2011年10月31日

野良芋

私が花壇にしている場所で、前住者は野菜を作ってた。
もう、5年以上も前のこと。
花壇1年目の時、毎年耕されてた畑は、草も少なく土も柔らかく、花苗の植え付けはとても楽だった。
広さは100uより広い。どれくらいだろうと計ろうとして挫折した過去がある。

多年草をメインに植えているものだから、それ以降は耕すこともなく、年々花は増えているけれど、草もまたかなりはびこっていて、一度も手をつけていない部分がけっこうある。

1年目のとき、前の掘り残しだろうか、じゃが芋の芽が出てきた。放置していたら大して育たずやがて消えた。2年目も同様、その場所は放置した。3年目4年目・・・周りの抜いた草をそこに積んだ。

そして今年、積まれた草で盛り上がったそこに立派なじゃが芋の苗が育った。これは儲けた、今年は掘って見ようと考えてたが時期を逸した。
たまたま今日、芋が生えてた近くの草を抜いていて、来年はそこにも花苗を植えようと決め、スコップで掘り起こした。ひどく育った草の根を払っていたら、ころりと出てきた、グーより一回り小さなじゃが芋。

ころころころと全部で10個以上、まだ残っていそうだが、近くに花の苗もあるし掘るのが大変なのでやめた。

さて、5年もの?の芋の味はいかに?
あまり期待できないと思ったから、カレーにした。

カレーの中で芋が溶けるのが嫌だから、私はメークイン以外はルーの後に芋を入れる。
夫は今夜も遅い。待ちきれずに味見。

甘みがあってほっくりしてる。うん、これは、キタアカリかもしれない。
もしかしてこれって、大当たり?
ちゃんと育てようとしてもうまく作れないのにね。


来年も花壇の真ん中に芋の花が咲くでしょう。



posted by kyouei at 19:44| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月28日

プチ家出

昨夜、コロリン母さんと仔猫たちが全員帰って来なかった。
昨日は日中暖かく、茶色いのが1匹外に出てた・・・までは見ていたのだが・・・。

夜になっても誰も帰らない。
でも、もう2ヵ月半になるし、身体もしっかりしてる。たぶんみんな一緒だろうから、一晩くらい帰らなくても大丈夫だよね?

霜が降りて寒い朝だった。けどみんな毛皮着てるもんね、大丈夫だよね。

昼頃、わらわらと向こうから駆けてきた。ちび猫は外にいるとき目が合うと何故か逃げる。

そして、何事もなかったように今は茶の間にいる。きっと猫同士、やっぱり家の中は暖かいにゃーと話しているんだろう。

少し前まで本格家出をしてたチロリンは、人間のご飯のとき寄ってきて何でも食べるようになった。
前は食べなかったと思う白いご飯もガツガツたべる。
一時、ガリガリに痩せて帰ってきたチロリン、彼はきっと地獄を見たんだと思う。


posted by kyouei at 19:37| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月27日

どんだけ蒔くの?

私の種まき本番は冬。
本州なら秋と春が種まきシーズンですよね?
で、北海道は普通、早春から種を蒔く。秋に蒔いても雪の中で消えちゃうからね。

私が冬に種を蒔く理由は一つ、冬はとっても暇だから。

春になれば難なく発芽する種も冬に蒔く。
春はとっても忙しいから。

とうとう今年は秋蒔きもやっている。管理は2階の無暖房の室内でする。


種は交換や購入、頂き物などで、着々と集まっている。
整理できてないんだけど、どれくらいあるだろう?
50より多くて100より少ないくらい。
1年草や多年草や拾ってきた木の実なんかも蒔くからねぇ。

この後、最低3ヶ所から100くらい入手して、最終的には200くらいになるんだろうか?

でもね。
発芽しないのや、発芽は来年もしくは再来年のなんかもあるから、
ちゃんと育つのはこの何分の1かなんですよ。

特に高山植物や外国の種類は難しい。
発芽して喜んでても、どんどん消えちゃうの。
環境が違いすぎたり、そもそも育て方を間違っていたり。

花の写真だけ見て、わーきれいだなーいいなーこれ実物見たいなぁー。だもんね。

石灰岩の岩山に咲いてる花とか、崖の中腹に咲く花とか、環境を似せようにもねぇ。

だから、出かけた先でいつも叫ぶのです。
この崖、まるごと欲しいよぉ、って。笑

ま、仮にその崖をわが庭に再現できても、どうやってそこに花を植えるんだという問題はさておき・・・。

歩留まりは非常に低いけど、とにかくちょっとずつでも植物の種類が増えているので、
夢を見ていられるのです。
夢の実現のために、一歩でも半歩でも前に進む。
大きな夢を抱いていたら、実現が半分だってそこそこいいんじゃない?

これから半年間、夢を描く時間があり過ぎる。
posted by kyouei at 12:21| Comment(2) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月26日

私信

とうとう私の故郷まで、除染という文字と一緒にニュースに出てしまった。
食べるものに気を使うだけじゃ済まない、毎日吸う空気までも汚されてしまったということだ。
歯がゆい思いを抱きながらも、便利さの中にどっぷり浸っている限り、抜け出す道はないのだろうか?

東京の孫が気になる。帰って来いよと言いたい。仕事は?と聞かれそうだ。
まだ若い世代は、喰っていけるだけじゃダメなんだろうか?

カメムシも減ってきたよ。
あなたの嫌いな蛾ももういないよ。
猫はお手頃サイズになってきたよ。
カボチャもあるし・・・。

一度帰ってきませんか?



posted by kyouei at 02:34| Comment(2) | 移住 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月25日

ほぼ10日

明けない夜は・・なんて、大げさかしら。
昨日から雨が降り、気温もぐっと下がってきたので、カメの大群は途中で力尽きているでしょう。
仕方ないから、草の下や木の幹の皮の隙間などにもぐりこむのかな?
自然界では越冬成功率何%くらいだろう?かなり低いのでしょうね。

だからこそ、なおさらわが家を目指して飛んできた?
すでに何十万だかが壁の間にもぐりこんでいることでしょう。
断熱材なんて必要ないわ・・・なんてことないけどね。ふぅ。

今夜はかなり少ないです。
けど、普通の家ではきっと「すごく多い」レベルです。
仕事から帰って、ストーブを点けて部屋を暖かくする前に夕食にしました。
暖かいとカメの動きが活発になるからね。

ホットプレートでお好み焼きをと思ったけど、やはり天井が気になってやめ、
確率が低いフライパンで焼きました。

明日の予報は終日10度以下、どうやらピークは過ぎたと言えそうです。
が、今だって電灯の周りを数十匹は飛んでます。
100分の1に減ったと思えば少ないけど、それでもなんだかなぁ〜。

越冬カメは冬の間中、小出しにちょびちょび出てきますが、
時々、片付け物などしてたら、どかした物の下や間に集団で越冬しててギョッとします。
あれは心臓に悪い。

何でもそうだけど、たくさんいると気持ち悪さ百万倍。


posted by kyouei at 20:20| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月23日

新調

茶の間用にカーテンを買った。先月か先々月。
明かりが漏れると蛾が寄ってくるから、遮光性が高いのにした。
お値段は私にしてはちょっと高め・・・これを世間では普通クラスという。

けど、仔猫がカーテンに登るようになってお預け、
カメムシに汚されるからとお預け、
冬になったら窓の氷に貼り付くからと、きっとお預け・・・。

これじゃ、大事なお客様が来るまで、変えられないんじゃないだろうか?

それか、「えーい、もう、こんなカーテンいやー!」って、わめいた直後だね。
posted by kyouei at 20:38| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月22日

大猟

1日1パック。
1パック何万匹?
何キロ先からやってくる?
posted by kyouei at 07:48| Comment(6) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月21日

戦いの日々

今日も天気だ。
カメが来る。
posted by kyouei at 08:52| Comment(2) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月17日

無駄な抵抗?

豊かな自然の中に住んでます。
豊かなのは木や草や鳥や動物だけじゃなく・・・虫も多いということです。

見渡す限りの山々から攻めてきたんじゃないかと思うほど、
やっぱり今年もカメムシは酷いです。
夫が言うのが正解だったようです。
今年は今までで一番多い。
だって、玄関に・・・降り積もっていたのです。

昼間壁にびっしり付いたカメムシは、隙間を見つけて家の中に入ります。
ウチは隙間だらけだから、どんどん容赦なく入ってきます。
それでも入り込むのに間に合わなかったやつらが、
夜、気温が下がって力尽きて下に落ちます。
それが積もっていたんですよね。

やつらは気温が下がったら動けなくなるだけで死んじゃいません。
気温が上がるとまたモソモソ動き出すんです。ゾンビみたいだ。

掃除機の紙パックがすでに満杯になり2度交換しました。
紙パックは奴らの出す臭い液でぐっしょり濡れていました。
玄関に積もったやつも吸い取りました。
掃いて捨ててもまた戻って来るのだから、紙パックに密閉して処分するのが一番です。

3晩続けて吸い込みましたが一向に減る気配はありません。
桁違いなのは知ってます。
冬中吸い続けたって、春にはわさわさ出てきてましたから。

それでも、例えば40万匹来たヤツが、30万匹に減ったとしたら、
快適さ・・・には程遠いけど、気休め程度にはなるんじゃないかと、
うじゃうじゃしてる窓を見ながら思うのです。

posted by kyouei at 06:46| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月14日

ついに来た

今年のXデーは今日でした。
私の一縷の望みはもろくも崩れ去りました。
やっぱり去年と同じ、家が丸ごとカメムシの大群に包囲されました。
この群れを見ると、人ってつくづく無力なんだと思わされます。
自然の驚異、カメムシの大勝利です。orz

何だか今年はカメムシに張り合う気力が無くて、
夜になっても電気も点けず、ストーブの前で丸まってました。

「晩ご飯どうしようかなぁ。」
電気を点ければカメムシが飛び回ります。
カメムシ入りの料理は作りたくありません。

どっか外食・・・できるところは無い。

夫の帰りが遅いから、お店は閉まってしまうのよ。
一番近い蕎麦屋まで約10km。
7時くらいに閉店する。

30分以上かけて街まで行く気力もないなぁ。
そこに美味しい店があれば別だけど。

あー、何にもしたくない。でも、腹減った。


夫が帰ってきました。
最近、遅い日が多くホントにお疲れさんです。
でも、猫トイレの掃除をしてくれます。
ネズミの始末もしてくれます。
掃除機の紙パックも替えてくれました。

茶の間の電気を点けたら、あっという間にウジャウジャと集まってきた。
「今までで一番酷いんじゃないか?」と彼は言った。

「そう?いつもと同じよ。」物憂げに私が答える。
そう言ってから気付いた。

いつもは夫が帰ってくる前に、かなりの量のカメムシを吸い込んでたんだ。
そして夫に報告してたなぁ。今日は○千匹だったよと。


今年はさっぱりその気が無くて、すでに敗北宣言。
夫が用事を済ませてからノロノロと動き始めた。
数える気力もないけど、数千匹は吸ったはず。
それでも全部の100分の1にもなってないから、
やはり数十万匹か、もっと来てるってことでしょう。



posted by kyouei at 23:45| Comment(3) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月12日

灰色君改め

あやつは「ネズミー」と呼ぼう。
だって、ねずみ色だし、ネズミ大好きだし。おぇっぷ。

慣れか疲れか知らないけど、コロリンがネズミを捕って来て、仔猫にぽいっと与えるのを、
大騒ぎして取り上げて外に投げ(捨て)に行くのに飽きたよ。
もう、勝手に喰ってくれの境地だ。どうせ1匹2匹取り上げたって、私の知らない場所で食べてるんだろう。

このネズミーは一番先に産まれたのかも知れない。
コロリンが「ニャ」と鳴いて帰ってくると、一番に寄って行って独り占めにする。
圧倒的にその回数が多い。
つか、ほとんどネズミーが食べている。

私はもっと、美味しいもんがあるよ〜と、チーズ(賞味期限切れ)や牛乳や時にはカツオ節なんかもやったりするんだけど、きっと新鮮生肉が一番旨いんだろうね。うぅーん。

しかし、わが家にネズ公はどれだけいるんだろう?
捕っても捕ってもいなくならない。
ある意味、ずい分安上がりなエサじゃないか?
猫缶買うのやめようかな。 猫は自給自足ってことで。


posted by kyouei at 17:38| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月11日

不調

私ではありません。
私もまあ、壊れかけに近いですけど。

車(軽トラ)のエンジンが時々「ふけない」そうです。車屋さんで見てもらっても、その時は症状が出ないのです。
ホンダは特殊らしいです。ヒーターのファンが作動しなくなったら、エンジンを切ってかけ直しをすると動くらしいです。

うーん、遠出が出来ない。


夫が夜中にイタイイタイイタイ・・・と起きてきました。
ふくらはぎが「つる」のです。しかも両足です。
大騒ぎです。
私は「どうしようもないよなぁ〜」と、静観してます。冷たい嫁です。

今の仕事は全然ハードじゃないけど、最近、立ったり座ったりの作業を一日中してるらしいです。
しかもここんとこ毎晩帰りが遅い。
しかも今月はもう休みがない・・・みたいな。

うーん、買い物に行けない。
軽石を貰いに行けない。

冷たいヨメです。自分のことしか考えてない。

posted by kyouei at 08:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月10日

今日はマシ

とうとう、来ちゃいましたよ。この季節の風物詩・・・なんて風流なもんじゃない。
一昨日からからかな。ボチボチと気の早いヤツがやってきた。
まだ数十匹程度、これくらいなら可愛いもんだ。
このまま、これで終ればどんなに幸せだろう。

次にもう一回冷えて、そのあと晴れた日が危ないね。
ほら、蜂の群れに襲われて、人の周りにわんわんと蜂が飛んでる絵があるじゃない?
ああいう感じに家が包まれるの。
ユーチューブなんかに流したら相当同情されるだろうね。しないけど。

今日は雨なんで、窓ガラスに数匹いるけど、これくらいは全然気にならない。
まあ、ここらでも普通の家はこれくらいなのよ。
ウチは超特別な家なんだ。


posted by kyouei at 12:53| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月09日

いい天気〜。

秋の好天は少なくて、間近な冬を控えて庭での作業はやりたいことが盛りだくさん。
なので・・・仕事のお誘い、辞退しちゃいました。ごめんなさい〜。
今の時期なら、私の代わりはいるでしょう。忙しい時はもちろん手伝いますからね。

なんて、

来年の仕事は「ない」と思ってます。

臨時収入は、家計におおいに助かりますが、
仕事自体は楽しく、一緒に働く仲間も良い人たちばかりで、ほんとに恵まれていると思うのですが、
それより上でやりたいことがあるのです。

予備の予備的存在で、ホントに手が足りないときはお手伝いいたしますからね〜。



posted by kyouei at 08:14| Comment(2) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月07日

困ったちゃん

「また捕って来た!」
今日は3匹目、そしていつも灰色君がコロリン母さんのお土産を独り占めにする。
あー、灰色君、一番お気に入りなのに、どこか里子に出したくなる。

獲物をくわえた灰色君は「うーーーー」と唸って部屋の隅に行き、簡単に離さない。
そこを何とか誤魔化したり力づくで取り上げるんだけど・・・今日は夫が仕事なので全部私がやりました。

わが家の玄関には、ネズミ専用の火バサミが常備してあります。
夫がいたら、か弱い振りをして全部やってもらいます。
ネズミ処理は夫の仕事、これがわが家の役割分担。

仔猫たちは日に日に動きが活発になり、1匹でも遊ぶし2匹でじゃれあいもする。
その動きが何ともぎこちなくて微笑ましい。
この可愛さはあと1ヶ月だよね、あと1ヶ月の楽しみのために、この後何年も育てるんだ。
いや、大人猫だっているだけで好ましい存在なんだけど。

猫は私にとって、植物と同じくらい重要な存在。

posted by kyouei at 18:41| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月05日

仔猫はいかが?

「5匹もどうするんだ?」と、息子は心配してました。
いえ、彼は猫じゃなく、帰省する自分の身を案じました。
自称猫アレルギー、うちに帰ったらマスクを手放せません。
そして、猫を触って手を洗います。
触らなきゃいいのに・・・ほんとは猫好きなんですよね。

思いも寄らぬところに猫の貰い手が現れました。
1匹ですけど、乗り気です。
短期バイトに来てる群馬のおにぃちゃん、連れて帰りたいそうです。

さっき、ウチに見に来ました。
「グレーのがいいな。」
「だめ、それは残すの。」←私のお気に入りなんです。

3匹いる茶トラ、「これどう?茶トラは人気なんだよ。」
何とか押し付けようとします。
少ないのを欲しくなるのが人情なんでしょう。
「うーん、黒いのがいいかな?」

うーん、黒も気に入ってるけど・・・。シカタナイカ。

ま、黒か茶トラということで、15日にお持ち帰り予定です。

彼はウチに寄ってから士別へ買い物に行きました。
「運転、気をつけてね。」(←大事な里親なんだから。)
posted by kyouei at 19:14| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月04日

束の間の平穏

家の中も外も、とっても虫が少ないです。
先日まで外でバタバタうるさかったでっかい蛾も、すっかりなりをひそめました。
氷点下になって、生き残れる虫も僅かです。

この平穏がずっと続いてくれたらどんなに幸せでしょう。

けれど、現実は・・・あと一週間ほどで恐怖のXデーが来るのです。
今は1匹も、そう、1匹だっていやしないのに。

家ごと、超巨大ネットで覆ってしまいたい。
理屈ではできるけど、現実にはまるでムリ。
隙間を全部塞げば、人間が窒息してしまいそうだ。

息子が、この家をカメムシに譲って、隣に新たに建てたらいいんじゃない?
と言った。
それも一計、じゃあ、お前が建ててくれ。返事はない。

一匹もと、書いてたのに、ブーンと一匹飛んできた。

テントウムシか、なら許す。

あー、ほんとに何もないけど今は幸せ、今だけは。



posted by kyouei at 18:44| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月03日

初雪らしい

「らしい」ってのも変な表現だけど、ニュースは旭川で初雪とやっていた。
旭川がそうなら、ここだって間違いないだろう。

今朝、起きた時は、外が白くなかった。
朱鞠内の気温は氷点下までいったらしいが、茶の間から見る限り霜が降りた気配もなかった。
もっとも、今朝はそれほど早起きじゃなかったから見られなかったのかもしれない。
庭の向かいにあるイタドリは、部分的に枯れているようだ。
霜にやられたのと無事だったのが隣り合わせにある感じ。

外に出て鉢にたまっている雪を見つけた。
横の草むらにも雪が残ってた。
真夜中にそこそこ降ったのだろうが、自分の目であたり一面真っ白になるのを見ないと、初雪が来たという気がしない。

「山は白いそうだ」夫が聞いてきた。
ウチから高い山は見えない。うーん、残念。

ま、そのうち、嫌っていうほど降るけどね。





posted by kyouei at 16:09| Comment(7) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月02日

ストーブ解禁

しました。
もう10月だし、今日は雪(かミゾレかアラレか全部?)が降ったとかだし、
氷点下にこそなってないけどギリギリまで下がってるし。

でも、点火スィッチを押しながら夫は言います。
「私のために点けるのだ」と。
私は数日前から喉にタンが絡んでゲホゲホしてます。
それ以外に症状はないので、たいして辛くないのですが。

まあ、いいでしょう。
なんたって10月だもん。


ストーブの傍にいるだけで、幸せを感じられる季節になりましたねー。

posted by kyouei at 18:34| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冬のよう

今朝の最低気温1度、昨日は最高でも10度いかなかった。
これは本州の冬並みだよね。ぶるぶる。

去年はいつストーブを付けたのかと、過去の日記をさかのぼってて、あれ?な記事を見つけてしまった。
なんと、まだしばらく先と思ってたカメムシの襲来が、今月9日、ピークは12日だった。
この寒波が緩んだらやってきちゃうのかあ。
長い冬と、冬の風物詩(と認めたくない)との戦いの始まりが・・・。

それまでに少しでも、無駄な抵抗をやってみようと考えてるけど、さてさて、結果はいかに。
成功はしないまでも、多少の効果があればいいんだけどねぇ。

で、肝心のストーブ初日は23日でした。9月の。
やせ我慢が効を成してるのか今年の秋が暖かだったのか。
もう、時間の問題ですね、10月に入ったんだからまあいいか。
posted by kyouei at 06:50| Comment(2) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月01日

チルタンさん

今年もセールの時期になりました。
25%オフ
イギリスの種子会社です。
共同購入&シェアしませんか?
仮締め切り10日です。
よろしく〜。
posted by kyouei at 07:07| Comment(4) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。