2012年04月26日

屋根を守る

家(建物)を守るため、夫は夏も冬も忙しい。
雪降ろしが完全終了してやれやれと一息つく間も無しに、次はペンキ塗り〜。
まだ軒下にたっぷり残る雪山を利用して、先日は屋根の端っこを塗った。

数年前に買った大きな缶(18L)のペンキが終わったので、昨日(一昨日)旭川まで買いに行き、
今日(昨日)はさっそく屋根の上の人。
久々に上がった雪の無い屋根の上で「足がすくむ〜。」と、へっぴり腰で歩いてました。
軽トラックにロープを結び、命綱にして反対側の屋根を塗ります。

トタンはだいぶよれよれで、本来なら張替える時期をとっくに過ぎてるけど、
やっぱりここでも先立つものがないので、完全にアウトになるまで、ペンキでごまかします。
雨漏りなんか気にしません。

それより軒の修理が先です。雪の重さに耐え切れずちょっと傷んでます。
下から柱かなにかで支えをしないとやばそうです。
旭川まで買い物に行ったのは、その材の下見も兼ねてでした。

あっちこっち、ガラスが割れて、そこから猫が出入りしてます。
つぎはぎだらけの校舎ですが、私たちが出来る限り、形を維持したいと考えてます。

そうそう、猫がはしごを登って夫の仕事を邪魔します。
はしごを登って上まで行ったはいいが、トタン屋根は爪がかからないので、ずるずる〜と滑り落ちます。


posted by kyouei at 04:40| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月22日

雪山登山

というほどのことでは全然ないのですが、夫が旧深名線のトンネルを見に行こうというので一緒に行きました。
ウチから直線距離にして数百メートルと、かなり近いのですが、雪のない時期は笹が生い茂って簡単には行けません。
まずは向かいの国道を渡るので、猫が付いてきたら危ないと猫を家に閉じ込めました。ちなみに国道の反対側へ行くときは猫をお供に連れて行きます。ちゃんと付いて来るんだよ。

さて、国道を渡って雪の上を歩いていくと、この時期限定かもしれない川があります。そこだけ雪が解けてヤチブキ(エゾノリュウキンカ)と水芭蕉が咲きかけてました。

P1010063.JPG

その川の向こうに、昔、列車が走ってたと思われる小高い土手があります。そこに上がって少し朱鞠内寄り、方角でいうと北へちょっと行ったところに「第一雨竜」なるトンネルがありました。

P1010064.JPG

P1010065.JPG

反対側は雪で塞がっているのか中は真っ暗です。

国道の旧トンネルも近くにあります。斜面を少し上がると夫が「タヌキがいる」と言いましたが、脚が思うように斜面を登ってくれません。私がたどり着いた頃にはタヌキはトンネルの中に隠れてしまいました。どうやらそこを棲家にしてるようです。

P1010066.JPG

さて、上を見れば送電線が山を越えるところが他よりちょっと低いです。あのてっぺんまで行ったら反対側が見えるのだと思ったら、登ってみたくなりました。だってこの時期にまたここまで来ることってもうないかもしれないし。

斜面はかなり急です。長靴の先で雪を蹴るように掘って登ります。「雪山登山だ。」と言った瞬間、「雪崩は?」と、ニュースの記事が頭をよぎりましたが、かなり大きな木が生えているので、この地形は大丈夫と判断しました。
一日何度も2階への階段を昇り降りしてるので、平屋に住んでた頃より足腰は丈夫になったと自負してますが、それでも階段より急な斜面はきついです。10歩登って一休みを繰り返してやっと稜線にたどり着きました。

おお、初めて見る景色です。あの下の道路から何度も見上げているところに立っている自分が不思議です。

P1010067.JPG

振り返ればわが家も見えます。ずっと遠くの山もきれいでした。

P1010068.JPG

雪の斜面は、まっすぐ下るのは危険なので、斜めにぐるっと回ります。

P1010072.JPG

どう?かなりの急勾配でしょう? この斜面をまっすぐ登ったんだから。
写真でいうと右下から左上への対角線。

帰りは滑り落ちないようにだけ気をつけます。

途中、何だか怪しい足跡発見。キツネじゃないぞ、鹿でもなさそう・・・あれは、もう目覚めているの?
まさかね。ちょっとびびって足跡の方角へ行くのはやめました。

ウチのすぐ裏の道路から見たアングル。この送電線の一番向こうまで行ってきました。

P1010074.JPG


ぐるっと一周、距離にしたら1kmくらいかもしれないけど、今夜(または明日)は、脚が痛くなりそうです。


来週は向かいの山(というより丘程度)へ行こうかな。
春の探検隊は楽しいよ。
posted by kyouei at 19:41| Comment(5) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビリヤード

今夜はレークハウスで「何とか会」でした。
夫のおまけで私も「お呼ばれ」して貰いました。
今年も週1〜2ペースでアルバイトに行けそうです。(キャンプ場)

生まれて2度目?のビリヤードやってきました。
レークハウスにはビリヤード台があるのです。
とにかく、まあ、あれだ。
玉が当たればいいのです。
まぐれで何回か入りました。

夫は昔、かなり遊んだ???のかな。



posted by kyouei at 01:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月19日

高所作業車

今年初めての白鳥が、青空をバックに上空を渡って行きました。
この辺はまだ雪が多くて、降りられる場所が無いから素通りですね。
これから1ヶ月くらいは順に渡って行くでしょう。

見上げた視線を少し落とせば、そこには板が落ちて屋根裏へ出入り自由になってしまった空間がぽっかり空いている。
2階の西側の角、90cm×15cmほどの板が外れた。これってそのままにして置いたら、強風が吹いたとき(西風が多い)屋根裏に風が吹き込んで屋根が飛んでいく・・・なんてことないの?

板を打ち付けるには足場を組まないと無理だなぁ、と夫。
「足場って借りるの?高いの?」「俺に聞いても分からん。」
それでも「三段組まないと届かないぞ。」と言う。
しかも真下に灯油タンクがあるんですけど。

「高所作業車なんてどう?」(なんか、前にもこんな会話したな。)
「1日いくらするだろうね。」
「多少かかったって必要なら借りるしかないでしょ。」
「それがあれば、使ってないテレビのアンテナも外せるんじゃない?」(そうそう、これを外す方法を考えた時だ。)
この際だから、高いところの作業をまとめてしたらいいよ。

そうだ、ウチみたいに高くて手が届かないところを、どうにかしたいと考えている人も居るんじゃないかな?
何軒かで共同で借りたらいいのにね・・・と、前も思ったんだっけ。

で、結局結論が出ないまま尻切れトンボで話は終了。


あっちこっち、やらなきゃならないところ満載なのに、たいしたことせずに今日も終了。
うーん、キリギリスみたいだぞ。
posted by kyouei at 22:10| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月17日

誤算

ホームセンターの店先にパンジー・ビオラが並び始めた。
色とりどりの花が1つ68円。ああ、白は蒔いてないな、欲しいな〜という気持ちを我慢する。
1つ2つどころか10や20買ったって庭に植えたら全然目立たない。
それに今年こそはと張り切って、昨秋から種蒔きしたもんね。
ホームセンターの開花株に比べるとまだちっちゃなつぼみだけど、苗サイズは(ちょっとしか)遜色ない。

けどねー、去年の今時期は、通路や建物側の花壇は雪が解けてたのに、今年ときたらこんなんよ。

P1010038.JPG

せっかく苗が定植サイズに育ってるのに植える場所がない〜。


外気に慣らすため外に出してる苗。猫やカラスや強い日差しから守るため、網や籠を総動員してます。
ここは茶の間の窓のすぐ前なので、残雪が少ないけど、反対側に2mを超す雪の壁がそびえてます。

P1010039.JPG
posted by kyouei at 10:39| Comment(2) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月16日

屋根の上の闘い

冬の陣、終了。
屋根に上がって残っていた雪の塊りを、昨日夫が崩して落としました。
これで、「屋根雪危険」状態からやっと解放されました。
軒下に支えるほど溜まらなかったら、もっと効率よく、早い時期に落とせたのですが、
仕事優先で時間も足らず、今年の冬も雪に完敗しました。敵は手強いです。

とりあえず落ちて大怪我しなかったし、軒も多少の傷みはあるものの、
大きく壊れることもなかったので、ヨシと思いましょう。

息子に「(いずれ)1月か2月に来てよ。」と言ったら、「絶対いや」とあっけなく却下されました。
道楽で始めた親の田舎暮らしに付き合いきれないようです。


冬の陣が終わったらすぐに夏の陣が待ってます。
今度はペンキ屋さん。
トタンの保護(相当古いのをペンキを塗り重ねてごまかしている。)と、冬の雪を滑り易くするため、2〜3年ごとに塗ったほうがいいのです。
これがまた、雨が降っても風が吹いてもダメ(夫は細く軽いので飛ばされる:笑)、夏はトタンがあっちっちになるので上がれない、前回は休日ごとにタイミングを見ながらだったので、半年がかりでした。
長時間やると腰が痛いだの高所恐怖症だの、出来ない理由はいくらでもあります。


とにかく、屋根の面積は普通の家の4〜5軒分ありますからね。
これが元学校でなかったら、さっさと半分壊してたかもしれません。
中も外も充分な保存・管理は出来ないけど、せめて外見だけは少しでも長く残したい。
建物を残すこと=屋根を守る なんです。


やらねばならぬこと、やればできること、があるのは、「老」の域に入りかけた者にとって必要なこと・・・と思う私は、労りの言葉だけは欠かしません。



posted by kyouei at 07:13| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月14日

ぎりぎりセーフ

今の気温0℃。「途中で泊まれ(車中で)」のメールを見ないまま、息子は無事帰ってきました。
あー良かった。でも、とっても心配したよ。
猫アレルギーの息子は着くなりマスクをしても、あっという間にティッシュの山です。
でも、猫、好きなんだよね。

なんと滋賀からバケツに入れてメダカをお持ち帰り、タニシも入ってるんだとか。
長期出張のあるやつが生き物を飼うなと言いたいよ。妹のとこにもヒョウモントカゲモドキを預けてるってのに。

メダカは猫と共存しないので、とりあえず私の園芸部屋に仮置きしました。
その際に猫が入っちゃって大変だったんだから。
ポット3つひっくり返されました。被害少なめで良かったよ。

メダカは冬のお世話が大変なので飼わないって決めてるのに、連れてこられちゃったら仕方ありません。
私は一緒に持ってきた水草のほうに興味があるなぁ。


息子が帰国予定の3ヵ月後あたりにおじいちゃんの一周忌があります。
費用が工面できないから行けないなぁと思ってたら、交通費出すから車に乗ってきたら?だって。
うん、前向きに考えてみよう。
posted by kyouei at 02:13| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月13日

下見

今日の夜中に息子が来る予定。でも、峠の状況はどうなんだろう?
日中は夏タイヤでもほぼ大丈夫そうだけど夜中は心配だ。明け方は氷点下になることも多い。
士別まで高速で来るって。士別からなら低い峠だけど・・・。

と、家で悶々としてても埒があかないので、
ちょっと道路の偵察がてら用事も兼ねて士別まで行ってきた。
まあまあ大丈夫そうだけど雪解け水で濡れている路面もある。
今は小雨、これから気温がどうなるか? 夜の冷え込み具合で判断するしかない。

先ほど息子から電話が来た。今は青森沖なんだそうな。
「士別まで着いたら連絡ちょうだい。」と伝える。
それから逆算して家に着くのが遅かったら様子を見に行くし。
なんたって、途中は携帯の圏外だからね。

「それまでにも気になることが出てきたら連絡するよ。」

今夜もアメダスから目が離せません。



posted by kyouei at 16:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月08日

よそはプラスなのね

息子からまた電話が来て、13日の深夜に着く予定だと。
ちょっと待って、夜、走るのは危険だよ。道路はまだ凍っている可能性が高い。
息子の車は夏タイヤしかないのです。

来週にどれだけ気温が上がるか分からないけど、こっちの朝は毎日氷点下10℃を超えている。
路面状況いかんでは、途中に車を置くことも考えてと伝えた。

日中なら、道路はほとんど大丈夫だけど、夜はやっぱり怖い。
札幌のほうはどうなんだろう?とアメダスをチェックした。
あれれ、夜にも朝にもマイナスなんてないね。
では、岩見沢は? あらら、ここもプラスなのね。

旭川はマイナスもあるね。わずかだけど。
う〜ん、深川の(息子の)友だちのところあたりまでなら大丈夫だろうか?

しばらく天気予報から目が離せません。
それでなくても毎日見てるけど。
posted by kyouei at 19:31| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月06日

電話

「来週行くから」と、突然の電話。
そう、息子から。
車に乗ってきて、こっちに置いて、帰りは飛行機だそうだ。1泊か2泊、とんぼ返りってやつだね。
夫は「滋賀に行けなくて残念」って言ってたよ。
posted by kyouei at 20:37| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月04日

3位浮上

天気予報どおり午後から風が吹き荒れてます。
どんな強風になろうとも、今の時期、飛んでいくものは何一つ出てないので安心ですが、
今日の積雪深は、前日同時刻より25cmほどしか増えてないのに、
夕方、郵便物を確認に通路を歩いて来た夫が、「ここまであったー。」と、腰に手を当てました。

両脇が高い雪の壁になっている通路は、一瞬弱まった風が落とす雪で、実際の積雪より何倍も積もります。
そういえば昔、私も玄関前の吹き溜まりで遭難しそうになったことがある。

明日は久々に除雪トラクターの出動です。
もう融けるだけだから、燃料がもったいないので除雪はしない、と言ってた夫、前言撤回です。

この雪、あと1ヶ月で大方消えるとはとても思えない量です。
そしてこのペースなら、根雪終了は5月中旬となりそうです。
posted by kyouei at 21:58| Comment(3) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月03日

夢を買う

種子リストを貰いました。
検索欄にアルファベットを打ち込んで、見たことも聞いたこともない花を調べました。
高山植物系はほんとに発芽しません。
発芽率1割・・・というか、10種類蒔いたうちの1種類がモノになる程度なので、種の粒数で計算すれば、芽が出るのは1%にもならないんだよね。
しかもいっぱい芽が出たと喜んでたら、見る間に減っていくし、最終的に開花株になるのはほんとに僅かです。

それでも蒔かねば始まらない。種からの花が咲いた時の嬉しさは、難しければ難しいほど嬉しいもので、たとえウチに来た人の99%が気付かぬ、ちっさな花でも、私にとっては手塩にかけた大事な花なのです。

検索をして開花写真を見ている時が、一番の夢見心地なんでしょうね。
だから、宝くじでも買うつもりでないと、外国産の種子なんか買ってられない。
いつかきっとウチの庭、珍しい花でいっぱいにするよ。
ちっこいから、踏まれないようにしておかなきゃ。



posted by kyouei at 22:30| Comment(0) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月02日

直っちゃった

まるで昨日がエイプリルフールで、嘘をついたみたいな結果になったけど、

夫に「タンクを出そうよ、水を抜けば持てるんじゃない?」と話して、水を抜くいい方法を考えてた。
(水抜き栓は一番下にあって、そのまま開ければ床が水浸しになる。)
夫は「水を抜いてもタンクは100kgくらいあるよ、お前と俺じゃ無理だ。そんなの簡単に出来るわけない。」と。
あーあ、出来るか出来ないか、やってみなけりゃ分からないじゃん、まったくすぐに否定するんだから、やだやだ。

で、タンクの表示を見たら、満水時は425kg 水量は370リットルとなってた。ほ〜ら、100kgもないじゃん。

それから、そもそもの水の出が悪くなった原因は何か?を、夫がネットで調べ(最近は多少の調べ物も出来るようになった)ストレージがうんたら、とかいう話になり、そういえば前にここ(配管の途中の突起部分)をいじったことある、その金具は今は付いてないけど(Sさんに修理を頼んだ時に外したらしい)、と私が指差した部分を、夫が押したり回そうとしたりした。
そしたら突起の先から水がピュっと出て、元栓を閉めたり蛇口を開けたりして何度もそこを押したら、金気を含んだ汚い水が出た。

そうこうしてる内にチョロチョロだったお湯が、普通に出るようになった。これって直ったの?
途端に夫が得意げになり、俺は何でも出来るんだ・・・だってさ。
ただめんどくさいからやらないんだ、あーあ、本音言ってるよ。

ま、また、しばらく使いましょと、昨日抜いたコンセントを入れました。

でも、絶対近いうちに(今年?来年?←近くないか:笑)タンクはどかすんだ。タンクの後ろが掃除できない、それがとても嫌。

1つ学習。 夫は(私も?)切羽詰らないと動かない。本気になれば出来ることが増える。
posted by kyouei at 15:58| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月01日

温水器

夫が無職になったのを記念して温水器の電源を切った。
最近はどこかで管が詰まってるのか、お湯はちょろちょろしか出てなかった。
それでも未練がましく使ってた。でも、もうやめた。

温水器のタンクは高さ150cm、胴回りも150cmくらいある。
中にはお湯がたっぷり入ってて、水抜き栓は一番下にある。
このタンクをどかして、次の冬までにはもっと小型の湯沸しを付けたいと思うのだが、
さてどうしたらいいものやら、ここ何年も考えている。

来年にはー、春にはー、夏にはーと、問題を先送りしていたけど、今日気が付いてしまった。
タンクを出すのは茶の間の窓から、でも、その窓の下には私の花壇がある。
重たくてでっかいものを出すんだ、足元なんかにかまってられないよね?

となると、作業は雪があるうちにやったほうがいい。
4月になったら・・・って、もう4月じゃん。
夫はもう一日だけと言われて仕事に行ったけど。

posted by kyouei at 08:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。