2011年05月27日

ほんとに春が来た

昨日カッコーが鳴いた。
だから今日は豆を蒔いた。
雪は建物の裏側にあとほんのちょっと。
野山は新緑に包まれて、
気がつけば向かいの山に桜が咲いていた。

庭にクリスマスローズが咲いた。
去年より色薄くない?と思って、
去年の写真と比べたら同じだった。苦笑
でも、それ以上に意外だったのは、
去年も同じ日に開花写真を撮っていたということ。

今年は積雪が少なく、雪解けが去年より半月ほど早かったのに、
その後の気温が上がらなかったということだろうか?
去年の今時期に咲いていた花が、今年はまだ咲いていない。

今日、初めて最高気温が20℃を超えた。
ブヨがぼちぼち出てきたけど、
まだ、まとわりついてうるさいほどでない。

今夜はカメムシが少ない。
今夜はストーブをつけてない。
長い長い、半年間もお付き合いしたカメムシと、
ようやく分かれられる。

今日の夕陽はきれいだった。
林の中に真っ赤になって落ちた。
明日も晴れか、種まきポットが乾いてきた。
明日は今年初の水やりをしよう。

向かいの空き地にミズバショウが咲いている。


posted by kyouei at 00:19| Comment(4) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月20日

新入りペット

じゃ、ありませんが・・・。

先日からカエルさんがわが家に住んでます。
カエルさんの本名はエゾアカガエルらしいです。
大きさは7cmくらい?
カエルってどこからどこまでを計るのでしょう?

茶の間の西側を苗ポット置き場にしてるのですが、
そこに置いた穴の開いてない発泡箱に水がたまってます。

ある日やってきたカエルさん。いい場所見つけた。(たぶん)

そういや、石か古材をどかしたときに、オネンネしてたことあったな。
去年は空いた水槽の中に入ってたっけ。

猫は?カラスは?
気付いてないのだろうか?

あ、水草があったから入れてやろう。
posted by kyouei at 13:29| Comment(2) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月19日

軽石

エゾ砂(火山礫)は毎年軽トラックの荷台に一杯、培養土は50リットル×4袋をまとめ買い、砂もダンプに半分と、ちょっとケタ違いに用土を買っている。それに加え最近は軽石をよく買う。
どうやら私が好きな植物は、水はけが良い状態を好むものが多い。高山のガラガラな岩場に咲くものが好きだから、庭の環境を近づけてやらないと、いくら苗を買っても、珍しい種子を入手してもその後の育ちが悪いばかりじゃなく、やがて消えてしまう。

軽石といえば、昨年末っ子のところから貰ってきた一抱えもある大きなもの、これをまだうまく使いきれてなく、庭の所々に無造作に置いてあるけれど、今年は配置しなおして有効に使いたい。これがあれば、超難関植物もきっとうまく育つに違いない。

昨日、わが家の修理でたびたびお世話になっている、地元のSさんがふらりとやってきた。庭先で夫とひとしゃべり、Sさんはこの軽石を目ざとく見つけ、これを縦に置き、穴を開けてナナカマドの小苗を植え込み、水盤に付けたら自然にコケが生えていい雰囲気になると盛んに言う。
Sさんのイメージするものは理解できるけど、盆栽のような究極の美を追求する小世界より、高山の切り立った岩の隙間に咲く小さな花の世界を再現したい私とはちょっと違う。

もっと大きな岩も欲しいけど、それはたとえ誰かが庭にあるのをくれると言っても、簡単に運べるものじゃないので、(夫が)持てる範囲のサイズを積み重ねるしかない。

私はもっと石や岩を庭に増やしたいので、もったいないなぁと思ったけど、Sさんには今までたくさんお世話になって、お礼もロクにしてないのを思い出し、「1つ要る?」と聞いたら、喜んで抱えて自分の軽トラックの荷台に積み、昼前なのに「さあ、お昼だ。」と帰っていった。

そいうや、前にネットで調べたら、軽石の大きいのって、けっこういいお値段がしてたっけ。今年も頼むね、○○ちゃん!



posted by kyouei at 04:19| Comment(2) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月14日

また雪が・・・

降ってるよ。
ここはどこの国だろう?
posted by kyouei at 17:27| Comment(3) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の植物図鑑

今日も雨なので、永遠に完成しないわが庭の植物図鑑としたいブログ「草仲間」の編集作業中。

とりあえずでアップした写真を、科に分類しさらに属に仕分けています。あっちこっちに散らばった同じ植物の写真を、属名から簡単に見つけられるようにしたいのです。
そして撮影年月日の記入漏れも随時明記中。なぜこんなことをするかって?何月何日頃には何が咲くかを把握したいのです。
けど、それ以前に撮影と撮った写真のアップが追いつきません。まだ空っぽの属名カテゴリーに入れたいものがたくさん残ってます。

植物園と言っちゃあ大げさですけれど、この地で咲ける植物を全て植えたいなどと大それたことを考えてます。耐寒性が足りないと思われている南半球原産の植物も、案外冬を越せるのがあります。それらはウェブ上のデータに公開されてないから、勝手に耐寒試験をしているわけです。

その他、植える場所(用土)によって、冬を越せたり越せなかったり。危ないと思うのは保険株を作るようにもしています。何度もやってやっぱり無理っぽいのは諦めます。雪の期間が半年間と長いので、耐寒性だけじゃなく耐湿性なども考慮しなければならないようです。

俗に1年草や2年草と分類されている植物の中に多年生のものが含まれます。多年草と信じてたら、寿命がかなり短くて焦ってしまうものもあります。次から次へと湧いてくる植物の不思議と向き合っていたら面白くて面白くて、残りの人生はこれを楽しむためにあるのじゃないでしょうか。

それを追求するためには、どんな虫だって我慢します。笑
posted by kyouei at 12:07| Comment(0) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

行列

タイトルでピンと来た人いるかな?

毎日が驚きの連続です。
まだカメムシ軍団が居座っているというのに、次の「敵」がお目見えです。
先日から何回かお目にかかってはいたけれど、今日は思わず叫び声を上げてしまった大群の出現です。

うーーーーー。

田舎暮らしはみんなこんなんじゃありませんよ。
きっとウチ以外は、上手に防虫して快適に暮らしているでしょう。

殺虫剤も防虫剤も使わないという、田舎者にあるまじきポリシーなんか持っているからこんな目に遭うのです。

甘いものなんかないのにね。
ウチの台所は近道なのかな?
それにしてもケタが違いすぎる。

posted by kyouei at 00:26| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月13日

春が来た

まだ除雪トラクターで飛ばしたところや、家の北側の軒下、向かいの山の斜面などに相当の雪が残っているけれど、昨日は吹く風爽やか、春が来たと実感できる一日でした。
日当たりが良い南側斜面などにスプリングエフェメラルが咲き始めた。
定番のエゾエンゴサク、カタクリ、アズマイチゲなどが咲き乱れる場所は、地上の楽園と言っても過言じゃないと思う。

昨日の好天から一転、今朝は雲って寒いけど、大地も緑になりつつあるし、新緑もやっとその兆しが少し、長いお付き合いのカメ君たちとも、もう少しでおさらばできる。

一口に春といっても、たぶん本州の2月か3月の感じじゃないでしょうか?
桜もチューリップも水仙もまだ。ネコヤナギが出て、福寿草が咲いてます。

地面が出てきたので、昨秋から買い求めた続けた苗や、早くに種まきした苗の植え付けを始めた。
植える前に雪の下でも抜け目なく育つ草を抜いてからなので、作業は一向にはかどらなくて、ついふらふらと家の周りの散歩なども含めながら、天気が良い日は一日中外にいる。


posted by kyouei at 06:25| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月04日

雪ふってるよ・・・。

はぁ・・・。

細かくて積りはしないだろうけど。

今朝は氷点下だったよ。

発泡の箱にたまった雨水が凍っている。まだ解けない。

2階にたくさんある苗を、どこに植えようか、まだ庭には雪がいっぱいなので、決まらない。
山野草は通路をはさんだ車庫の北側(通路側)とか、高山系はその後ろの去年エゾ砂を降ろした木の下とか、園芸種はまだ一面雪の多年草花壇とか、1年草はそこと通路脇とか、だいたいの配置は考えているけれど・・・。

今年は通路脇の高山系をもっと奥に植えねば。除雪トラクターの犠牲になる前に。それにボロでも一軒家となるといろいろ業者が来ると分かった。先日も北電の下請け?業者が、電線の張替えだとかでやってきた。

雪がない時期の工事は嫌だ。あなたの足元の、いっけん草にしか見えない苗、ん千円だよととても言えない。嘘です。そんな高い苗はありません。けど、私にとってそれ以上の価値ある苗が、さりげなく足元にあるのは事実です。

その時は高所作業車だったから、何も被害はなかったけど、通路も広くとっておかねば、アームも出せなかっただろうし、車の横を通るときに踏まれてしまったかもしれない。

通路のすぐ脇は、ひと目で花が植わっていると分かる1年草を植えることにした。
仮に踏まれても泣かなくていい。冬は枯れるからトラクターに踏まれてもいい。草刈り機の手が滑っても夫は「あっ」と思うだろうが、私はそれほど気にしなくてもいい。

猫は・・・猫はどこでも出入り自由だ。大事なものだろうが植えたばかりの小苗だろうが駆け散らかしていくよ。しかもあちこちトイレにしちゃう。ううう。
仕方ないからそんな場所は、鉢やトレーを置く。でないと何回もそこでするから被害が広がるばかり。1回程度ならまだ生き残る可能性がある・・・かな?

庭の全貌がまだ現れてないので、構想も作業もはかどらない。
posted by kyouei at 09:46| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月03日

根雪終了

3キロ離れた朱鞠内のアメダス地点、積雪ゼロになりました。
けど、ウチの庭は9割がたまだ白いけど・・・。
それに昨日も白いもんが降ってたけど・・・。

今年は白鳥がたくさん上空を飛び交ってます。
トンネルを抜けたTさんちの畑が雪解け水で湖状になってるので、そこにいっぱい降りてます。
このそば畑、去年水に浸かって、収穫が出来なかったので、エサが豊富なのでしょう。

水たまりの白鳥はまだいいけど、黒々とした斜面の畑に点在する白鳥はなんか不恰好です。
というか、すぐ近くで見る水面に浮かんでない白鳥は、ちっともきれいで優雅じゃありません。

鳥に言わせれば、まだ長い旅の途中なんだから、格好なんか構っていられないわよ・・・といったところでしょうか。

そういえば、昨日高速を走ってたら、柵の内側、道路のすぐ横の斜面に鹿がいました。
悠々と草を食んでいましたが、あの鹿は山に帰れるのでしょうか?

動物たちにとって長い試練の冬が間もなく終るけれど、終らない地域もあるのよねぇ・・・。

posted by kyouei at 05:57| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。