2012年02月29日

組合長

某超超超ちょーローカルな組合の組合長になりました。夫がね。
組合員は4人だけ、ウチと隣のご夫婦です。
その隣からバトンタッチされただけの、なぁんにも偉くない「長」です。

お仕事(委託業務)は年に2回、ちょびっとあるらしい。
手当ては出るようだけど、それは右から左へ流れるらしい。
つまりタダ働き。まあ、働くってほどのことじゃないけどね。

田舎暮らしには、想定外のいろんな「おまけ」がついてきます。
よーっぽど、どうしても、時間的にとか体力的にとか生理的にとかで無理っ!じゃないものは、快く引き受けます。
夫がとても腰が軽く、かなりマメなんで、助かります。

私は好きなこと(=お花関係)で、地域に貢献できるなら、何かしてもいいなと思ってます。


posted by kyouei at 13:56| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月27日

洋書

私の英語力は中卒程度です。高校時代はスンマセン、授業中はほとんどマンガを読んでました。いわゆる田舎の進学校というやつでしたが、授業の邪魔をしなければ教師も無視してくれました。まさかこんな時代になるなんて、外国なんて行かない(行けない)もん、英語なんて必要ない・・・撤回します。いまさらですが。

最近英語のウェブページをよく見ます。読めませんからほんとに見るだけです。もちろん植物関係のページなんですけど、どうしても知りたい情報の単語だけはやっと覚えつつあるところです。でも、もっとすらすら読めたら、そこには私の知りたいことがたくさん書かれているんだろうなぁと思います。栽培のコツとかね。

ネットで日本の通販ページと似た仕組みのサイトでは、少し買い物が出来るようになりました。
「買い物籠」があってクレジットで決済できるとこ、まだイギリスだけです。


先日はアマゾンで洋書を買いました。もちろん日本のアマゾンです。
タイトルは、「なんとか、アルパイン・ガーデニング」 あっちは本場ですからね。
もしかしたら全然読めない英文の羅列だけかもしれないので、高いのは怖くて買えません。
送料250円足して549円の本でした。

届いたのはやはりほぼ英文、でも写真やイラストもかなり入ってます。特に写真は素晴らしいです。欲しいー。育てたいー。

定価は12.99ポンド、今のレートなら2000円くらいでしょうか。だいたい4分の1ですね。送料込みだからかなり安い。
で、何故か新品は8500円もする。何で?買う人いるんだろうか?


これを書きながらアマゾンを再び見ていたら、次の購入候補見つけてしまった。
けど、安い在庫が何冊かあるので今は買わない。ちょっとの間、我慢我慢。
かなりねぇ、我慢もしているんですよ。そうは見えないかも?だけど。
posted by kyouei at 10:24| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月26日

日の当たる場所

2階で植物を育てるコツは、いかに多く日に当てるかだと思ってる。
この家は真南じゃなく、やや西よりに向いているようだ。
2階の窓は高さ90cmくらいで幅は180cmのが南に2つ西に1つある。
植物たちはこの窓から日が差すところに重点的に置かれているが、豪雪地帯の宿命で冬は日照時間が極端に少ない。

いくつもの種蒔きポットの中で発根が始まったものは、すかさず特等地に移す。発芽までに日を少しでも多く当てれば、徒長が防げると思うからだ。
他にお日様が大好きな植物、日照が足りないと腐ってしまうものも日の当たる場所に置く。

晴れた日は時間帯によって日が当たる場所の植物を、太陽の動きに合わせて逆方向へ移動させる。

1階茶の間にもさんさんと陽は降り注ぐ。しかしこの部屋は猫集団の住処でもあるので、どう工夫したって置けない。猫の手が入らない細かな網でケースでも作れば別だろうけど。

後の部屋の窓は北向きか、雪で埋もれている。耐寒性がとても強いものを3月になったら教室のガラスケースに移そうと思ってたけど、今年は屋根までつかえる雪で陽が当たらない。


とーっても大金持ちだったら、2階の屋根をガラス張りにしたい。
ややお金持ちだったら、2階の壁をみんな窓にしたい。
でも、ぜーんぜんお金がないから、種や安い苗を買うことで我慢する。
それさえも、最近ちょっと・・・?
欲しいのがあるんだけどなぁ。


posted by kyouei at 09:59| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月23日

アメダスランキング

今年は本州が豪雪ゆえ、すっかりナリを潜めてますが、やっと積雪深のベストテン入りとなりました。
が、これからきっと朱鞠内がごぼう抜きするでしょう。
だってまだまだ降る&ちっとも減っていかない・・・んですもの。
1位の酸ヶ湯は、どうぞそのまま頑張ってください。

玄関までの通路の両端は、除雪トラクターが跳ね上げた雪で私の身長をはるかに超え、雪の壁は切り立った崖のようになってます。通路端に植えてある植物の保護のため、昨年より広めに目印の棒を立てたのですが、すでにそれらは粉々になり、やがて棒代わりにと植えた樹もたぶん砕かれているでしょう。涙

今年は広めにしたはずなのに、通路の幅はさらにさらに広くなってます。雪で見えないというのは夫にすれば好都合、ここから先は絶対に入り込んで欲しくないと置いた石までガリガリやってます。涙涙。

雪が多すぎるから、広くしないと飛んでいかないという理屈は理解出来ますよ。だから黙ってせめてもと涙目で訴えるのですが、その視線には気付かない振りをしています。家の前の町道の幅も夏の2倍ほどになってますから、除雪とはそんなものと割り切るしかありません。


積雪のピークはいつだろう?と、過去のデータを見れば、2月もあれば3月もあります。
つまりまだ増える可能性もあるということなんですよね。真冬日は依然続いてます。

日が長くなったのだけがせめてもの救いです。
2階ではゆっくりだけど苗が育ってます。
posted by kyouei at 09:39| Comment(4) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月22日

ミキサー

息子から貰った(お下がり)ミキサーが、長いこと眠ってた。
今日初めて使ってみた。
冷凍してた果物を解凍してジュースにしてみたんだけど、それをまた凍らして、シャーベットみたいにしようと考えてる。
凍ったままやっても良かったかもしれない。

ミキサーを使うのは30年ぶり。
ちょっといろいろ試してみよう。
posted by kyouei at 21:38| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月17日

春はまだまだ?

バスもスキー場も運休になるほど雪が荒れ狂った一昨日が過ぎ、昨日は晴れ、今日も晴れ。
お日様が出ると雪に埋もれていても春の兆しを感じられるけど、まだまだ寒い日は続く。

今年は職場でも雪降ろしをやってへばり気味の夫に、春はもうすぐだよと慰めの言葉をかけるけど、ホントに春は来るのかなぁ?
そろそろ買い物にも行きたいし、猫の手術もしなきゃならないけど、それよりも屋根を守るのが先、もう軒がつかえてきてるので、スポットヒーター作戦もしばらく使えない。

まあ、何とかなるでしょ。壊れたら、潰れたら、それはそれで仕方ないと腹をくくっている。
でも、そうなったら後始末がものすごーく大変だから、やっぱり壊れないよう守っていくのだよ。

今頃の(積もってる)雪は、氷と化してスコップも刺さらないほど固くなってる。今は体力が落ちて除雪は全部夫任せだけど、夫が今よりもっときつい肉体労働で、しかも毎日帰りが遅かった頃の屋根雪始末は私の仕事だった。
旧宅だった公営住宅は平屋で暖かい造りだったから、屋根雪は勝手に落ちて、人が上がって降ろすことは滅多になかったけど、片屋根だったせいもあり落ちてくる量は半端なく、茶の間の窓はすぐに埋まり屋根につかえて落ちなくなってしまってた。
それを私一人で延々と片付けてたんだよねー。落ちた日にすぐやれればいいけど、一度冷えた雪は固かったなぁ。それに屋根に接してた面は分厚い板氷になってた。それを割るのも大変だったっけ。
4月産まれの次女の時なんか大きいお腹をかかえてやってたんだよ。まあ、私もかなり若かったけどね。

年をとったら、動けなくなったらどうするかって?
そんときゃ人に頼むよ。食う物削ってバイト代を出すさ。相場より高めにしたら誰かきてくれるでしょう。その前に息子に毎年2月は帰省しろって言うかもね。
posted by kyouei at 07:31| Comment(3) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月15日

写真

私は昔から写真を撮られるのが大嫌いだった。
理由は簡単。可愛くないからだ。いつまでも見栄っ張りそして現実を直視できないんだろう。

だからカメラを持ち歩いていても、撮るのはほとんど風景や植物などで、たまに猫となる。
昔は子どもの写真もたくさん撮ったけど、孫はあまり撮ってないなぁ。


最近は連日、夏に撮りためた庭の花をブログにアップしてます。
雪が消えてから再び降り積もるまでの半年は、咲いた花を愛でる時間も惜しく、カメラに収めるのが精一杯で、毎日庭の手入れをしていました。
雪が解けたら、冬から春にかけて育てた苗を植えつけて、草を抜くだけで一日が終わる。それでも草は次々伸びて、私が撮った花の写真にはもれなくスギナが写ってる。
けど、スギナなんてまだ可愛いほうで、それより酷い雑草を駆除するのが先なんです。

花は遠目に見るよりも、レンズを通してアップで見るほうが数倍美しい。このアップの写真に騙されて買ったはいいけど「あれれ?」という経験はありませんか?
でもやはり、普段踏んでいたり見向きもしない花でさえ、よーく見たらほんとにきれいなんです。私たちの観察眼が足りないだけで、花が騙しているわけじゃないんですね。


ブログを編集しながら、花たちの正式名(学名)を調べたりもしています。
その際には花のアップだけじゃなく、葉や全体の姿なんかも必要になります。
いくつもの写真を見比べていくうちにわずかな違いに気付きます。

ウチのちび茶色1号と2号の違いも、毎日一緒に暮らしてやっと見分けが付くようになったみたいに。

「そんな違いを知ってどうする?」と、花に興味ない娘から突込みがはいりそうですが、それが母さんの趣味であり生き甲斐なんだから、こんなに「安い」ものはないでしょう?・・・・・いや、最近はちょっとお金を使ってますが・・・単価の高いものは買ってないよ。


春の花たちの写真を見ると気持ちがわくわくします。
この雪の下に多くの花苗が、相当の重さに耐えて眠っている。その目覚めの日が一日また一日と近づいている。
蒔けよ増やせよの時期が過ぎたら(予定ではあと数年)、1つ1つの花とじっくり付き合いましょう。
そして愛を持ってより美しい写真を撮りましょう。
それが歩くこともままならなくなる、さらに老後の日の楽しみに繋がるんじゃないかと思えます。





posted by kyouei at 09:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月13日

リクエスト

今日も一日中わが家の雪と闘った夫は、夕方「温まってくる」と温泉に行った。
彼はオーバーワークになると脚に来る。ふくらはぎがつって大騒ぎなのだ。
入浴代の500円でそれが回避できたら安いもの、どうぞどうぞ行ってらっしゃい。

「お前は?」(お母さんは?だったかな)と聞かれた。
「私はいいよ。(一日中遊んでいるんだもの、申しわけない。)」実は出かけるのが面倒なんだけどね。

夫のふくらはぎ痙攣(けいれん)歴はけっこう長い。前の仕事は、一日中立ちっぱなしの重労働だった。
あの頃は良く効く漢方を飲んでたっけ。そういや膝も悪かったんだな〜。薬はその時処方されたんだった。
仕事が変わってからは膝の痛みを訴えることは減り、脚がつるのも身体を酷使した日くらいになった。
それでも夜中に目が覚めて、ひとりで唸りまわってるんだって。私は、ごめん、熟睡中。


何かふくらはぎを揉む、いいもんないかな〜?と、考えててふと思い出した。
フットマッサージャーなるもの、あれ、いいんじゃない?
ねえ、誰か(子どもたち)買ってよ。
アマゾンで見たら1万もしないであったよ。

おとーさん、今年還暦なんだ。赤いちゃんちゃんこは要らんからさ。



・・・なんて、ほんとは私が欲しいのよね。笑



posted by kyouei at 23:01| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日照時間

アメダスの「日照時間」を見ると、道東は真っ赤(1時間あたり60分の晴れ)なのに、
私の住む道北西部は真っ白(同0分)
うー、うらやまし。

空は明るいから、上空は晴れているんだろうな。
ここでたんまり降るから、峠の向こうは雪が少ないんだぞ。
感謝せえよ・・・と、たまには言ってみたい。

ま、自然のことはお互い様。メリットもた〜くさんあるんでしょ。
そう思わないとやってられない。
posted by kyouei at 12:01| Comment(3) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月12日

キャットタワー

見たら欲しくなるものってありますよね。
私はお花以外で欲しいなぁと思うものが、キャットタワーなんだけど、
ウチの猫だったら、ドアを閉めてある部屋以外に行けない場所はない。
冷蔵庫の上、タンスの上、本棚の最上段、はたまた今日はドアの上なんかにもいました。
茶の間のドアはいつも少しだけ開けてあって、近くの棚からドアの上に移ったようです。

キャットタワーは欲しいけど、完璧に不必要な物でもあるようです。

P1090341.JPG

毎日雪が続いて日も差さなくて、猫の観察だけが楽しみだよ〜。
猫の絡み合いがとても面白いの。でも文章力なくて再現できない。ごめんねー。


posted by kyouei at 20:19| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月09日

中継2

今日は昼と夜の部、豪華2本立てでお送りします。笑

ご覧になった方もいるかと思いますが、本日湖にTVカメラがやってきました。
総勢数十人のスタッフ、さすが天下の・・・です。
私は裏の裏で仕事してました。地味〜な電話番です。

まあ、裏から見られる風景ってのもあるもんで、私の居た場所から見られた一コマです。

今朝も冷え込んでダイヤモンドダストがキラキラしてました。
写真じゃちょっとしか写りませんね。残念。

P1090317.JPG


駐車場の向こう側、雪山の陰が撮影場所です。

P1090319.JPG

P1090321.JPG

ポイントまで送迎用のスノーモービル。

P1090320.JPG

あまり詳しいことは書けないので、この辺まで。



さて、夜は兼ねてからの念願だった、母子里クリスタルパークのライトアップを見に行きました。
ウチから母子里までは二十数キロ離れているのですが、往復の道のりですれ違った車はたった2台だけという超過疎地です。

本日のクリスタルピークスは雪がうっすら積もって、検索画像で見るのとはちょっと趣きが違ってます。

P1090324.JPG

P1090326.JPG

P1090327.JPG

田舎に住んでいて何が一番いいかと聞かれたら、人がいないことです。
駐車場から徒歩1分という手軽さ、しかも無料で暖かい飲み物が頂けます。

P1090332.JPG

期間限定(今週の土曜日まで)のささやかなイベントですが、まだの方はぜひご覧になってください。

P1090334.JPG

こんな催しもありますよ。



posted by kyouei at 21:22| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月07日

雪の重さ

今年の積雪深は、本州の日本海側、山形、新潟などに負けてますが、ずーっと気温が低いので積もった雪が解けず、雪と雪はしっかり結びついてなお落ちにくくなっていきます。

庭のドロノキが重そうだったので写真を撮りました。2月5日、一昨日です。

P1090301.JPG


今朝見たら、あれ、なんか変?

P1090305.JPG

そうなのです。太い枝がボッキリ折れてるのです。
ドロノキは材が柔らかいので枝がよく折れます。
初めてこの樹を見たとき、ブランコなんか下げたら面白そうと思いましたが、危なくてそんなこと出来ないとすぐ分かりました。

こちらは2階の窓から見下ろしたとこです。

P1090306.JPG


夫は今日も雪降ろし。通路反対側の小さめの車庫は、夫の背(170cmちょい)より高くなりました。
私も手伝おうか?と、可愛らしく言ってみたら、「雪が重くて(下のほうは凍りついてる)とてもお前にゃ無理!」と言われました。

P1090310.JPG


落ちぬなら、無理やりにでも落とそうと、住宅2階でスポットヒーター(ジェットヒーターの小型のやつ)を焚きました。
点火したら2階の通路はあっという間に40℃〜50℃になりました。
廊下の壁は熱々です。家が焼けたら大変なので、私はそばについて、20分おきくらいにヒーターのスィッチを点けたり消したりしてました。
住宅部分は、南側、次いで西側、そして最後に北側も落ちました。
今は気温0℃前後なので、最近になく暖かい日です。

玄関の前は、落ちた雪がいっぱい。
夫は午後から通路のトラクター除雪です。

P1090311.JPG
posted by kyouei at 13:52| Comment(3) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月05日

出不精

続きで、デブ性となってます。食っちゃ寝の毎日だからね。

正月3日に旭川へ買い物に出て以降、車の調子が悪かったり休日は夫が雪降ろしに忙しかったりで、
3キロ先でやった地域の新年会に顔を出した以外、1ヶ月もどこへも行ってません。
けど、食料は生協に注文するし、必要とあらばネットで買い物もできるので、疎外感はありませんね。
元々あまり出かけない性格だった・・・かな? 旅は好きでしたけど。

冬祭り・雪祭り等、各地でお祭りが盛んになってきました。
小樽の雪あかりの路なんかも面白そうと思いますが、やはり寒そう〜というのが先にたちます。
子どもが小さい頃は、体験も兼ねてひと通り行きました。さっぽろ雪祭りでテレビ塔に登ったのは大失敗でした。


ここから20数キロ北の母子里クリスタルパークが、いまライトアップをしています。
期間は今月中旬頃までですが、これはまだ行ったことがありません。
今年こそはぜひ行きたいと思います。
各地の祭り会場に比べ、人はまばら・・・というか、ほとんど無人のようなので、駐車場から歩いて1分、静かで厳か?で神秘的?なモニュメントを楽しめそうです。

私のデジカメで夜の写真を撮るには、どうしたらい
いのだろう?
息子からのお下がり、説明書も読まず、花と風景しか撮ったことがありません。


posted by kyouei at 08:16| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月04日

寒さの峠

節分でしたね。豆まきはしませんが。
だって鬼さん可愛そう。こんな日に外へやられては凍えてしまいます。
福が来ると一緒に良くないものまで付いてきそうで怖い。笑
幸せはほどほどでいいんです。

立春になれば長い長い冬も峠を越えたようなものです。
でも、来週にも寒波が来るそうなので、まだ気は抜けないけど。

今年は積雪深も最低気温も一位の座から滑り落ちてます。
いや〜、いいんですよ。別に一位じゃなくて。
喜んでその座を明け渡します。


ほんとの春は雪が解ける頃、まだ3ヶ月も先ですが、気持ちだけでも上向きになって、
日照時間がどんどん延びるのが嬉しい。
正午でも向かいの山すれすれだった太陽の位置がだんだん高くなり、日差しもちょっとずつ強くなります。
日照時間なんて本州にいた頃は気にも留めなかったのに、北国&雪国では切実ですよ。


毎日猫と遊んでます。猫に囲まれて幸せです〜。
posted by kyouei at 01:16| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月02日

小さな幸せ

娘が車のバッテリーをあげてしまって、SOSのTelが来た。
朝の冷え込みが厳しかったから、かな?
屋根雪を降ろした後の疲れた身体でも可愛い娘のために夫が出向く。
やがて段ボール箱2つを抱え、ニコニコして帰ってきた。
聞けば充電を兼ねて幌加内まで往復したんだって。
幌加内(市街地)まで行けば、農協のお店がある。
夫のお気に入りの飴もある。
お菓子もいっぱい売っている。一昨日のこと。

昨日はホンダのディラーから電話が来た。
車の修理が終わったんだって。ドキドキして「おいくらでした?」と聞きました。
気になるお値段は?・・・・2万ちょいでした。
原因もはっきりしたので良かったー。
もっと大きな額、下手したら桁違いも覚悟してたので、思ったより安くてほっとしました。

さて、私はまた種が届きました。
今度のは園芸種、本州の花友さんが取りまとめてくれたイギリスからの種子。
数人で希望を出し合って、送料やダブルのはシェアするので意外とお安くなるのです。
14種類で3千円ちょいでした。
これがみんな育てばウッシッシなのですが、現実はなかなか・・・なんですよね。

庭の花を植物専用ブログに次々アップしてたら、それを垣間見た夫が「値段付けたら?」と言いました。
もちろん冗談だと分かってますが、深層心理に「遊んでばかりいないで菓子代くらい稼げ」という望みが隠れているかもしれません。
一瞬いいアイデアなんて思った私も同類か?苦笑
けど、付けるとしても50円とか100円しかだし、そんな小銭稼ぎをするくらいなら、無駄使いを減らしたほうがマシ、商売人にはなれません。
直に来てくれるなら、いくらでも掘って差し上げますよー。



posted by kyouei at 06:10| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。