

P1030541.JPG

大きなボールと中くらいのボール2つとザルと鍋を出しました。
足らないので米が入ってたケースも空けました。
根を切り雑草を抜き、枯れたり傷んだ葉を取り除き・・・が、やってもやっても減りません。
でも、こういうコトは好きです。

若い頃は野菜をずいぶん無駄にした。
忙しかった当時、貰いすぎても活かせない罪悪感。それをずっと引きずってます。
貰った量がハンパないってのもあるけれど・・・。(大根何十本もとか、漬物出来ないのに)


今は仕事をしてないので人付き合いも減り、そんなに貰うことは滅多になくなりましたが、
買ったものを含め、食材を無駄に余すことなく使い切るのは難しいです。

ほーれん草との格闘は3時間かかりました。
1週間以内用にと下ごしらえし洗っただけのもの、2、3日以内用にと茹でたもの、
冬の間じゅう使うため軽く茹でてから切り、折って使いやすいように薄く冷凍したジップロック袋5つができました。


おまけのニャンズ。
まだ時々おっぱい飲んでますー。しかも、たまにでっかいやつが混ざります。

P1030542.JPG
posted by kyouei at 09:48| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月22日

猫の散歩

孫たちが帰って茶の間に静寂が戻ってきました。
猫もストーブの前でゆっくりくつろいでいます。
13匹ともなれば、ここにも猫、そこにも猫、あっちにも猫、こっちにも猫、
寒い朝なんか何匹もが重なって、まさに猫だらけです。
そして彼らをなでなでして、可愛い〜を連発しています。
いっぱいの猫に囲まれるだけで得られる幸せは、安いもんでしょう?

最近ちょっとだけ良い天気が続いています。
そんな時は玄関を開けて、「外に行くヒトー。」と声をかけます。
ええ、ヒトではありませんけどね。
今日は9匹がいっせいに外に飛び出しました。
すぐに戻って来るんですけどぉ〜。

P1030537.JPG


4匹の仔猫の中に尻尾がとても短いのが1匹います。
うちによく来るMちゃんが「ダンゴしっぽ」と呼びました。
珍しいと思って彼らの祖父母猫をくれた末っ子に言ったら、
「ウチの猫はこんなのばっかだよ。」と返されました。

このダンゴ君(メスですが)、抱っこしても逃げないのに長女が気付きました。
仔猫4匹は警戒心が薄いのか、初めて会った長女にも簡単に捕まります。
他の大人猫は古くからいる3匹を除いては、来客があるとささっと姿を隠してしまい、
私らにさえ捕まえられない猫もいます。(←はいいろ君)

他の仔猫たちは、抱っこしたらしばらくはじっとしてますが、すぐに嫌々をして逃げだします。
でも、ダンゴ君は、ふぅーっとため息をついて、じっとしてます。
このコ、身体能力が低いのかと思ったけど、長女に言われるまで気付かなかったし、
じゃらして遊んだら、かなり高くジャンプするので、ただ単におっとりした性格のようです。

P1030540.JPG

猫の性格もさまざまですね。
外が好きな猫、そうじゃない猫。
さっき出した猫を2度にわたって入れました。
入れる時に開けたドアから新たに外へ飛び出していく猫もいて、一度出したら何度か開け閉めが続きます。
posted by kyouei at 11:40| Comment(3) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月16日

まさか

孫Yが帰る日は祭日でした。
夫の職場は土日祭日が忙しいので休みを取らず、空港までは私が送っていきました。
慣れない車での冬道運転はあまりしたくないのですが、出来ないわけではありません。
「えっと、パーキングにしてブレーキを踏んで・・・。」いつもはマニュアル車なんですよ。スタートは唱えてから、ブレーキは右足?左足?のレベルですから。

まあ、それでも練習を兼ねて?スキー場に2回行ったし名寄にも行ったし、通行量が多い40号は避けて、路面状況がとても悪い空港への道はゆっくりゆっくり行くしかありません。
空は薄日が差して風もなくお天気的にはまあまあで、飛行に問題はないでしょう。

ところが、空港に着いて見たカウンター上の電光掲示板には「未定」の赤文字が。これってどういうこと?

娘が詳しく聞きました。羽田が雪で「1時間から3時間の遅れ」だそうです。空港に着いたのは出発予定の1時間以上前で、旭川空港からの便は羽田からやってきたのが折り返します。それがまだ羽田から飛び立ってなくて、旭川には1機の飛行機もない状況でした。

うーん、誰もが今日のフライトは問題ないと何の疑いも持たずにいたでしょう。

私ら(末っ子も一緒)も仕方なく高いランチを食べ、出発時間が決まるのをのんびり待ちました。

でも、だんだん、放送が入るたびに状況が良くない方向へと少しずつ変わっていきました。
初めにJALの欠航が決まりました。この時は羽田が混んでいたのでJALは間引かれたと判断しました。
こちらはエアドゥとはいえ、ANAとの共同便だから大丈夫と思ってました。この時は羽田は混雑しているけれど、まだ機能していると思いましたから。

JALのカウンターには、欠航による振り替え・払い戻し手続きの人達が長い列を作りました。
それを2階の出発ロビーから見下ろしていたのですが、次第にこちらも、もしかして?となりました。
幸いそれに気付いた人はまだ僅かです。娘が万一に備えエアドゥのカウンターに並びました。

やがて流れた案内は、運航について「協議中」となり、さらに待たされて「協議の結果欠航」となり、すぐさま「振り替え手続き」になって、あっという間に長い列が出来ました。しかし手続きはなかなか開始されずにまた待たされ、翌日朝と昼の便はなくて、どうにか夜の便が取れました。


2時間以上かけて自宅から空港へ、そこで約4時間、さらにまた2時間以上かけて自宅に戻り、完全に一日を東京の雪に振り回されました。

まあ、こんなこともあるんですね。仕方ないです。翌日(昨日)は夫が休みだから、夫に運転してもらえるのでまだ気が楽でした。末っ子のダンナさんはこの日に迎えに来て孫Mは先に帰りました。

そして今日も休みだったので、予定を1日延長したレンタカーを返してきました。
事故もなく無事戻せてほっとしました。

最後にとんだハプニングがあったけど、それも含めて楽しかった孫たちの帰省でした。
貧乏だから大きなオモチャは買えなくて、
小さなのを指差して「この中ので良ければ買ってあげる。」というババ。
「えー、大きいのがいいな。」 孫
「それは無理だわ。」 ババ
「じゃあ、これで我慢する。」という、口達者?な孫。
けど、
「そんな言い方なら買うのやめる。」とババ。
「えー、あー、・・・これ買ってください!」と言い直す孫。

小さな幸せしかあげられないけど、幸せは相対的なものだよね。
ジジにいっぱい怒られたけど、きっと「ホッカイドウ」は、楽しい思い出になったよね。

P1030491.JPG
posted by kyouei at 14:57| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月10日

レンタカー

今日は旭川空港まで長女と孫を迎えに行きました。
わが家の車は軽トラック1台だけなので、士別でレンタカーを借りました。
レンタカーは5日間、一番安い車種だけど正規料金なのでちょっといい金額になりました。
ジュニアシートと家で留守番してた末っ子の子供用にチャイルドシートも借りました。

冬なので遠出の計画はないけど、ちょっとお買い物に行くにも車が必要です。
田舎に住んでたら買い物も充分なレジャーなんです。孫の服を買うのが楽しいし。
普段は夫婦二人だけだから、軽トラで充分、いざとなったらレンタカーと決めてからの初レンタルで、痛い出費も娘たちと楽しむための必要経費と割り切りました。

さて、明日は天気が良くなったら、また「たまごやま」に行こうかな?
天気予報は10日間ずっと、みごとに雪だるまが並んでいるけれど、最近は時々薄日も差しています。
posted by kyouei at 22:16| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月08日

たまごやま

間もなく東京の孫(4才)がやってきます。
それに合わせて十勝の孫(1才)が先にやってきてます。
もちろんどちらも、娘である母親も一緒です。

今日は末娘が「連れて行けー。」とうるさかったので、地元のスキー場に行ってきました。
去年の今頃も1才を過ぎた去年の夏でも、片時もママから離れることなく、ちょっとでも姿が見えないと大泣きしていた孫ちんも、やっと少しお利口さんになったようです。

ママはボードデビューをしたばかりとかで、中学生までお世話になったスキー場は10年ぶりくらいです。
私も子どもが小さい時以来だからずいぶん久し振り。


泣きべそ孫ちんは、リフトに乗っていくママを見送れるようになりました。
でも、3回が限度かな〜? 待っている間、ばばとお子様専用の「たまごやま」でそり遊びをやりました。


「ママ〜、私も行きたいよ〜。」(とは喋れません)
P1030465.JPG


最後にママとそりすべり
P1030474.JPG
posted by kyouei at 16:22| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月04日

伊達巻

はんぺんと卵を使って伊達巻を作り、元旦の朝(昼)に出した。
レシピはクックパッドをいくつか斜め読みし、オーブンは面倒だからフライパンで焼いた。
見た目はなかなか良いと思ったよ。我ながら上出来じゃないですか。(写真がないから何とでも言える。)

けど・・・、夫が一口食べて首をかしげる。
『むっ、何か文句あるぅ?』という顔で睨んでいたでしょうね、私。

伊達巻と思わなければ、充分美味しいと思うな。
でも、伊達巻としたら甘さが全然足りない。
けど、夫は、もっとしょう油を入れたらいいんじゃないか?と言う。
この時点で夫は、伊達巻が好物でもないと気付くべきだったかもしれない。


今日、納得いかない私はもう一度作った。そう思って、はんぺん2つ買ってたもん。
私が再現したいのは、市販品のあの甘ったるい伊達巻。
なので砂糖と蜂蜜増量、ついでにしょう油も多めに投入。
出来上がったものは・・・色が悪かった。(誰だしょう油を入れろと言った奴は。)
味?味は、まぁま・・・ぁ?

やっぱりちっとも甘くない。
市販品ってどんだけ砂糖入れてるの?

原材料の表記が魚肉の前、鶏卵・砂糖・魚肉・・・ という順になっている。
つまり魚肉より砂糖の方が多いんだね。そりゃあ大量だわ。
そんなの作りたくないわ。
posted by kyouei at 03:08| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月02日

水難

やろうと思っててもなかなか出来ないけれど、一度やらないと決めたら逆にやりたくなる、そんなことはありませんか?

という訳で(どんな訳?)、年末から掃除やプチ・リフォームをやり続けています。今日はペンキを塗りました。私って、盆も正月も関係ないんだな〜、やりたい時がやる時なんだな・・・。


ドライバー持ったりノコギリ挽いたり、メインは古くて汚くて臭くて使いづらい台所をちょっとでもマシにしようとしています。が、予算も腕も無い私のやることなので、かかる日数の割には劇的変化はなく、来週来る末っ子に「どこが変わったの?」と言われてしまいそうな気もします。

まあ、いいの。私が使いやすい台所にするんだもんね。
今日もチマチマと作業をしていたら、あれ?ジュータンが濡れている。何でだろう? 水はこぼしてないよね、誰かおしっこした? 夫はずっと外で雪降ろししてるから、夫がくっつけてきた雪がこぼれて融けたのでもないし・・・不思議だな。


茶の間のドアを開けたら、玄関もびしょびしょになってたよ。それを見て思いついて部屋を見回したら・・・いたよ。


ずぶ濡れの仔猫。

タオルで包んでしっかり水気をふき取って、ストーブの前に置きました。


久し振りの拭き掃除に使おうと、いつもならすぐ抜くお風呂の水を残したままだった。慌てて栓を抜きに行ったけど、半開きのドアを開け、浴槽の中を見るのがちょい恐かったわ。


子どもが小さかった頃は、風呂の水には充分気をつけてたけど、今ではすっかり忘れてた。
でも、落ちたであろう瞬間を想像したら、よく這い上がれたなぁと思う。
出てきてくれてありがとうだよね。
posted by kyouei at 23:39| Comment(4) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。