2012年01月31日

不便生活

士別の街中で止まってしまった軽トラは、名寄に行ったきり帰ってきません。
すぐに電話をくれる(見積もりとか)という話になってたらしいですが、電話がかかってきません。
それを催促もせずのんびり構えてる変てこ夫婦です。

代車借りられたんです。ほぼ同じ軽トラ。しかも時々止まるという状態までそっくり。笑
名寄に行った日は帰りに母子里のスタンドで止まり、エンジンが冷えるまで1時間ほどそこのおばさんの話し相手になってたとか。顔見知りのおばさんは暇なので喜んでくれたとか。ミカン2個貰って帰ってきましたよ。

冷えた朝はエンジンかかるか心配で、同僚に「かからなかったら迎えに来て」と手配してました。
家の近所で止まる分には何なりと対処できます。携帯がない&あっても圏外ですが、いざとなれば通行車を止める度胸もありますし、歩いて帰れなくもない距離なので。

ただ、最近、地域で唯一のお店にお菓子が全然なくて、ほんとに棚が空っぽ状態だそうで、お菓子大好きの夫は残念がってます。車がこんな状態だから遠出は無理なんです。士別でトラぶった時は同僚に大変お世話になったとか。全部解決したら菓子折りを持っていかなきゃです。

車を思うように使えないのはとても不便ですが、冬は特別行きたい所もないので、老夫婦だと必要性は低いです。子育て期間中だったら絶対の必需品でしたけど。しかも家族6人だったから普通車じゃダメでしたし。

お菓子は、なんか「もどき」を作ります。まともなお菓子は作る気力がありません。パンとかケーキとかアップルパイとか・・・は、はるか昔の語り草です。





posted by kyouei at 09:26| Comment(2) | 移住 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月30日

種が来た

種を求めてどこまでも・・・行きたいけれど、行けないとこもある。

種苗会社、ナーセリー、山草会、交換掲示板など、四方八方手を尽くして種子を入手する。
一番の本命はAGSというイギリスの山草会。
今年は第1希望が5〜6、第2希望が18〜17だった。(全部で23)
やはり人気のものは手に入りにくい。

会費分に相当する上記種子のほかに、格安の追加余剰種子というのがある。
こちらは属名(12種類)しか指定できないけど、10パケットが3ポンド(400円前後)という魅力的なお値段だ。
好きなのを選べないから当たり外れはあるけれど、山草の範囲からはみ出るものは少ないし、意外な当たりもある。
30パケットなら8ポンド、50なら12ポンド、うーん、100なら20ポンドなので、100パケット頼んじゃったんだよ。

いま、名札を作ってリストの学名から検索して花姿を調べてます。
いくつか指定した属と違うのも混じってます。こういうのはご愛嬌ですが、なんかとっても素敵なのもありました。
うまく芽が出て育ってくれるといいんだけど、発芽がねぇ、かなり難しいのですよ。発芽率もけして高くない。山草というのはそういうもんらしいです。
123種の種子のうち、20も苗が出来れば上々といったところです。
それでも蒔かねば芽が出ない。大方は夢を買っているようなもの。種まきポットを穴が開くほど見つめて、芽が出ないかな?とわくわくしてる時が一番幸せなんですよ。長い冬を乗り切るための重要アイテムでもあるんだよ。


種袋には番号しか書いてありません。
前もって6000種類ほどのリスト(小冊子)が届きます。

P1090281.JPG
posted by kyouei at 17:23| Comment(0) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月28日

あげあげコーナー

というのが、朱鞠内湖畔のレークハウスにあるそうです。
釣ったワカサギをすぐに揚げて食べられる場所のことです。
自分たちで油や天ぷら鍋やコンロを持参しなくても良いのです。
でも、レークハウスは平日休みらしいので、計画される方は漁協かレークハウスに確認してくださいね。

今日はウチから20キロくらい南に住んでる次女が、友だちと3人でワカサギ釣りに向かいました。
気になる釣果は、3人で1人分くらい。
ウチで天ぷらさせてと言うので、OKしました。料金高いよ。笑
若い女の子3人組ということで、隣のオジサンからたくさんワカサギを貰ったようです。
3時頃に来て庭で雪遊びして、ワカサギのほか、持参した野菜も揚げて、たらふく食べて帰りました。
お世話はしません。セルフサービスです。

最近は余裕?ができてきたのか、こんな使われ方もいいなぁと思います。
そうそう、スキーウェアや長靴も貸しました。
やはりレンタル料は取るべきか。

みんなが楽しかったらそれでいいね。


posted by kyouei at 19:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転入者

昨夜は自治区の新年会でした。
子どもも含め参加60名くらい、かなり高い出席率です。
どこにこんなにいたの?といつも思います。

直近1年の転入者の紹介がありました。
前に5人出て、群馬2人、鹿児島1人、神奈川1人、もう1人は道内?
北海道の田舎は移住率高いです。

私は地域の人で、顔と名前が一致する人は少ないけど、
向こうはたいてい知っているんだろうな。
「○○さんの奥さん」という括りだろうけど。


学校便り(朱鞠内小学校)に、○HKの放送のお知らせが載ってました。
2月9日(木)12:20〜だそうです。
漁協スタッフ全員で対応するとかで、当日私はお留守番に行くことになりました。
平日でもお客さんは来ますからね。




posted by kyouei at 06:17| Comment(2) | 移住 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月26日

植物ブログ

半年振り?もっとかな? 再開しました。

私は1年を夏と冬に分けてます。
夏は雪がない時期、春〜秋のこと。
冬は雪のある時期、言葉どおりの冬だけど、これが半年も続くんだな。

夏は庭いじりと植物の世話でずっと忙しい。花の写真は撮るので精一杯。
冬は種まき・育苗をするとはいえ、芽なんかなかなか出てこないので、比較的時間の余裕がある。
だから、種を貰ったー、蒔いたー、なんか咲いたーってのを、後からじっくり調べたり、もっときれいに咲かすには?と考える時間になる。

だいたい、次から次へと買ったり貰ったりして種を蒔くので(おまけに苗も相当買うし)、自分のとこに何があるのか把握しきれてない。
名称不明のもずいぶんあるし、和名と学名と英名と商品名(流通名)などが入り乱れている。
それらを一目で見渡せる図鑑的なものを目指してるのが、「草仲間」のブログなんだけど、
デジカメから写真を探してアップロードして、名前を調べるだけでもえらい時間がかかる。
それを科ごと、できれば属名ごとに分けたいんだな。

だから、例外もあるけど、ブログに載せるのは基本的に多年草にしてる。
買って来たばかりの花は載せない、一冬越してウチの庭に居ついてくれたものがメイン。
まあ、数年で消えてしまうものもあるけどね。
でも、ここでの冬を越せるものは、種を採ったり挿し木したりして、そのうち自然に増えてくれるまでにしたい。

あと、ブログにアップする利点は、編集のしやすさとデータを保存できるから。
デジカメもパソコンもやがて壊れるもの、ブログサービスも永遠ではないだろうけど、それらの寿命より長いと思うよ。

そんな理由でこれからほぼ?毎日、ブログ更新続けます。
正式名を調べながら、いろいろ寄り道するのも楽しいのさ。
posted by kyouei at 22:10| Comment(2) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中継

また全国放送されるらしいです。ワカサギ釣り。
今月下旬が朝の番組、来月上旬が昼の番組。

TVといえば、母子里(もしり)で最低気温を記録した時の放送、沖縄(石垣)で見てました。
はい、大昔の出来事です。
あまりの寒さにビンの中身まで凍るので、凍って割れたら困るものを冷蔵庫に入れるとか、
玄関が凍り付いて開かなくなるとかいうのが記憶に残ってます。

その頃はまさか、そこと同じ町内に住むことになるなんて、夢にも思ってなかった。
北海道はすでに何度か行ってたけど、北海道に住むことも想定外だった。

でも何度も本州と北海道を往復していたら、一度は内地の某所を終の棲家と決めたけど、
北海道の空気忘れられず・・・の口です。


道外の人間にとって朱鞠内(しゅまりない)はまだまだマイナーな場所です。
キャンプ場にいた時も「初めて来たけど想像以上にいいところね。」とよく言われました。
初めて来る気になったきっかけは、口コミらしいです。
ネットでみんながブログに書いてくれるので、気になる場所としてインプットされるのでしょう。

まあ、遊びに行くにはいいけど、とても住む気になれないというのが大方の意見でしょうね。
けど、それでも住んでる私たち・・・以外にも何組もいます。

中継に登場する人物は、ほぼそんな人たち。
だって面白い場所ですもん。マイナーなことを誇りに思い、デメリットをメリットに感じる。
好きなことがここにあるから、最高の場所なんです。




posted by kyouei at 09:24| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月25日

マイカー

お値段の割りに快調だった軽トラが最近調子が悪い。
先日も猫エサを買出しに行った夫が、「悲惨な目に遭った」と帰宅予定をだいぶ過ぎて戻ってきた。
今日は休みなので名寄のディーラーまで持っていく予定だけど、途中で止まってしまう可能性大なので、私は行かない。

修理代いくらかかるかなぁ?5桁を超えたら出せないよ。そもそも今日中に直るかも不明。代車がないそうなので、最悪バスで帰ってくるかもしれない。
予算内で修理できなかったら・・・買い換える余裕はないぞ。


息子が長期海外赴任になるかもしれない。
夫が「やつの車を貸してくれないかな?」なんて言う。
「税金・車検代やつ持ちで。」まぁ、無理でしょね。
息子の車は、ウチの軽トラ10台分(以上?)だから、ケチとかいう問題じゃない。
もしも借りられても、恐れ多くてわたしゃ乗り回せないよ。

あまりかからないで直ってくれるといいけどなぁ。

posted by kyouei at 08:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月20日

ラブコール

もう何日にも前から、チビコロ母さんがしきりにクロちゃんにモーションかけてます。
でも、他の猫が嫌いで一匹狼を装ってるクロちゃんは、チビコロが近づくと「ウウー」って唸って追い払います。

それにもめげずチビコロは何度も何度もクロちゃんに付きまといます。
まるでストーカーのように。

クロちゃんのどこがいいのでしょう?
他にチロリンもいます。
チャイロクンもいます。
みーんな「オトコ」ではないけれど。
posted by kyouei at 14:43| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月19日

モニター

とあるモニターにまた応募しました。
報酬は些細です。
まあ、私が面白そうと思ったからで、今が暇だからでしょう。
応募したからといって採用されるとも限らないし、
こういうのは、「運」と「縁」だと思ってますから、ダメならダメでいいのです。

モニターといえば消費者モニターを昔やってました。
あれは報酬を実際に費やした時間で割ると、とてもいい時給になるのですが、
実店舗に足を運ぶのが億劫で、いつも重たい宿題を抱えているようでした。
あんなのは二度とやりたくないなぁ。

研修とかいうのも実は好きだったり、ボランティアも植物関連なら自分の勉強を兼ねられていいと思うのですが、積極的に探すほどじゃないし、頼まれて「うん」という性格でもありません。
社交的じゃありませんね。完璧に。

いろんな「時期」があるんですね。いろんな季節があるように。




posted by kyouei at 07:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月17日

息子のものは

私のもの?

2階の奥の部屋は、息子の部屋・・・ではない。
息子の物を置かしてやってる部屋なのだ。
やつは中学を出てからずっと寮住まい、高専寮→大学寮→会社寮と10年くらい寮暮らし。
しかも会社は転勤がある。今のとこで3ヶ所目。

やつは年に1〜2度しか帰ってこない。
そして年に数度「オレの部屋にある○○を送って」とか「○○を送るからオレの部屋に置いといて」と電話が来る。
やつの部屋は男性のゲストルームでもある。
この部屋に出入りするのは、人や物の動きがあった時くらいで、シーツを変えたりちょこっと掃除機をかけたりするくらいだ。


息子が買った充電式の掃除機は、今まで使わないでいた。私が買ったやつの3倍くらいするハンディタイプ。それでカメムシを吸ったら悪いかなと思ってたから。

でも、先日見たらカメムシがたくさん入ってた。前回(昨春)来た時に吸ったんだろう。なぁ〜んだ吸ってもいいんだ。そう思ったら遠慮なく使っちゃおう。


前月の電気代は高かった。前々月に使用した分・・・ああ、カメムシを吸うのに毎日毎日何時間も掃除機を振り回してたな。
今はカメムシも落ち着いてる。掃除機を使うのはちょっと、あとはガムテープで足りる。
最近息子の掃除機も階下に下ろして使ってる。食事の準備中に目に付いたやつを吸うのに便利だ。
充電は夜すればいいし。


そういえばこの前、息子の部屋を掃除してた時、私が誕生日(かクリスマス)にあげた小銭入れが出てきた。
サインペンで住所と名前が書いてあったから、小学生の頃のだろう。なんかジーンとした。


posted by kyouei at 15:39| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月16日

真冬日続く

晴れているのに、雪が解けて水になることがありません。一滴も、です
だからツララも出来ません。ツララ=暖かい ことの証しです。
いくらサラッと軽い雪でも、次々降ったらどんどん締まってきます。
ここは降雪がとても多くて気温もとても低いというダブルパンチの場所だから、
日本で一番雪解けが遅い(年もある)のです。

久々に休みの夫は朝からずっと、途中用事で外出と昼ご飯を食べた以外は、
「時間がもったいない」と言って、休憩もろくにせず、びっちり除雪をしています。
1年中こうなら「働き者」のレッテルが貼られるのですが・・・。

私は家でごろごろ・・・こんなんでいいのか?
いいのです。怠け者のレッテルがベタベタ貼られてます。

4時なのに空が明るい!
つい先日まで4時にはもう暗かったから、大寒はまだだけど、気分はすっかり春に向かっている。

4時半でも明るいよ。ひゃっほーだね。


posted by kyouei at 16:38| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月15日

早起き

5時起床2日目です。
せっかく早く起きたのだからと、精米機と洗濯機を回しています。

いやあ、昨日は二度寝しちゃいました。しかもたっぷりと。9時だか10時に起きたのは久々です。

米は毎年、玄米で1年分を買って数回分をつど精米します。1回5合、一度に炊く量ずつ小袋に入れてます。
最近は夫が仕事と除雪でびっちり忙しいので、すっかり私の仕事になりましたが、少し前までは夫の分担でした。精米した米がなくなると私は麺類や粉物を主食にしますが、夫はご飯大好きなので仕方なく・・・というパターンでした。
1回の精米に5分以上かかります。何度も連続してやってはいけません。ある朝夫が米びつにたっぷり精米してくれて、次に動かそうとした時うんともすんともいわなくなりました。モーターが焼けてしまったのです。修理代1万くらいかかりました。痛かった。

5合の米は3食分です。朝はほとんど食べないので、昼・夜・翌昼、夜・翌昼・夜 という感じで1日半ごとに炊いてました。けど、早出の日は弁当の他におにぎりを持っていくので、そのパターンが早まります。

外食はほとんどしませんねぇ。するところが無いというのが理由ですけど、一番効果的な節約は外食をやめることだと思います。でも、街に住んでたら私も無理です。今日は疲れたからとか、今日は○○記念日だからとか、いくらでも理由をつけて楽に流されます。だからホント、コンビニさえも無くて良いのです。

昨夜たっぷり寝たので、今朝は二度寝をしないで済みそうです。でも、昼寝もしないという自信はありません。


posted by kyouei at 06:41| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月14日

福袋

へぇ、こんなものまで福袋があるんだ。
ご案内メールが届いた時、びっくりしちゃいました。
面白そうなんで買ってみました。
それが昨日届いたよ。

それは、高山植物マニアック3000円コースというものでした。
他にも5000円とか10000円コースもあったけど、それはさすがに買えなかった。
高山植物は、やはりとても環境を選ぶようで、育てるのが難しい。
たいていの高いもの=難しい=いつの間にかというより、あっという間に消える。
けど、そんな高値(高根)の花だからこそ、育てたいのよね。
自生地へはとてもとても行けないし。

実際に育てている人がいるんだから、不可能じゃないんだよ。
何か、栽培のコツがあるんだよ。
それを知るには10年早いという段階だけど、
失敗を繰り返さなければ上達はないのでしょう。

植物栽培に関してはまだ駆け出しの域だから、失敗も多いけど、手ごたえもあります。
前年ダメだったものが、今年はうまく育った、みたいな。
逆に1年目はまぐれでうまくいったけど、2年目3年目はダメっていうのもあります。
その年の気候によって左右されるうちは、未熟者なんでしょう。

探究心はあるほうだと思います。
それをとったら何も残らないかも・・・笑。

高山植物の写真を見て、うっとりとため息をつくのは、今に始まったことじゃありません。
それは遠い昔からのことなので、こうなったのは必然の結果なんでしょう。
すっごく遠回りをしたけれど、晩年になってこんな楽しみに出会えるなんて、
人生捨てたもんじゃないと思うのです。
捨てようと思ったこと、無きにしもあらず、なのでね。

posted by kyouei at 11:37| Comment(0) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月13日

お弁当

ここ数ヶ月、夫は昼を食べに自宅に戻ってた。
職場まで6km6分。仕事の内容にもよるけど田舎ではこういうパターンが結構多い。

子どもが小さい頃は、○○ちゃんのお母さんち(今で言うママ友?)に朝仕事を終えたら遊びに行って、11時半頃になると「お昼の支度しなくちゃ〜」と解散になるのが暗黙の了解だった。

コンビニも無ければ弁当屋も無い。食堂は市街地でさえ3つ、薄給には辛いし何度も行けば飽きる。
子どもが小さかった頃って朝は眠いんだよね。その朝に頑張って弁当作れば、昼間が楽になると知りつつ、滅多に起きれなかったなぁ〜。


明日からいよいよ朱鞠内湖のワカサギ釣りが始まる。これは完璧な客商売。昼食の時間はお客さん次第であり、食事中でも客の要望があればスノーモービルでポイントまで送迎したり、電話や窓口での対応をしたりする。お昼に自宅に戻って休憩なんてやってる暇はないのだ。
だから必然的に弁当持参となる。土日祭日だけ営業する蕎麦屋さんが管理棟内に入るから、その日だけはいざとなったら頼れる。でも平日は食べる場所なんてどこにもない。

まあ、平日は厨房を使えるし電子レンジがあるから、完全な弁当じゃなくても取り合えず食べられるもの、食料を持参すればどうにかなるというのがありがたいんだけど、料理が出来ない夫は電子レンジで暖めるのが精一杯だ。
それでも、カレーとご飯なんかもアリだし、内容にうるさくないから前日の残り物を詰めることも多い。

ワカサギ解禁期間の3月末まで、ちょい長い弁当月間が今年も始まるんだ〜と、のん気に思い出に浸ってふと気がついてしまった。
そういえば朝が・・・朝が早いんだった。
6時出勤(=5時半に家を出る)がけっこうあった!
夜更かしした日は絶対起きれないから、真夜中に弁当作っていたっけ。朝食代わりのお結びも作っていたっけ。

私の不規則生活の始まりでもあるんだな〜。


写真は全然関係ないけど スカビオサ
P1090211.JPG


posted by kyouei at 09:36| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月12日

種や苗

今年もいろいろ買い続けてます、蒔き続けてます。
私の唯一の贅沢です。これ以外は何でも我慢できます。

育てたいと思ってる植物の基本は、庭で越冬してくれる耐寒性が強い植物です。
耐寒性では、高山植物系が一番安心なのですが、園芸植物や1年草も育てます。

1年草は冬を越さないので耐寒性にはこだわりませんが、霜の心配をしなくていい時期が3〜4ヶ月と短く、夏の気温もあまりあがらないので、南方原産の植物は育ちが悪い。下手したら花を見る前に冬が来る。なので、よほどのもの以外は諦めることにした。多少の霜なら大丈夫という半耐寒性が限度だね。

外で冬を越せないものは、鉢植えにして2階に取り込んでるけど、2階は暖房無しだから氷点下近く下がることもあり、日照時間の少なさもあってダメになってしまうのも多い。そして本来は多年草だけど、便宜上1年草として育てるってのも心苦しくて嫌だ。


園芸種、これは集めだしたらきりがないんだけど、最近は海外の種子が面白い。
今はインターネットですぐ調べられるから、学名が分かればどこの原産でどんな花かもたいていわかるり、耐寒性のチェックも出来る。
この耐寒性ってのがとても重要で、今まで越冬を失敗してきた植物が、私の育て方が悪いせいか、それとも元々ここで育てようとするのが無理だったのかの判断材料になる。
耐寒性が危ういと気付かずに、購入・入手してしまった種子や苗は、せめて花を見るまで鉢で育てよう。耐寒実験は苗を増やしてからにしよう。

こう考えると1サイクルが結構長く、どうしようかな?と悩んだ種子は、やっぱり「買っちゃえ〜」となる。苗で簡単に入手できないものはなおさらにね。

ところで、苗は海外から買えないんですよ。知ってました?
球根や土を完璧に落とした根っこだけなら可能なようですが、私がそれを知ったのは最近です。
だから余計に種子から育てることに力が入る。素敵だなぁと思った新品種は、国内ではあまり出回らないしお値段も高く、なおかつ売り切れが多いのよね。もちろん種子も出回ってない。
もっとも一度手に入れたら、増やすのが得意な方も多いからパテントで防御しててもやがて値下がりはするのでしょう。

だから、新品種を追いかけるのはほどほどにして、海外では案外普通だけど国内では珍しいものなんかを探すの。北海道の気候ってやっぱり「日本」じゃないと思うのよ。この寒さ、雪の多さを生かして、他とは違う庭造り、それを考えるのが楽しいんだわ。
posted by kyouei at 09:55| Comment(4) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月10日

風呂ポンプ

エコな暮らしは余裕がないと出来ない。意志が弱い私だから。

引っ越した当時はあれこれ理想に燃えていた。水道代や電気代を節約して、つつましく美しい生き方をする積りだった。しかし、それが怠惰なほうへ流れていくのはあっという間だった。

風呂の残り湯を洗濯に利用するのは、手っ取り早いエコへの道だと思ってたので、引っ越しに伴うあれこれを買った時に風呂ポンプも買った。これは以前も使ったことがあって、前のは壊れたんじゃなかったかな。

この家では風呂の浴槽と洗濯機を置く場所が離れている。一番長い5mのホースでやっと届く距離だ。しかもウチの洗濯機は風呂ポンプを固定できないから、お湯を入れ終わるまで手で押さえてないとならない。
そしてコンセントの位置がまた使いづらい場所で洗濯機から離れている。ホースを押さえていたらスイッチを入れられない。
めんどくさーとなって、数回(1回かも?)使ったきりでポンプは洗面所で忘れ去られていた。

最近ちょっと時間的余裕が出来てきたので、再び残り湯を洗濯に使う気になった。
バケツで汲んで入れたけど、周りをびしょびしょにして何回も往復するうちに馬鹿らしくなった。
やっぱり風呂ポンプだ。今日は延長コードを引っ張り出し、洗濯機の近くにスィッチを置いた。これ、固定できたらいいんだけど、今のところ妙案が浮かばない。

とりあえず洗濯の分だけお湯を確保して、11時からの深夜料金になったら洗濯を始めよう。風呂ポンプのホースは適当に丸めたけど、なんかきれいに収まらない。5mって長すぎだよ。

あー洗面台をぶち壊して、そこに洗濯機を置きたい。いつかいつか、変えるぞぅ。

posted by kyouei at 22:40| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

開かずの間

1階寝室の北向かいに6畳の部屋がある。
中は引っ越してきた当時に見たきりで、一部床が抜けて畳が落ちていた。
いつか直そうと思いながらも当分使う予定が無いので、ドアを閉め切りにし前に本箱を置いていた。

ドアはゆがんできっちり閉まらないので、小さな板で押さえドアに布を張り隙間風を防いでいた。

昨日は本箱の本を整理した。
玄関で使ってたスチール本棚を教室に持っていったので、そっちに並べたのだ。
が、子どもたちのアルバムだけは茶の間に持ってきた。

このアルバムのいくつかを去年だったか娘と見ていたら、中からたくさんのカメムシが出てきて、とても驚いた。
開かずの間に入り込んだやつが、少しでも暖かいところを求めてドアの隙間から出てきて、アルバムに潜り込んだのだろう。
前例があるので昨日は1冊ずつ箱から出して念入りにチェックした。
1匹も入ってないのもあったけど、ごっちゃりいたのもあり、ああ、やはり・・・と思った。
これから毎年定期的にチェックしよう。

開かずの間の使い道はまだ決まっていない。猫専用の部屋にしようかとも思ったけど、あんな寒い部屋は猫も寄り付かないだろうな。
空き部屋があると、すぐ倉庫にと思うが、今は教室も車庫も2階の和室もどこでも倉庫だ、場所はいくらでもある、片付ける人がいないだけで。

本箱の中を空にした時、久しぶりに部屋の中を覗こうとしてやめた。なんか怖い。笑

これ以上カメムシが出てこないようにマスキングテープをぐるりとドアの周囲に張った。隙間風もいくぶん防げるだろう。

この建物にはもっと不思議な、完全版開かずの間があるんだよ。そこはどこからも入れないの。
何に使ってたんだろう?謎だー。


うはぁ・・・・・、また仔猫がネズミンを咥えてきたー。orz

posted by kyouei at 10:36| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月08日

費用対効果

便利な生活にはお金がかかる。
快適な暮らしはもっとかかる。

夫が寒い戸外で働くことが多くなるこれからの時期、帰ってくる家は常に暖かくありたい。
何でもかんでも我慢するのがいい、節約は美徳だとは考えていない。
限られた収入の中でいかに暮らせば効率がいいかを考える。
1つの数字を見るんじゃなくて全体を見る。

それでも電気代が1万を超えると「ちょっと待てよ」となる。


昨日は気温が0℃前後まで上がり、日も出たのでさっそくスポットヒーターの試運転をした。

夫が屋根雪降ろしで一番苦手なのが、他よりちょっとだけ屋根が高い住宅部分。
校舎のほうは1階だけど床下も天井も高く、住宅は2階だけど床下は無く天井も低い。
なので、屋根の高さはちょっとしか変わらない。
でも、元々高所恐怖症の夫にはそのちょっとが大違いなんだそうな。

住宅部分は一日中ストーブを点けているので、他より屋根の雪が落ちやすい。
といっても連日氷点下で大雪が続いたら、屋根雪はしっかり固まって、
1枚の岩のようになってしまうので、簡単には落ちない。
年末には半分ほど人力で降ろし、残り半分を暖かめの日にストーブの火力を強くすることで落としたが、
これを何度も繰り返さねば春は来ない。

階下で焚くストーブは、必要以上に他の部屋を暖め、階段を上がる暖気はわずかなものになる。
だから効率的に2階でガンガン燃やしたいのだ。
天井裏から屋根を暖め、屋根と雪との接点を解かせば、雪は自重で落ちてくるはずなのだ。

スポットヒーターはジェットヒーターを小型にした感じで、説明書には前方2.5m、周囲は2m以上離せと書かれている。
まずは様子見を兼ねて、物が少ない校舎のほうで初運転をしたのだ。

ちなみに仕様はタンク容量10リットル、燃焼持続時間10時間となっている。1時間1リットルの灯油、灯油価格は・・・いくらだったっけ?
熱出力は8.6Kw(7420kcal/h)、茶の間のストーブを最大メモリで燃やしたのよりちょっと強い程度のようだ。


昼に帰った夫が設置して点火していった。
「時々様子を見て」と言い残して午後の仕事に出たので、見に行った。
場所が広いせいもあり、何だか弱々しく頼りない。室温もさほど上がってない。
購入金額(29,800円)や、2階へ上げる大きさ重さ(タンク空時12.8kg)なども考慮すればこれが限界なんだから仕方ないけど。
それにあまり強力だと2階で使うのは怖い。火事になっては元も子もないしねぇ。

足りない分を補おうと薪ストーブを燃やした。この部屋には古い薪ストーブがある。ただし、ストーブの鉄板が脆くなって穴も開いているので、こちらもガンガン燃やせない。

まあ、試運転だもんね。

外気温0℃、教室の温度計は10℃、屋根雪はびくともしませんでしたね。

これから、外気温、日照、屋根雪の切り具合(←落ちやすくするために天を切る)など、どんな条件の時に成功するか、これも費用対効果を考え、しっかり見定めていきたい。
posted by kyouei at 09:42| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月06日

かくれんぼ

隠れているのは、カメ・・くん。

今日は下駄箱をやりました。
玄関の幅120cmの、前の人が置いていってくれたものです。
靴や長靴が入っている棚にはほとんどいませんでした。
でもね、傘立ての下にあるしずく受けの皿の下に、はい、かたまって隠れてました。
見ぃつけた〜♪って、掃除機でまとめて吸い取ります。
最近これが快感になってます。笑

この下駄箱は20cmくらいの脚付きなので、動かさなくても大丈夫なようです。
ほとんどいるのは床やら箱などに接した部分が多いので。
敵がどんな所に隠れるか、だいたいパターンが解ってきました。
けど、解っているけど、簡単にどかせないものが今後の課題です。

円周1m高さ150cmほどある温水器のタンクとか、
備え付けに近い洗面台とか、
流し台やガス台の裏なんかにも潜んでいそうなんだな。

いずれこれらは撤去するか、床に置かない形のものに替えていく予定です。


今はこのようにほとんどが冬眠してるので、茶の間の電灯に寄ってくるのは「たった」数十匹です。
10匹くらい目に付いたら掃除機で吸って、あとはガムテープで捕獲してます。
まあ、これくらいが普通の人が「多い」って言う程度だと思います。

けど、こういう極端な生活って案外好きだったりします。
逆境になると燃えるタイプっていうか・・・。
まあ、一生かけても勝てる相手じゃないのは分かってますよ。

カメを追ってちまちま動いたり、力無しのくせにどうしてあんな重い家具動かせたの?ってことしたり、
どうしたらもっと防げるかを考えて、カメの生態をじっと観察したり・・・、
これはこれで結構面白いものですよん。

シンプルに掃除(退治)しやすい家にするのが一番なんですね。




posted by kyouei at 23:57| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月05日

いろいろ

新年早々ちょっとへこむことがありました。実際に凹みました、とあるものがね。

でも、人生、いいことばかりじゃないのは普通のことだと思います。
むしろ当事者にとって良くない事もあるから、日々の平穏な生活をありがたく感じる。
もっと最悪な事態を想像すれば、目の前の小さな不幸は些細なことと思えます。

そう考えると不幸より幸せのほうが格段に多くなります。
この幸せを維持する努力が不足してないか、わが身を顧みることが肝心と思われます。

最近なるほどなぁと思った言葉があります。
「人は自分のためには頑張れない。」
では、誰の、何のためになら頑張れるのでしょうか?

答えはさまざまでしょう。

頑張れる対象が多いほど、より大きな幸せが来る気がします。
今年一年が良い年になるよう、私も頑張れる相手の範囲を少し広げます。



posted by kyouei at 10:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月02日

おとしだま

では、ありませんよー。

まだお片づけを続けています。
そう、大掃除じゃなくお片づけなんです。

北海道に越してきてから四半世紀以上経ちました。
当時3歳の長女と0歳の息子を連れてきたのですが、あの頃は確か2トントラックをレンタルして、それに積めるだけしか家財道具がなかったのです。夫の父親と同居してましたから、要らないものはみんな置いてきて・・・というか、自分たちの物ってほとんどなかったのです。

その後2回引っ越しをして、今の前に住んでいた3LDKの公営住宅に20年以上住みました。
その間に家族がさらに2人増えて、子どものものを始め、物はどんどん増えていきました。
そして今回の引っ越し時は物を処分する時間が無く、距離が近く置く場所があるということもあって、ゴミから何から全部運び入れてしまったのです。それどころか、二重生活の時期もあったから、さらに増えてましたね。

当初はすぐ片付けるつもりが、ここの生活が楽しくて、夏(雪が無い時期)は、庭が忙しいから出来ないー。冬は寒いからやりたくないーで、何年も経ちました。

やっと最近になって落ち着いてきて、たまりにたまった宿題の1ページをやり始めた、そんな感じなのです。
もう、気分は老後ですからね。これは一生使わないというものも分かり始めてきました。二度とお勤めに出ることも無いだろうから、通勤用のスカートなんかも処分します。でも、もしもの時のために1、2枚は残しますが・・・。笑


さて、今日も2階の部屋を整理してました。
来客があるたびに茶の間のごちゃごちゃした物を、大きなプラスチックケースに詰め込んで「えいっ」と、2階へ上げてました。そのケースの中から、えへへ、万札見つけちゃったー。さらに千円札も何枚か。やったねぇ〜。時期的にお年玉を貰った気分。

元は自分のお金なのに、存在を忘れていたお金を見つけて喜んでいるお馬鹿さんです。

へそくりという訳じゃないけど、ちょっとそこらに、というのがままあるのです。

だから子ども達に遺言しておきましょう。母さんが死んだら荷物を片付けにきてね。往復の旅費以上の発見があるかもよ。


posted by kyouei at 11:53| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月01日

ねがい

あけました。
年賀状を書かなくても、大掃除をしなくても、おせち料理を作らなくても新年はやってきます。
おめでとう・・・と、言える年か? それは言えない。
年末行事のほとんどを「しない」方針にしたのに、年越し蕎麦は食べました。
蕎麦の産地だから?
いえ、みどりのたぬきです。夫と半分ずつ。

「願えば叶う」という言葉が好きです。
私なんか願い事だらけ。
不思議と叶うことが多いです。小さな願い事ばかりだからかもしれません。


山の中でひっそり、今年も植物相手に生きていきたいです。
仕事は、要請があれば去年と同じペース(シーズン中に週2日程度)かそれ以下にし、
なるべく若い人に働く場は譲りたいです。

今年新たにやりたいことは雌阿寒岳に登ること。
頂きまで行けなくても登山口に立ちたいと思います。

あとは・・・思いつかない。
願い事は、欲張ってはいけないんだよ。

あれ?矛盾してるな。人間は矛盾する生き物だって、誰か言ってたかな。

多くを望まなければ幸せになれるという説もあります。
今生きていること自体が奇跡だと思えば、私は最高に幸せな人になります。
幸せの感度なんて相対的なものだから、失意の底にいた頃と比べればいいのです。

単純なのか複雑なのか、計算してるのか天然なのか、そのどちらでありどちらでもない?

ありのままではありませんが、こんな調子で今年も綴っていきたいと思います。
posted by kyouei at 07:27| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。