2011年11月29日

ライフライン

空気のようにあるのが当たり前になってるけど、一番重要なのはどれだろう?

最近、水の出が悪いとは思ってた。
ウチは裏に井戸があってそれをポンプで汲み上げている。
蛇口をひねれば普通に水やお湯がでるから、井戸水だなんて飲まなければ分からない。
金気(かなけ)が強いので飲食にはブリタ(浄水器)を使ってる。

それは娘(&孫)が来る前から感じてた。
けれど季節的なものかな?いずれ戻るかな?と、楽観してた。
ほんとに困るまで騒がないのが私流(わたしりゅう)だ。笑

さてさて、水流は元に戻るどころか日に日に細くなり、具体的な数字をあげるなら、
風呂の水をためるのに2時間近くかかるようになった。
それでも、今は暇だから、それなら2時間早く風呂水を入れ始めればいいだけのこと。

なぁ〜んて言ってられたのは、細々とでも出てた時までで、
ついにピタッと出なくなってからはさずがに焦ったよ。


台所の壁には秘密の場所に繋がる謎のドアがある。
そこはいつも布で隠されてドアの存在自体が忘れられている。
ああ、ついにこのドアを開ける時が来た。

って、このドアは家の西側にくっついてる丘室(おかむろ)への入り口。
中は3〜4畳くらいのスペースがあるけれど、かなり不気味なので私は一度覗いたきりだ。
その空っぽの室(むろ)に、今は井戸のポンプだけが鎮座している。

水が出なくなった=ポンプが止まったこと、なんだけど、原因が分からない。
ポンプのコンセントを抜いて差したら一時的に動く。
けど、すぐ止まる。何度か繰り返してたら、それさえも動かなくなった。

さーて、赤子のいる生活に水無しは厳しい。
いや、大人だけだって、水がなければ何も出来ない。
煮炊きだけじゃなく今の世はトイレだって出来ないものね。

「コンセントを差した時に火花が飛んだ、これは絶対電気系統の故障に違いない。」
そう踏んだ夫は、電気屋に電話をかけた。
が、A電器店は2日後しか来れないと言う。水無しの2日間は辛い。
で、別の電機やさんに電話をかけて、そこは今日の昼に来てくれることになったけど、
「昼には戻る」と言い残して仕事に行った夫からまもなく電話が来た。
職場のNさんが詳しいから見てくれるので「B電機は断って」と。

昼をだいぶ過ぎてからNさんより先に戻ってきた夫、彼が作業しやすいように段取りを整えついでに、朝、前に住んでた人に電話で教えてもらったことをやり始めた。
何でも赤いスイッチがあってそれを押してみるだとか、まんじゅうのような形の場所にあるフィルターだかなんかがどうたらこうたら・・・。これは意外で耳寄りな情報だった。

B電機との会話の時にポンプがもうダメなんじゃないかと言われて、私は買い替えを覚悟した。
ネットで調べたら同じものが10万以下で買える。痛い出費だけど仕方ないかと。
けれど娘はさらに調べて、ポンプの異常を見極めるランプのページを見つけ出した。
赤とオレンジのランプが点灯してたら何とか、点滅してたらなんたらとかいうやつで、どれかに該当するけど、その理由がまた7つくらいある。
それでもフィルターが詰まってる確率が高そうなので、夫は「開かない、バールでこじあけても壊れないかな?」と奮闘した結果、世にも恐ろしいもの(笑)を、室の中から出してきた。

水垢やら錆やら得体の知れない「何か」で、原型をとどめてないそれを、棒(箸)や歯ブラシを使いきれいにしてくれた夫・・・感謝します。
今度はうまくいきそうだ、はいうまくいきました。蛇口から力強くでる水流を眺め、夫を褒めちぎりました。
ほめてほめて・・・必要に迫られながら人は学ぶのね。

そして、豊富に出る水と、頑張ってくれた夫に感謝するのであった。

パッパラッパパ〜 夫はレベルが1上がった。


posted by kyouei at 21:41| Comment(3) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月22日

ベビと留守番

孫は生後6ヶ月。
母さんと里帰り中。
もう部屋中ずりずりと動き回るので目が離せなくなってきた。

ベビが向かうところ敵なし、猫だって逃げていく。
いや、逃げない猫もいる。ベビにつかまれても平然としてる。
赤ちゃんと猫は共存できるみたいだ。

猫はいいけどストーブが危ない。
コードが好きでかじるのでこれも危ない。
チラシも好きで、食べてしまう。
赤ちゃん仕様になってないババの家は危ないものだらけなのだ。

このベビちん、2日続けて夜中に大泣きをした。
娘は鼻が詰まってるからじゃないか?と。
鼻水吸引器を持って来れば良かった、買いに行きたい。
というわけで、先ほど名寄まで夫と一緒に買い物に出かけた。

こういうとき、定員2名の軽トラは不便だね。
まあ、数時間なら、見てるだけなら、大丈夫か? 




娘が出かけて3時間経ちました。
離乳食をやって、今まで避けてきたウンチおしめも換えて、
泣いてあやして昼寝させてとフルコースです。

そろそろ帰るか?まだまだか?
posted by kyouei at 15:47| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月19日

リフォーム以前

タダで貰った家なんだから、いろいろ問題があるのは承知の上です。
初めから聞いていた問題にどう対処しようか、考えるだけで5年が経ちました。
その場しのぎでも、どうにか暮らせるもんです。神経もどんどん太くなります。

それでももうちょっと快適に、を考え始める頃になりました。
最小限のコストで、どうにかそこそこの生活を目指してます。

が、まだその「最小限のコスト」が貯まりません。
積極的に稼ぎに行かないし、徹底的な節約もしてませんからねぇ。
ちょっとの我慢ならいくらでも出来る。
家を改造するより自分を改造するほうが安上がり・・・なんちゃって。

昨日は玄関のガラス部分に、中からプラダンなるものを張ってみました。
去年立てかけて置いたら、防寒効果があったような気がしたの。
1枚250円くらい、手が届く安さです。

ウチの最大の問題点はカメムシと猫です。
カメムシの侵入を阻止するのは、わが家の資金力では完全に無理です。
なので、100歩譲って、侵入最盛期(約1ヶ月)のまともな生活は諦めることにしました。

冬の間も冬眠から覚めたやつがぼちぼち出てきます。
それらをいかに減らすかが今の課題です。

猫は現在9匹、運動会が始まったらさあ大変。
下痢する猫、吐きやすいやつ、いつまでもなじめないやつ・・・。


ここで突然末っ子の帰省連絡。
さあ、掃除の続きでもしよう。


posted by kyouei at 10:32| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月18日

おっきい缶詰

昨日買い物に行きました。隣街です、士別です。
わが家は月に1〜2度の割で猫エサや猫砂を買います。
まとめ買いなので、ダンナ運転のダンナ運搬です。
そのついでに買い物を少々。
基本、生協に頼ってるので、買いたいものはそれまで我慢しメモっておきます。

猫エサは一番安いドライフードばかりです。
それでも以前計算したら、一ヶ月1匹1000円くらいかかる。
今ならかける9・・・。猫は必須なので必要経費です。

最近ちょこっと猫缶も買います。
缶詰はご馳走を振舞う気分であげます。
これも安物ばかりだけど、ウチの猫は大喜び。

その缶詰3つ分くらいの大きなの発見。多頭飼い用でしょうか?
高さ20cm近くあります。178円。
珍しがって夫が買いました。
帰ってさっそく夫が9等分、あっという間に食べ尽くされました。

その夜・・・

食器棚の裏(事情があって40cmくらい空いている)で何かが暴れてる。
もう私は、何を落とされても壊されても何が出てきても動じなくなってきてるけど、
これは異常事態発生を知らせる大暴れぶり。

さすがに何事かと見に行きました。
そこで必死に飛び上がったり、そこらじゅうにぶつかって狂ったような動きをしてたのは・・・

ちび茶色。

なんとすっぽり、頭に大きな缶をかぶってる。
こりゃやばい。
大きいって言ったって高さだけ、口径は普通の缶並みだからね。

猫の動きがやんだ時、缶を持ってそーっと上に引っ張りあげた。
まったくぴったりサイズだから簡単には抜けない。
お顔を傷つけないようゆっくりゆっくり。

うまくスポンと抜けたから良かったけど・・・。
まったく何をしでかすやら。

ロング缶には注意しましょう。もう買わない・・・かも。

posted by kyouei at 07:00| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月16日

買っちゃった

今買わなければ1年後、球根は苗と違って販売時期が限られている。
他は売り切れ、残るは1店舗。
来年の秋まで待てるか?
答えはNOだった。

送料は1160円、宅急便で来るからねぇ。仕方ない。

んで、ついでにと「いいな」と思った球根をいくつかポチポチ。
私の日給に近い(といっても、もう働いてないけど)合計金額を見て、
それだけの価値があるかな? んー、あるっ! 笑

積もった雪、一度解けないかな?
去年やった室内管理の鉢植えは、いまいち成績が悪かったので、
やはり地面に植えたい。
雪、とーけーろー。
posted by kyouei at 06:51| Comment(2) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月15日

送料

ネットで欲しかった球根を見つけた。
4〜5球で500〜600円、お値段も手頃。
検索しまくったけど、今、買える所は2ヶ所しかない。

けどねー、送料が1000円以上するんだ。
球根1つの単価100円ちょいが一気に300円以上になる。

うーん、せめて単価を下げるため、他に欲しいのはないかとショップ内をくまなく見るも、
候補が2〜3はあるけど、決定打がない。

今買わなければ来年かぁ・・・来年見つかるとも限らないしなぁ・・・。

関東への送料も750円(だったかな?それくらい)だから、代理購入してもらうメリットもないし、
僻地に住んでたら、送料は必要経費と理解しつつもふんぎれない。

この雪がやんで、根雪にならず再び地面が出てきたら、
それまで売り切れにならなかったら、
買おうかな?どうしよう。

P1090127.JPG
posted by kyouei at 08:57| Comment(2) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月12日

定期便

東京の孫に月1回程度食料を送ることにした。
「心配してるよ」って口先ばかりで言ってるだけじゃだめだとやっと気づいた。
さて何がいいかと買い物に行ったら、スーパーには海外産や各県産のものがある。
うーん、それを見てるだけだと東京なら何でも買えそうな気がしてくる。

でも、仕事を持ってたら買い物に費やせる時間はわずかだろうし、下手したら買い物する時間すらない時もあるだろう。
無駄になってもいいや、ちょっとの気持ちと自己満足でもいいや。

そう決めて生協のチラシなどから、保存が利くもの、北海道や西日本産のものなどを選び、米を精米し、頂き物の野菜などを小分けにする。

もう、完璧に排除するのは難しい。
なるべく外食と、国産の惣菜や加工品はやめて・・・って、前は国産にこだわってたのになぁ・・・。

北海道はまだ、「北海道産」と明記してあるものが多いからいいけど、それもだんだん危うくなってくるんだろうなぁ。

posted by kyouei at 12:18| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月11日

春と秋の大移動

半月くらい前から耐寒性が足りなくて庭で冬を越せない植物や、耐寒性はあるんだけどちび苗過ぎて、春まで持ちこたえられるか不安なポット苗をせっせと2階に運んでいる。
それがかなりの量なのと、気温は低くてもなるべく多く日に当てたいから、ギリギリまで外に置いておきたいので、一気にことはすすまない。

おまけに今年は秋蒔きというのもやってみた。
ふつう北海道じゃ秋に種は蒔かない。
秋のものは早春、2月末〜3月頃だけど、春を待ちきれない私は年々種まきが早くなって、1月→12月→そして今年は10月・11月に蒔いている。

早春蒔きの場合、2階の無暖房の室内では、どうしても気温が足りない。おまけに日照も少なくてみんな徒長苗になってしまう。冬の管理は手間だけど、どうせ冬は暇なんだ、苗に囲まれていればご機嫌な私だから、じっくりゆっくり苗を育てたい。

今年は、4リットルのペットボトルに入れた水や、一袋10キロ以上の用土、やがて育った時に必要な大量の空きポットなどを持って階段を上がるのを、来年の登山に向けたトレーニングだと思うことにした。
だから、一気には運ばない。毎日ぼちぼち、山もぼちぼち、ゆっくりと登る予定だ。

で、早々と種を蒔いたものは、やはり発芽率がいい。本葉2〜3枚まで持っていけたら、ヒョロヒョロの苗は防げそう。もしそうなっても摘心する。いつもおじけづいて出来なかった摘心だけど、今年は絶対やる。そして摘んだ芯は・・・さし芽してしまいそうだな。まあ、限界まで殖やしてみるさ。

春になったら秋と逆の流れ、それもトレーニングと思えばいいのだから。
posted by kyouei at 08:19| Comment(0) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月10日

夜明け前に

鹿の鳴き声。甲高い声。
うっすらと外は明るい。
そっとカーテンを開けたら、いた。3頭。

鹿は珍しくないけど、茶の間から見るのは年に数回。
ゆっくり歩いて時々草を食べている。

こんな感じで熊を見ちゃったら恐いね。
熊は絶対いるんだけどね。
まだ一度も見たことありません。
posted by kyouei at 17:14| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月09日

生餌

コロリン母さんが窓の下で仔猫を呼ぶ。
「おーい、子供たち、美味しい餌を捕ってきたよ。」

P1090105.JPG

いや、それ、家の中に持ち込んで欲しくない。

でも、何だかせっかく捕ってきたのだから・・・と思うと、その気持ちも大事にしたい。

ということで、仔猫を外に出しました。
もう、外でなら食べてもいいや。

しかし、ガツガツの灰色君と違って、ちび茶色は咥えたままウロウロしています。



posted by kyouei at 09:23| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月07日

家出猫

しばらくの間、家から出られないようにと気を使ってたけど、いつの間にかまたチロリンが旅に出た。
もう、一週間くらいになるだろうか?と夫と話していた。夫は仕事の行き帰りに、前にいた場所はゆっくり走ってた。

今日、士別方面経由で旭川へ買い物に行った。途中の温根別までのルートが2つあり、距離は同じくらい。家から南へ向かうか北へ向かうかその時の気分で決める。今日は郵便局に用事があったので北回りにした。

途中、道端にチロリン発見。気づかず通り過ぎた夫がUターンをする。チロリンはまるでへたばったように道端の草の上で横になっていた。
が、頭を上げていたので生きている。怪我はしてない?
夫が近づき、傍でしゃがみこんで捕まえる。どうやら空腹で疲れていただけみたいでほっとする。

すぐに家に引き返して、チロリンを中へ入れ、留守中に猫が自由に出入りできるよう少しだけ開けておいた戸を閉めた。


チロリンは今、食品庫の上にいる。ここは高さ180cmほどなので、ちび猫は上がれない。束の間の安息地。




posted by kyouei at 20:14| Comment(3) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月05日

ベビー服

孫が2人いるんだけど、一緒に住んでないとなかなか孫の物を買う気になれず。
いや、買う気はあっても店に行くことが皆無だから衝動買いのチャンスも無い。
それでも「石のお礼」にと約束してたので、先日名寄に行った時、ベビー服の専門店があったので覗いて見た。

探してたのは半袖の服。北海道って家の中が暖かいので、冬でも半袖でいられる。けど、時期的に売ってないんだよね・・・と、どこかでつぶやいていたから。

でもやっぱり田舎街のお店には冬物しかなかった。
これはと思う候補も無かった。
ていうか、あの店しょぼ過ぎ。

じゃあ、ネットで探そう。ネットならきっと何でもあるぞ。
欲しいのは、お値段そこそこで、デザインが可愛いやつ。
送料は安いほうがいいな。
でも、なかなか、これはいいと思えばお値段がめちゃ高いし、
まあまあかと思えば送料がしっかりかかる。
ピンとくるものがなくてその時は買えなかった。

今日は朝から雨で庭に出れない。
ニュースも見飽きてなんか暇だな・・・そうだ、もう一回探してみよう。
で、いろいろと見て回ったのですよ。

私の好みはこっちだけど、娘ならこれのほうが喜びそう・・・と選んだ一着は、
果たして気に入ってくれるでしょうか?



posted by kyouei at 18:55| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月04日

芋の箱

野良芋を食べてるのを哀れんで末っ子が芋を送ってきた・・・と思って箱を開けたら、
ウヒョー、軽石だ!
やったねー、芋より嬉しい。

芋は買えるけど、芋サイズの軽石は買えない。
これを今冬の高山植物の種まきに使うのだ。

2年続けて失敗しているディオニシア、今度こそ成功させたい。
posted by kyouei at 11:34| Comment(0) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月02日

田舎の物件

ド田舎には不動産屋なんてないのです。
アパートなんてのも滅多にないのです。
住居は公営住宅か、一軒家を借りて住むか、
まぁ、お金があれば土地を買って、新築なんてのもできるんだろう。
その土地を探すのも口コミが肝心となる。

次女が一軒家を借りた。
買おうと思えば買えそうな金額(私らには無理だけど、次女ならたぶん)だけど、
でかすぎる建物なので、改築は最低限にして、まずは借りて住んでみてから考えろと。

買うならいくら?と聞いてないけど、多少でもそれに見合う物件かは住んでみないと分からない。
住んでいるうちにもっといい掘り出し物が見つかるかもしれないし。

で、ただいま改築中。自分たちで。w
まあ、改築のエキスパートがついているから、きっと住み良くなるでしょう。
ウチのダンナも手伝いに行ってるけど、自分ちはさっぱり進まない。
わずかの改築資金もないからねぇ〜。貧乏人はひたすら我慢さ。笑


話は変わるが、
幌加内までの道中、国道沿いの人里離れたとこにプレハブが建っていて、周りで野菜なんか植えてる場所があった。
工事の現場事務所と思ってたけど、なんか違うっぽい。

で、何にでも興味を示し、見ず知らずの人に話しかけるのが得意な夫が、聞いてみたんだって。
そしたら、
昔そこに住んでいた人らしい。土地は自分のもので、自宅は札幌のほうにあるとか。
定年になって(だったかな?)夏(=雪がない期間)だけこっちに来るそうな。

この地には案外こんな家が多い。一種の別荘みたいなもんかな。

だから、空き家に見えても売りたがらない人もいる。
その家、その土地に思い出があったりもするのだろう。

けど、やっぱり出て行く人も居るわけで、焦らなければけっこういい家を安価に手に入れられるチャンスもある。

大事なのはタイミングと情報源。



posted by kyouei at 08:22| Comment(0) | 移住 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。