2012年06月29日

ビワ

枇杷が届きました。ちょうど野菜室を整理した直後だったので箱ごと入れました。
これは誰にもやらんで全部私が食べるんだ。食い意地が張った私がお出ましになりました。

夫は果物を食べません。柿と蜜柑以外は。なので、2人きりの生活になってから果物は滅多に買いません。
私は果物大好きです。でも、自分のためだけに買うって、なんか贅沢をしてる気になるのです。贅沢は1つ(=植物)で充分、ほかの事は我慢をするのが私のモットーです。


枇杷には思い出があります。
まだ私が小さかった頃、今は亡き父が出先で貰ってきたお土産がとても嬉しかったものです。
ちょっと離れた地域に大きな枇杷の木が何本もありました。ビニール袋いっぱいに入った枇杷は飢えた子どもにはとても魅力的でした。

自分の家にも枇杷の木が欲しいと蒔いた種が芽を出したのに、枇杷の木は縁起が悪いと抜かれたのは悲しかった思い出です。

結婚をして夫の父親と同居してましたが、向かいのおばさんが京都時代の唯一の友達でした。
おばさんの孫とウチの長女が同じ年で、ウチの娘も可愛がってくれました。おばさんと友達って、私が一方的に思ってただけですが、素敵な方でした。

そのおばさんの家にも枇杷の木があり、実を採らせて貰ったこともあります。

枇杷は買うものでなく、木のあるお家から頂くもの、そんなイメージが強い果物です。

送られて来た枇杷は箱に何十個も入ってます。普通、一人で食べる量をはるかに超えてます。
仕方ないから、娘が来たら少し分けてやろうと思ってます。でも、来なかったら、食べきれない分は冷凍します。そして思い出に浸りながら食べるのです。枇杷は私にとって限りなく高級品なのです。




posted by kyouei at 23:14| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6月の遠出2

夫にお願いして、ちょっと遠くへ連れて行ってもらいました。
花友さん・・・ううん、種蒔き仲間、かなり重症の。笑
行き先はもちろんナーセリー。
年に1〜2度でも通い続けたい、そんな場所が増えています。
近ければ毎月でも行きたいところです。

息子の車に友達を乗せるのは、最初で最後かな。
来月半ばに返しに行きます。普通乗用、あればやはり便利よね。


ナーセリーの面白いとこは地植えのコーナーで、私があっという間にダメにしてしまった植物が、
とんでもない大株になって育ってます。その違いは・・・年季かなぁ。
私なんか、ほんとに駆け出しのひよっこだもんね。

そういう難しいのは、もっと経験を積んでから再チャレンジするとして、ナーセリーには行くたびに新しい植物との出会いがあります。
今回購入したのは、どれもとってもちっちゃい植物。ちっちゃい葉っぱにちっちゃい花、ますます娘に「どこに花があるの?」と言われそう。

多年草花壇に色が増えてきました。
けど、オープンガーデンにする気はありません。
足元の小さな小さな花を踏まない人なら、歓迎しますけど。
posted by kyouei at 06:54| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月23日

シベリア

行ったことがないけど、シベリアと名の付く植物ならここでも育つ気がする。
「何とか・シビリカ」というのも「シベリアの何とか」という意味なので、いつも耐寒性に悩む私は、「シビリカ」大好きなのである。

今日、ひとつの謎が解けた。
1年位前にここに書いたと思うけど、出先で見聞きした「ヒマラヤ桜」というのは「シベリア桜」だったようだ。
たまたまあるニュースを読んで、そこに書かれていた「シベリア桜」に、もしや?と検索したらあの日見た八重の桜がでてきた。
道東では庭によく植えられているとのこと、間違いないでしょう。
私が勝手に、シベリアとヒマラヤを脳内変換してしまったのかもしれない。

ちなみにシベリアザクラは、正式名をオヒョウモモというらしいです。
ついでにシベリアには自生してなくて中国北部原産らしいです。
シベリア=とても寒い というイメージから来たのかな?

それに比べヒマラヤは寒帯のイメージが強いけど、実は亜熱帯の地域もあって、ヒマラヤと名が付く植物だからと安心してたら寒さにやられてダメになったりします。

北海道は亜寒帯(最近では冷帯と呼ぶ?)と言われるけど、北部は寒帯らしいです。
内陸部のここは夏はそこそこ暑いんですけどね。
posted by kyouei at 22:07| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月21日

また変なおっさん

今日も1台の車が止まった。庭にいると車が来るのがよく分かる。
不定期に配布物を持ってくる人とは違うみたい。誰だろう?

そのおっさんは建物を興味深げにジロジロと眺めていたが、どんどん奥へ入ってくる。
「そっちへ行かないで」と言っても「へー」とか「ふーん」とか、言いながら、「どこから入るの?」と聞いて、庭にまで入ってこようとしたから、「入っちゃダメ!」と声を荒げた。

ここは元学校だけど今は私たちの家、プライベートゾーンなのにそういう意識はないんだろうな。

家の中にいた夫が出てきて、ていよくあしらったけど、まったくもう、な人。
せめて「こんにちわ」とか挨拶すれば、こちらの対応も変わるのに。

posted by kyouei at 19:52| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月19日

忠告

田舎の家は、時々分からん人が来る。
今日も手描きの地図を手にしたおっさんが、「ここはどこ?」という感じでやってきた。
その地図には、ゲートの印の横に番号が書かれてた。
おっさんはすぐその番号を手で隠したけど、この番号、洩れまくってていいの?

蕗取りに来たんだって。旭川では2本で198円するんだって。
だけど、一人でそんな奥まで行かないほうがいいよ。
熊出るよ。
蕗なんかそこらじゅうにあるでしょう。

さて、おっさんはどうしたか?・・・は、知らないけど、脅しじゃないよ。ほんとのことだよ。


posted by kyouei at 20:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6月の遠出

昨日も行ってきました。ここ数年恒例の占冠某ナーセリーツアー。

でも、出発直後にトラブル発生。ウチの車、もうダメなんかなぁ。
ちょうど公衆電話があった場所なので、夫に連絡・・・するにもひと騒動ありまして。

出先でメモなし、職場にtelするにも電話番号が分からない。
それはまあ、備え付けの電話帳ですぐ見つかったけど、10円玉が1枚しかなくて、やむなく100円玉投入・・・するも留守番電話。orz

そこは郵便局の前だったので両替をお願いし、電話の「3」がしっかりプッシュしないと認識されないのも何度かやって分かり、隣の関連職場に電話して夫にことの次第を伝えて貰い、夫から郵便局に電話して貰ってやっと状況を伝え・・・

郵便局の人が「外は暑いから中で待ったら?」と缶のお茶を差し入れてくれた。
夫を待つ間、お礼のつもりで切手1000円分を買い・・・、
車は何とか動いたものの、この先電話もない場所で止まってしまうかも?の不安があったので、夫の車に付いてUターン。

その間、待ち合わせを約束した友人の携帯に何度も電話して、こういう時は携帯が便利なんだけど、あるからと頼り切れば、きっと電波が届かない場所でトラブルに遭うんだろう。

友人は遠くから、わざわざわが家まで迎えに来てくれて、3時間遅れの出発、その後12時間の超ロングドライブ、ハードだった(友人が)けど、目的地までのおしゃべりも含めて楽しかったぁ。


もちろん、ナーセリーでは前から欲しかった意外なものを発見したり、見本園に咲くのと同じ花を買ったり、巨大なロックガーデンを垂涎の眼差しで眺めたり、あれもこれもでいつしか苗が増え、見れば見るほど欲しいものにはキリがないけど、お財布の中身はキリがあるので、残りは次回のお楽しみとした。

行く季節が変われば並ぶ花も変わる。咲いてれば目に付くし、珍しければ欲しくなる。ここのものなら、冬越しの心配がないので、安心して買える。私が好きな洋種高山系、お宝がぎっしり詰まったナーセリーでもあるのです。


posted by kyouei at 08:53| Comment(2) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月14日

共同作業2

富士桜の苗を頂きました。別名マメ桜というそうなので、勝手にちっこい桜を想像してました。
着いてびっくり、私の背よりも大きいじゃありませんか。
ええ、大きいことはいいことです。メリハリのないわが庭、きっといいシンボルツリーになってくれるでしょう。

草原に大きな穴を、夫に掘って貰いました。大きな大きな、きっと私じゃ掘れないだろう、掘れても一日がかりになりそうだ・・・ありがたいことです。夫、今日休みで良かった。

長いホースを引っ張って、それでも届かない位置だったので一輪車に水をためてやりました。たっぷりと〜。うまく根付いてくれますように。

挿し木もできると聞いたので、さっそく挿し穂を何本かとりました。

お礼にあげたのは、チシマ桜の実生小苗、発芽1年目のちびちびちゃん。良かったのかな?こんなんで。


posted by kyouei at 21:21| Comment(5) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月11日

新鮮野菜

AB農園から新鮮野菜が届きました。
道内からだと1日で届いちゃうので、ぽいぽいって箱に詰めてもOKなのがいいよね。
商売だったら、1つずつ汚れを落とし、丁寧に新聞紙か何かで包み、個包装までして、結局その手間が価格に反映するのでしょう。

それにしても農家のおばあちゃんって、なんであんなに野菜を作るのでしょう。種なんか1袋全部蒔いちゃうんでしょうね。土地はあるし肥料も自前だし、たぶん時間もたっぷりあるんだろうし。
私が花を育てるのが生き甲斐なように、おばあちゃんは野菜を育てるのが楽しいのでしょう。
おかげで、そのおこぼれを頂けるわけです。感謝!

箱には私が逆立ちしたって出来っこない立派なブロッコリー1個とカリフラワー2個、それにこれが水菜?ってびっくりな巨大水菜4束・・・もしかしてこれでも4つに分けたのかも? やはり売っているのとは大違いの栄養価満点っぽいほうれん草がびっしり入ってました。
スーパーで売っている水増しお上品野菜とは似ても似つかぬ姿ですが、だからこそ雑な扱いにも耐えるのですね。

水菜半分は煮浸しにし、残り半分は塩漬けにしました。ほうれん草とは今日格闘しますが、半分くらいは冷凍にする予定です。

あ、おばあちゃんに伝えて欲しいな。ウチはナスが好物なんだよ〜って。
posted by kyouei at 06:51| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月09日

敗北宣言

6月上旬にやっと雪が消えて、カメムシも生き残ったのはみんな出て行き、今は冬を越せなかったやつの後始末。
今年も雪にもカメムシにも負けたね〜。
で、さらに・・・。

昨日(あれ?一昨日?やばい、記憶が・・・。)、夫が久しぶりに屋根のペンキ塗りの続きを始めたところ、
執拗にカラスが威嚇攻撃をしかけてきた。
夫の頭上をかすめて飛んだり、すぐ近くのアンテナ(不使用だけど外せない)に止まって鳴いたり、近くの松の木でマツボックリをちぎって落としたり、明らかに怒ってる。

カラスは石なんか投げたら復讐に来るので、逆らわないようにしてる。去年は青ケシのポットをいくつもひっくり返された。私は何にもしてなかったのに。

こんなにカラスが騒ぐということは・・・近くに巣があるんだろう。
建物のすぐ近くに生えている松の木をよーく観察したら・・・あった!
屋根の上の夫と直線距離で3〜4mというとこ、かなり近い。
屋根の上では夫は無防備、足元もおぼつかない状態だから、早々と敗北宣言を出すことにした。

つまり、カラスの子育てが終わるまで、ペンキ塗りは延期。
さわらぬ神に、いや、カラスにたたり無し?
posted by kyouei at 08:39| Comment(2) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月08日

さっぽろぉ〜。

息子の車がある内に札幌方面へ行きたいなぁと思ってる。
ETCカード、使ってもいいって言ってたし、2週間に一度は乗ってくれとも言ってたし。
でも、たまに私が軽トラを使う時、夫にその車に乗って仕事に行ってもらうのだけど、
「息子の車は運転しにくい」とあまりいい顔をしない。

へぇ〜、カッコイイ車だから喜んで乗るかと思ったらそうでもないんだ。

なもんで、札幌行きはまだ、私の心の中だけでの計画だった。
ちなみに私は恐れ多くて、その車のハンドルも触りたくない。笑


留守の間にオイル交換をして置いてと頼まれ、代金を預かった夫、今日、いつも世話になっている町内の車屋さんに行った。
電話で来訪を告げる時「息子の車って言わなくても大丈夫?」と言ったのに、「大丈夫だろ。」と出かけていった。
まあ、用事はそれだけじゃないからいいのだけど・・・。

2時間ほどして帰ってきた夫、「特殊な車だから、○○にはオイルがないんだって。」
「じゃあ、旭川(のディーラー)?」(ああ、旭川も行きたかったちょうどいい。)

「いや、旭川にもない、札幌か帯広じゃなきゃダメだってさ。」
うひょー、札幌だ札幌。札幌へ行こう!しかも行くのは息子の車じゃなきゃならないから、願ったり叶ったり。私の想い、神様に通じたかしらん?
夫がオイル交換してる間、私はお目当てのナーセリーに行くんだ♪


帰ってから夫は車を洗い出した。車を預かった時からずっと気になっていたけど、やっと今日。
「こんな風に車を洗うなんて何十年ぶりだぁ。」などと言ってたら、雨が降ってきた。
あは、よくあるパターンだね。
posted by kyouei at 17:05| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月06日

「日本で一番遅い桜」で検索すると、北海道内の各地が出てくるけど、山岳地帯はさておき、平地ならウチが一番・・・じゃないかしら。
今年はもう咲かないんだな〜って思ってました。なんせ、除雪で飛ばされた雪で枝は折れ曲がり、さらにその先でも折れ曲がり、可哀想な仕打ちに遭ってるんだもの。

それでも咲いてくれました。気をつけてないと見過ごしてしまうほど少し。

P1010617.JPG


P1010619.JPG



おまけに先日届いたベンチ

P1010594.JPG


ゆっくり座って花見・・・をしてる暇はありません。
posted by kyouei at 15:06| Comment(4) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月03日

共同作業

カタログギフトを貰ったので、パークベンチというのを注文しました。
今日、それが届いて、夕方夫と一緒に組み立てました。
両脇の金属部分がとても重たい。冬、これをしまう時も一緒に持たないと動かせない重さ。

どこに置こうか? 庭を見下ろせる通路の端に置きました。

わが家には不似合いのおしゃれなベンチだけど、見慣れたら違和感なくなるかな?
posted by kyouei at 22:30| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月01日

やっと春

庭の雪が全部解けました。ウチの桜は今年は咲かない・・・か、気付かない内に終わったようです。
庭ではチューリップや水仙やプリムラが咲いてます。
ウチの裏にはまだ雪が少し残ってます。

長々と同居したカメムシもだいぶ外へ出て行きました。もう上を見ながらご飯を作ったり、カメムシを気にしながら食事をしなくても済むようになりました。

もう・・・6月なんですよね。世間では「夏」ですよね。

今月は苗の植え込み月間です。毎日10以上のポットを空にしてます。多いときは20〜30くらいかな?もっとかも?
2階はアサガオやアスターなどの耐寒性がない苗くらいになりました。今年は遅霜の恐れはないのかなぁ? 今月半ばには2階を空にする予定です。

いくら苗を投入しても、まだ草だけの場所があります。草だらけは仕方ないとしても、草よりも花を多く、徐々にその比率をあげてゆきたいものです。


5月に2度目の遠出をしました。
滝上の陽殖園へ連れてってもらいました。
そこは山全体が庭、ぐるっと一周したら何キロにもなります。山の小道の脇にはさまざまな花が咲き、山の上に池まで作っちゃう、その池には金魚やメダカが泳ぎ(越冬するそうです)、池の中の島にまでお花が植えられてます。

それら全部、園主さん1人で何十年もかかって作り続けている壮大な庭です。
目指す方向は若干違うけど、こういうこともアリ?という、面白さがありました。


私の庭はどんな風に進化?するのか、家の周りを見渡せば、そこらじゅうに花を植える場所がある。
そのどこに何を植えるか、どこに植えたら気分良く育ち増えてくれるか、栽培方法なんて検索しても出てこないものもあるし、そもそも自然環境が大きく違うので、良かれと思う場所に植えて観察するしかない。

それが楽しいんだよ〜。
意外な発見を見つけたら、ほんと面白い。

posted by kyouei at 21:36| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。