2012年05月28日

廃屋

ウチの隣の家、私らがここに来た時から廃屋だったけど、あまりにいかにもな姿を晒してたので、
早く壊れないかな?せめてぺちゃんこになれば草が茂って見栄えがマシになるのにと、
雪の重みでつぶれることを毎年願ってた。
けれど意外としぶといというか、初めの姿を□とすれば、△になったけどまだ充分目立つ。

先日役場の者らしき人物が2人で見に来てたので、あ、いよいよ撤去されるんだなと思ってたら、
今朝、業者から場所の確認の電話が来た。

この町では景観保持のため、廃屋撤去に助成金が付く。持ち主負担がどれほどかは忘れたけど、
放置され続けたら、強風の日は廃材やトタンが飛んで恐いと思ってたからありがたい。

家の周りにあるガラクタも一緒に片付けてくれて、きれいな更地になるのかな?
そしたらほどなくエゾエンゴサク畑の出現となるでしょう。
いちいち埋めなくたって、アリが種を、ネズミが芋を運んでくれるから。




posted by kyouei at 08:18| Comment(3) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月27日

寒いよ〜。

雨が上がってさあ今日も庭で遊ぶぞーと外に出たら・・・寒いでやんの。
日中は何とか頑張ったけど、3時を回ったらもう限界。
今日は薄日だし冷たい風が吹いてるし最高気温は10℃いかないし・・・。

次々とってほどじゃないけど、ぼちぼち花が咲いてます。
種蒔きから苦節何年(笑)、やっと初花っていうのもちらほら。
それに真冬に雪の中に仕込んだ種蒔きポットに、ちっちゃい芽を次々発見。
一昨年に蒔いたササユリの小さな芽も発見。いいねー、楽しいぞ。

何だろ?きれいな花を買って植えつけてというより、種からの花は数倍嬉しいね。
まだまだ咲かない発芽苗を見て、一人にやけていたりするのです。

もちろん、それだけじゃ追いつかないから、苗もバンバン?買うよ。
といってもそれぞれに自分が決めたボーダーラインがあって、それ以上高いと買わないし、
今買わないと次はいつ会えるか分からないのは、少々高くても買う。少々・・・ね。

庭を作りあげていく、その過程も楽しんでます。
元は畑だった場所が花壇になり、草だらけだった斜面がロックガーデンに変わりつつあります。
冬が終わって消えちゃったものもあるけど、それはまたやり直せばいい。
落ち込んでいる暇なんてないのです。
この頃、時間の経つのがすごく早い。5月6月は、1年で1番忙しく楽しい時期。
posted by kyouei at 16:56| Comment(0) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月23日

遠出

今年の私のひそかな目標は、月1平均で遠出をすること。

私の遠出とは、南は旭川・深川より向こう、東は士別より向こう、
北は名寄・美深より向こうへ行くこと。
えっ?西は?って。西は霧立峠が通行止めなんで行けないよー。
とある情報によれば復旧は2ヵ月後とな。

でもって、冬の6ヶ月間(=雪がある時期)はほどんど行けないから、
5月から10月までに月2回平均を目標にしてる。
(が、夫には内緒。半分は自分で運転するつもり。)


さて、今日は記念すべき第1回目、行ってきましたよ〜。
コースは石北峠を越えて、北見から津別、オンネトー、で、娘の嫁ぎ先にちょこっと寄って、
三国峠を越えて帰ってきました。ぐるっと一周日帰りコース、何百キロ走ったかな?

ま、運転はずっと夫がしてくれて、疲れたなんて言える身じゃないのだけど、
やっぱり車内が狭い軽トラは疲れますだ。
思いっきりトラブルなんてのもあったしねぇ。
これ↑については、そのうち書くかもしれないし、書かないかもしれない?

嫌なことはさっさと忘れて、いいように捉えなきゃ。
○○したのが○○で、○○じゃなくて良かったよね・・・というふうに。
なんていうかさ、起こりうるもっと悪いケースを想像して、
それに比べれば大したことなかったと自己暗示をかけるのです。

無くしたものもあるけれど、いいこといっぱいあったロングドライブです。
posted by kyouei at 00:06| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月21日

毎日植えつけ

庭の雪がだいぶ解けて、待ちに待ったガーデニングシーズン再来。
半年間は地面をまったくいじれなかったので、苗を植える前にまず草を取る。
良かれと思う場所に、良かれと思う苗をひたすら植え続ける。
もう、ご飯を食べる時間も惜しいし、実際昼抜きでやってたりする。
家事もますます手抜き、こんな状態が2ヶ月ほど続く。

花は次々咲き、植えた苗が咲いた状態も想像し、1年で一番楽しい時期です。
小鳥の鳴き声が絶えず聞かれる草原で一日中土にまみれてます。

向かいの山にやっと桜が咲きました。
わが家の桜はまだです。
視界に入る雪の面積が日々減少してます。
新緑も始まりました。

日本で一番とは言わないけど、たぶんここを読んでくださる方の中で一番遅い春の始まりです。


posted by kyouei at 05:39| Comment(3) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月17日

BSのアンテナ

というのでしょうか?屋外設置タイプ。
それが南側の車庫の後ろに立ってます。
高さ3mくらいの頑丈な自立型。

そのコードがわが家に向かって頭上で延びていて、この冬、夫が除雪トラクターで引っ掛けて切りました。
ウチにはテレビなんてないし、BSも関係ない。常々コードが邪魔、アンテナも邪魔と思い、夫に撤去できないかね?と話してました。

切れたコードが途中の電柱に引っかかり、だらんと垂れてます。一部が雪の中に埋もれてるのでまだ取り除けません。
それを先日引っ張る人あり。慌ててコードを持ちに走りました。
引っ張ったのは隣のおじさん。前々から邪魔なコードを切ってくれると言ってました。
それは嬉しいんだけど、コードの下にはロックの植物が・・・。一瞬青ざめましたよ。

そんな話を夫にした翌日、またおじさんが来たようで、たまたま休みだった夫が目撃し、「ウチの分は俺がするからほっといて!」と言ったそうです。
ついでに「母ちゃん(私)の大事な花があるから、やたらなことするな。怒ってたぞ。」と。
これを聞いた私、「えー、ちょっとまずいんでない?」

で、さらにびっくりだったのは、このアンテナは共同なんだって。そんなことここに住んで5年、初めて聞いたよ。なんかいろいろする割には肝心なことが話されてない。(前の人から聞いてると思ってるのかな?)

仕方ないから外すのはコードだけになりそうです。
posted by kyouei at 08:38| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月16日

どっかのおっさんもきたー。

窓から鳥やウサギを見るのはいいけど、知らないおっさんの顔は見たくない。

茶の間は玄関の横だけど、玄関には西側に風除けの壁があるので、今いる場所から東側は見通せない。
なのでおっさんは突然視界に入った。ガラス1枚隔てて2mほどの位置。
びっくりするよ。

慌てて玄関から出たよ。見たことない人、何しに来たんだ。
何だか突然の質問、ここに住んでるんだ?住む人いるんだ、よく住んでるね・・・って、
大きなお世話でしょ。
しかも何人で住んでるの?とか、何であんたにそんな個人情報教えにゃならんの。
私も聞かれたことに素直に答えない歳になったからね。
「えっ、なんでそんなこと聞くんですかぁ?」と質問をさえぎってやったさ。

どうやら、おっさんは暇であちこちドライブしてるって風らしい。
で、なんか珍しいもの見つけたら、相手のことなど考えずに聞いちゃうんだろうなぁ。
まるでどこかの誰かみたいだ。(どきりとした方、ご心配なく。夫のことですから〜。)


なんだかね、小雨降ってたけど玄関にも入れてやらなんだ。
某勧誘みたいに即シャットアウトよりはお話に付き合ってあげたよ。少しだけど。
おっさん気を使って、明日留萌に行くから魚買って来るって・・・要らんよ。


基本的に玄関からこっちはプライベートゾーンって分かって欲しいけど、無理なんだろな。
立ち入りしづらいように柵を設けたら自分たちが不便だし、立て札作ったってこういう人は読まないだろう。


あー、工事の人は植物踏んじゃうし、隣の人は要らなくなったコード勝手に引っ張るし。

工事の人には今度来たらはっきり言おうと思う。
その足元に大事な植物があるんだ、○千円するんだと。
いやいやそんなこと言ったらダメだ、盗まれるかもしれない。
けどやっぱり、一度は言ったほうがいいな。値段は抜きにして。
でないと繰り返される。
事前に分かれば対処したけれど、突然来るのは困る。

あ、○電に言えばいいのか?

posted by kyouei at 00:46| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月15日

ウサギきたー。

今日は曇りで肌寒い。鳥は盛んに鳴いているけど外に出る気になれず、まだらに雪解けしている庭をボーっと眺めていた。

ら、画面(窓)右から動くもの登場。

おおっ、ウサギだ!
向かいの林の手前でじっとしてる。
これ以上カメラはズームされないので、双眼鏡でじっと観察。

P1010190.JPG

ウサギは夜の走行時に道端で何匹も見られるけど、ウチの庭でじっくり見るのはこれが初めてなんだよね。夜行性だし。


耳 外側 くっきりとした白 中は黒 短い。
顔 薄茶色
胸・腹・脚 白
背中 灰色(灰褐色)
足の裏 黒っぽい (走り去った時に見えた)
 冬毛から夏毛へと変わっている最中だろうか? 


調べました。
エゾユキウサギ Lepus timidus ainu
ウィキペディアの写真がそっくりです。

寒くていいこともあるんだねー。
posted by kyouei at 08:57| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月14日

車2台

7月まで預かっている息子の車は、シートやマットをかぶせて大事に車庫の中。
預かるのはいくらでもOKなんだけど、猫の足跡だらけになるのですよ。

バッテリーが上がらないよう、「2週間に一度は乗ってくれ」と言われてます。
2週間は過ぎちゃったけど、今日は私も車を使いたいので、夫の職場に乗ってって貰います。
息子の車は私が運転するにはハードルが高過ぎて。

やっぱり2台あると便利よねぇ。維持費がかかるからもう無理だけど。

よく、生活レベルを落とすのは難しいと聞くけれど、ウチなんか落としまくり。
老いに向けて縮小しなけりゃならないんです。ある一点を除いて。




posted by kyouei at 06:37| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月13日

根雪終了まであと少し

最高気温が5℃にもならない寒い日が続いてます。
道東のように雪こそ積もりませんでしたが、白いものが舞いました。
でもそれも今日まで? 明日から暖かくなりそうです。

アメダスでは朱鞠内の積雪は0になりましたが、ウチの庭はまだ一面真っ白です。
ここは朱鞠内じゃなくて共栄だからね〜。
やっぱり朱鞠内より雪多いんだ。

今年は(も)ネズミの被害が酷いです。
まだ全貌は解明されませんが、大事な苗がいくつも消えてました。
プルサティラなんて食べるの?
プリムラも食べるの?
ユリとチューリップだけじゃなかったの?

やっぱり苗より種を買って数で勝負しなけりゃなりません。
あちこちに植えればネズミに気付かれない株が残ります。

仕方ないからネズミが隠し忘れた胡桃を拾ったりしています。
胡桃の苗、売れんかな?


posted by kyouei at 06:22| Comment(2) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月10日

チャイブ

今朝は寒かった。
宅急便が来たと思って外に出たら、灯油を入れにきたんだった。
今日は寒くて庭仕事できないなぁ〜と思いながら地面を見ると、ツクシが伸びていた。
えーい、こいつでも食っちゃるか。何本か摘んだ。

けど、すぐお日様が出て、絶好の園芸日和となった。ツクシ放置。

夕方、風が強く寒くなってやめた。
外はまだ明るい。あとひと仕事くらい出来そうだったのに。

苗の植え付けをしてる時、まるまる太って美味しそうなチャイブが目に入った。
ハーブはいろいろ育ててるけど、食べたりティーにもしたことがない。
ひたすら観賞用。ハーブは虫が付かないと聞くから育ててるだけ。

けど、このチャイブは食べてみたいな。
10本くらい摘んだ。

晩は手抜きでインスタントラーメン。
刻んで入れた。夫は気付かない。(たぶんネギだと思ってる。)
ようし、これからもっと食べようとひそかに決めた。

けど、ツクシは放置・・・。
posted by kyouei at 22:27| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月09日

アリさんの季節

昨日1匹2匹だったアリが今日は行列を作ってた。(室内)
慌てて掃除機で吸い込んだ。油断をしたらアリだらけになる。
もうアリさんの季節なんだね。この時期一時的にかアリが「何かいいものはないか?」と家の中まで物色に来る。
ウチには甘いお菓子なんかないよ。残念だねー。

今はカメムシの季節でもある。冬眠してたのが目覚めて外に出せーとばかり、窓に張り付く。
秋の到来時に比べたらかなりマシなんだけど、それでも調理中は神経を使う。
今まで危なかったこと数度、口に出して言えない事2〜3度なり。

白鳥の季節でもあるよ。上空を編隊が次々北を目指してる。上空と言っても秋に比べるとかなり低いから、白い姿が良く見える。鴨だか雁だかの群れも飛んでいく。

外にいたら小鳥もけっこうやってくる。
黙々と作業してるもんだから、案外近くまでやってくる。

さほど遠くない山からクマゲラの鳴き声やドラミングも聞こえる。
私には声や音だけじゃ、クマゲラとアカゲラの違いが分からないけど、
野鳥には全然詳しくないくせに夫にはそれが分かるので悔しい。
門前の小僧なんとやらで、職場でしょっちゅう見てたからなんだって。

とにかく季節感満載よ。冬から春そして初夏へと移ろいゆく自然を目いっぱい楽しまなきゃ。
posted by kyouei at 21:20| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラズベリー

ラズベリーが暴れまくって藪のようになっている。
敷地の端っこのほうに植えたので、どんなに繁茂しようと構わないのだけど、
そろそろちゃんと実を摘みたい気分になってきた。

今までは滅多にラズベリーがあるとこへは行かず、いつ花が咲いたか、実がなったかも知らない。
けど、移植5~6年だから、手入れをちゃんとすれば実が付くだろう。
摘みやすいような剪定の仕方、切ってはいけない枝などについて教えを乞おうとしたがやめた。
まずは自分で適当にやってみよう。

たくさん摘んでジャムにするなどと、たいそうなことは考えてない。
庭仕事の合い間に、ちょっとつまんで食べられたらいいなという程度。
ブルーベリーもいつの間にか鳥の餌になった。
鳥さんのためにも実のなる木を植え続けてる。
posted by kyouei at 08:18| Comment(2) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月05日

遠出

まだGWだからじゃなくて、春になったから、遠くへ行きたい気持ち満々。
ところで、「遠く」の定義は何キロ以上だろう?
少なくても旭川(80km)よりもっと向こうね。

前は「遠出は月いち程度」と自制してたけど、雪がある時期(ほぼ半年間)は、どこへも行けないんだから、月2でもいいんじゃないか?と最近思ってる。
いや、もう、この先短いかもしれないんだから、月3だっていいんじゃないか?

○○へ行きたいなぁ、ああ、今週は無理だ、来週?来月?って、いつもいつも後倒ししてたけど、それじゃやっぱり月いちになってしまう。

なので、今の気分は前倒し。夫の次の休みは○○へ行こう!

ところで、次の休みっていつだ?
posted by kyouei at 17:38| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月03日

GW

夫の認定に付いて深川まで行きました。
約80キロ、遠いです。
夫がハローワークに行っている間、ホームセンターで待ってました。
もちろんここが主目的ではありません。

認定はほどなく終わり、目的の郊外へ。
でも、その前にちょっと腹ごしらえ。
昼には早いけど、夫は「まだ腹減ってない。」と言ってたけど、腹が減ったら機嫌が悪くなるので、まずは食わせなくちゃと道の駅に寄る。

自腹で外食なんて何ヶ月ぶりだろう。走ってきた国道275号は車も少なく、とてもゴールデンウィーク期間中とは思えない閑散ぶりだったけど、さすが12号はちょっと違うね。
何となくお出かけ気分になりました。(GW中唯一の遠出)

さて、目的は・・・ふふ、高山植物・山野草の店。
着く前に「誕生日だから、ちょっと買っていい?」
「誕生日は明日だろ。」

冬季休業を終えて、さすがにもうやっているだろうと、いそいそ向かいました。
まだ休業中みたいに閑散としてましたが・・・。(店舗というよりナーセリー)

花は全然咲いてなくて、店主一人が売り場の外で作業中。名札を頼りに見て回るも、消えかけてたりしててどこに何があるか全然分からない。
うーん、次回にする? でも、次、いつ来られるだろう?

話し好きの夫が、店主をつかまえて立ち話を始めた。あ、そのまえに「そこは違う。(立ち入っちゃいけないとこ)」と注意されたんだ。それでもめげない夫さん。

やっぱり、せっかくここまで来たんだから買わなくちゃ、と、手にしたリストを渡しました。
来る前にホームページを見て10くらいリストアップしてたのです。
店主が探している間にいくつか目ぼしいものを追加して、合計○千円なり。

帰りは旭川経由でいつもの店で火山礫2袋と苗2つ。まだ他の店に寄れる時間はあったけど、あまり欲張ると次の楽しみが減るからと、日が高いうちに帰路に着きました。

夫は植物には全然興味ないけど、店の人と話したり、売り場の様子を観察するのが楽しいみたいです。
12mのアングルがあった。あれ、運ぶの大変だろうななどと、見てるところが違うのです。

posted by kyouei at 07:01| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月01日

たぬき

春になって道路の雪が解け、家出の季節になってしまった。
昨日からチロリンがいない。自由に外へ出られる環境は猫の家出を止められない。
朱鞠内まで3キロの道のり、恋を求めるわけでもなく、居心地がいい場所があるわけでもないのに、なぜ行ってしまうのだろう。

夫が探しに行ったけど見つからなかった。また戻ってくると信じたい。


代わりにということは全然ないと思うけど、狸がやってきた。
何だかとてものそのそしてて、間近で狸をみたことなんてほとんどなかったから、
なにこれ? たぬき・・・だよねぇ?

校舎の玄関に入り込み隅っこでしばらくじっとしてたので、夫を呼んだが「そのうち出て行くだろう。放っとけ。」となった。
でも、ウチのほうに入って来られては困るので、住宅に通じる戸は閉めた。
猫は怒っていたが、さすがに自分よりでかいので飛びついては行かない。遠くから威嚇している。

放っておいたらやがて出てきて雪解け水を飲んでいた。
近づいて見ると右足の毛が剥げているようだ。どうやら怪我をしているらしい。それであんなに動きが鈍かったのか。

P1010107.JPG

怪我をしてても死にそうでも、自然の動物は自然のままにというのが、私らの考えなので、犬や猫なら保護するが狸には何もしない。ただ無事に生き延びて欲しいと願うだけ。
posted by kyouei at 06:49| Comment(2) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。