2010年11月30日

家の中で霜柱

今年は非耐寒の植物をやめたので、2階の部屋も茶の間のドアも締め切りなことが多い。
去年は茶の間の暖気が2階へ行くよう、氷点下にならないよう気を使ってたけど、それもやめた。

2階の窓は植物を置けるよう、内側の窓を取り払ってある。だから余計寒いけど、「しばれてもへっちゃら、でも日差しが欲しい植物」専用棚にしている。

今朝、植物チェックに行ったら〜、

うほ、バリバリに霜柱が立っている。←室内です。

窓から20cmくらいは相当冷えたようだね。霜柱でかいもん。

今年、初めて冷蔵庫に入れてみた種を取り出した。なんも冷蔵庫以下の場所、いたるところにあるじゃない。

そのうち、内玄関も凍るようになるんだな。野菜や飲み物を置いたら危ない。何でも凍ってしまうからね。


posted by kyouei at 22:05| Comment(3) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月28日

球根ごろごろ

今年はいーっぱい球根を買っちまった。
もう、いくらが高いんで、いくらなら安いんだか、訳分からん。

でも、
なかなか流通してないやつなんで、今買わねば次はないかも?って思ってさ。
次があったんですよねー。しかも値下がりしてた。orz
悔しいからまた買い足したりして。(苦笑

今日はAGSに種子を頼んだから、しばらくは我慢が出来そうだ。
これらが届いたら、調べて蒔いて〜蒔いて調べて〜を繰り返す。

今年は成績悪かった。来年こそはって、毎年思う。

春が遅いと破産しちまうよ。
posted by kyouei at 19:50| Comment(2) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月27日

続・お買い物

今朝もネットで注文をした。
ここのところ毎日でないかぇ? しーっ。
でもね、街場に住んでたら毎日お買い物に行くでしょう?
それが出来ないんだから、通販も必要手段なのよね。
買うものに偏りがありすぎるのは内緒。笑

さて、旭川に行けないーっと嘆いた翌日、青天の霹靂みたいに旭川へ行かなくちゃいけない用事ができまして、夫が仕事を早退して一緒に向かったのです。
しめしめ、お買い物が出来る。内心喜んだ私。

けど、時間があまりない。夫の機嫌を伺いながら「ちょっと寄って欲しいとこがあるんだけど・・・。」
そんなに遠回りにならない場所だったので、すんなりOKとなった。嬉しいなー。

が、が、世の中そんなに甘くなかったー。

なんとなんと臨時休業じゃありませんか!
定休日じゃないし、祭日だから、電話で確認しなくても大丈夫だろうと思ったのにぃ。

ここでしか買えないのよねー。エゾ砂と軽石。

しっかたない。12月は仕事が暇になるって言ってたから、今度は電話で確認して行くさ。
11月と12月は、なるべく早く過ぎて欲しい。
posted by kyouei at 09:55| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月26日

最強の組み合わせ

何か世のため人のためになることをやった後には、いいことが起こる。と、私は信じています。
だから、良かれと思うことは進んでやりましょう・・・なんて、声を大にして言えるほどのことはやってないから、こっそりと。笑

んで、タイミング的には前日にアップしたボランティアのご褒美ということで、神様が(違 届けてくれました。

なんと!パウンドケーキと富有柿。お菓子を10年くらい(もっとか?)作ってない私に手作りのお菓子、めっちゃ嬉しいわ。最近娘もケーキ買ってくれないし。
それと北海道じゃなかなかお目にかかれない立派な甘柿。北海道民は渋抜きをした柿がお好きなようで、スーパーなんかじゃ滅多に売ってないのよ。売ってても高くて手が届かないんだけどね。

ありがとーね。○っ○さん。メールアドレス不明なの〜。ここ、読んでくれるかな?
お飾りも食べちゃいたいくらい素敵よ。


んでもって、逆のパターンもあるのよね。(苦笑
実は昨日、階段を下りるときに最後で踏み外しまして、転げ落ちて、したたか腰をぶつけました。
その朝、珍しく・・・珍しくだよ。ここ強調、ちょっと「いけず」なことをやりまして(対ダンナ)、ああ、バチが当たったなぁと思いましたです。

皆さん、善行に励みましょう〜。
posted by kyouei at 08:49| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月24日

ぼらんちあ

世間から遠のいて、地域の役員もしない、行事にも出向かない、すっかり隠居ババアになっておりまする。
そんななかで、たった一つの社会貢献?(自己満足ともいう)橋梁保存会の会報作りだけを年に2度、協力させてもらってます。

年内に会報第8号、発行の予定です。
今回は、あんまりおもし・・以下略。

地味に地味に続いてます。
こういう地味ぃ〜な作業が、案外好きだったりします。

だあれもいない教室を、こそっと掃除するのとか。
posted by kyouei at 17:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月23日

妄想中

寝る前にいつも考えるのは庭のこと。そして、意識が遠のき始めた頃に突然思いつく。
「今年は売るほどに苗を作ろう。」

今年はあと1ヶ月ちょいしかないから、正確には来年の春に向けてってことね。
で、「売るほど」と言ったらいくつくらいかなぁ?500、いや、1,000にしよう。
いつも目標を高く掲げてから入るタイプなのだ。

私が入っている園芸コミュには、つわものがかなりいて、1,000苗くらいは多いうちに入らないけど、2階スペースの関係で、これくらいが限度と思われる。

ほんとは山野草や高山植物をそれだけ作れればいいけど、こっちは発芽も難しいし、育苗もなかなかなので、まずは園芸種の多年草からとする。

種子は、交換、お譲り、購入のものがすでにある。昨シーズンまでは1種につき2〜3苗育てばいいと思ってたので、ポット蒔きが主体だった。これらをちゃんとやれば、1種につき10苗、100種類となる。ものによっては20〜30できそうだから、50種類くらいかな。ちょうど連結トレー(連結ポット?)とかいう緑のを今年大量にもらったし、黒ポットも大から小までコンテナにぎっしりいっぱいある。

用土は毎回サカタから購入、残り少なくなってきてるので、そろそろ注文しよう。

売るほどって書いたけど、ほんとに売る予定はない。多年草花壇はまだ花より草が多い状態だから、植え場所には困らない。空きスペースがあれば草が育ってしまうのだもの。すでに大株に育っているところは草も少ない。

思い立ったらすぐに蒔きたい。けど、まだ我慢なのだ。これから日照時間が極端に少ない12月がやってくる。園芸種は種蒔きから発芽までの期間が短いので、早くても冬至を過ぎてからだし、1年草ともなれば成長も早いので、定植できる時期から逆算しないといけない。早く苗にしたいという例外もあるけれど。

今は毎日、発芽が来春以降の山野草や高山植物系の種を蒔いている。こちらは用土配合を2〜3通りに変える。未知の植物が多いので、種子名から検索して育つ環境を把握(予想)しながらなので、1日数ポットしか蒔けない。

思い入れはこっちがメインなので、新たな種子もまだ物色中だ。これらは寒さに合わないと発芽しないものが多いので、とにかく蒔くだけ蒔いて、玄関や教室の寒いところに置こう。最近猫対策も要領を得てきたし。

そんなわけで、今日も家事は片手間、種蒔きにうつつを抜かしているのでした。
posted by kyouei at 07:44| Comment(3) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月22日

お買い物

最近よくネットで買い物をする。ちょっと買い癖がついたみたいで、何か買うものはないかと探している自分がいる。

けど、欲しいものは案外ない。

欲しくても送料が高いとすぐ諦める。
欲しくてもお値段が高いとすぐ諦める。

諦められるということは、ほんとに欲しいものと違うのかもしれない。

欲しくても買えない物
海外の苗。
売り切れの苗。
販売期間終了の苗。
買い物篭が付いてない海外サイトの種子。
千円以上の苗。

あはは、植物ばっかり。


夫が休みになったら、旭川へ買い物に行こうと思ってた。
エゾ砂と軽石を買いに(また園芸関連:笑)

あと、窓に張ろうと思うでかプチとか、
青ノリも切れてたなぁ。

昨日夫が帰ってきて言った。
「今月はもう休みないんだと。」
あれま。
しゃーないねぇ。先月半分も休んじゃったし。

旭川、一人で行くには遠すぎる。
posted by kyouei at 18:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月21日

植栽イメージ

ウチは山の中にあった昔の小さな学校。
あたりは林や草原と化した校庭と元畑、隣は今年こそ潰れる廃屋、その庭は背よりも高い草に覆われている。

家の周りから徐々に花の苗や球根を植え、校庭の向かい側の林の下には、地元で採取した野草の種を蒔いている。

外作業が出来なくなった今は、毎日少しずつの種蒔きと、春から再開される庭作りをイメージして、ひたすら妄想の日々を送っている。

その中から思いついたことを実行に移す。まだまだ環境整備は始まったばかり。

ネットの世界を徘徊していると、いろんなお花に出会う。毎日どこかで感化され、今まで見向きもしなかった花の魅力に突然気付く。

少し前に、白の八重のホリホックに目が止まった。どーんとでっかくなるあれ、ね。私の記憶の中のホリホックは、薄汚れた赤やピンクの一重のタチアオイで、道端で見かけたそれは、いつも虫だらけだった。

虫が付くからという理由で敬遠している花は、けっこうある。普段は八重より一重の花のほうが好きだけど、白の八重は素敵なオーラを放っていた。

これをあの草原の真ん中にどーんと植えたら・・・いいんじゃない?そう、アップじゃなくて遠目に見るのだ。
イメージが決まればやることは早い。さっそく交換掲示板で種を入手し蒔いた。今は可愛い双葉が2階の窓辺で育っている。咲くのは再来年なんだけどね。しかも上手くいけばの話。

んで、次は・・・、

やっぱり虫が理由で敬遠してたバラ。これをどこかに植えたくなってきた。こっちは断然一重がいい。ほんとは木造校舎の壁に添わせたいけど、ツルの誘引なんて面倒なこと出来ない。たぶん冬は外さないとダメになりそうだ。

ツルバラを向かいの林にとも思うけど、そこらは自生植物エリアとしたい。外来のものは手が届く範囲か、すでに自然が壊されたところに限りたい。

んで、買うあてもないのに、バラのページなんかをめくっていた訳ですよ。そしたら、ひらめいちゃった。
車庫の向こう、隣家の境界がいいんじゃない?って。

修景バラってやつ。丈夫で花付きが良く大きな株になるタイプ。だって、すぐ隣は廃屋、崩れかかった粗大ゴミみたいな家・・・もとい、元(もと)家。
庭は草ぼうぼう、私の背よりも高い。

けれどこっちは、わざわざ苗を買うほどじゃないから、何か挿し木でもしようかな。そうだ、種蒔きと挿し木で育てつつあるのが咲いたら、あっちに移していもいいな。実は、ちょっとだけあったのですよ。花が咲いてないので実感湧かないだけで。

家の周りはまだまだ、何かを植えたいけど、イメージが定まってない場所だらけ。
posted by kyouei at 08:03| Comment(2) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月18日

ここだけ雪国

冬が始まった。窓から見える景色はどこもかしこも白い。雪がやんだので、通路あたりは解けるかもしれないが、屋根雪が落ちた軒下は50cmくらいある。これからは気温が低い日が続くので、根雪確定だろうなぁ。庭もほぼ。

標高は高々250mほど、なのに日本一寒かったり、日本一雪が多かったりする。アメダス観測地点の中でだけど。

峠を越えて士別まで買い物に行った。ここの峠は低い、丘を越えて、に近い。

ウチの前は積雪15cm以上、長靴を出す。思いっきり真冬の防雪長靴、高さ40cmほど、ひざのすぐ下まである。こういうのじゃないと真冬は追いつかないんよ。

けれど、丘のような峠を越えたら、あらら、こっちは雪が無い。なんでぇー?地面が出てる。菊が咲いてる。まだ秋なんだね。

長靴をはいてるの、俺ら夫婦だけじゃないか?軽トラの中で笑った。共栄に閉じこもっていると、冬の初めと終わりはいつも錯覚する。多少少ないだろうが、近隣もやはり白いと。

夜中に窓の外が明るい。カーテンを開けて外を見る。月明かりと雪明り。雪が積もるとあたりはぐっと明るくなる。
posted by kyouei at 06:50| Comment(2) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月16日

根雪?

今朝の積雪15cm。まだまだ積もる勢いで降っている。
もう、長い冬が始まるのだろうか?冬支度は完璧と言いがたいけど、降っちまったものは仕方がない。先月から腰を痛めている夫、ぼちぼちぼちぼち。

・・・夫の弁当作ってたら、

朱鞠内19cmになってた。日本一のスタートだ。

薄日が差してちょいきれい。
お決まりの構図。

P1060468.JPG


posted by kyouei at 08:47| Comment(3) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月14日

クロ荒れる

寒くなって猫がみなストーブのある茶の間に集中。猫密度が一段と高くなった。

ちびコロ2匹は、他の猫に唸られても怒られても猫パンチくらっても、ものともせず、エサを入れれば一目散に皿に頭を突っ込む。特に黒コロは素早い。あのピーちゃん様の上前をはねる。人間様のご飯になれば、テーブルに前足をかけて、他の猫が見向きもしないものまで食べる。
今までの猫は絶対布団の中に入らなかったけど、ちびコロたちは入ってくる。やったー。念願の猫あんか。

最近、クロがぐれている。アカベーやチロリンを派手にいじめる。ストレスたまりまくり?
そ知らぬ顔をして隙あらばこの2匹に襲い掛かる。

外ならいくらでも勝手にケンカしてくれ。
けど、家の中じゃやめてよね。物が壊れる。

ちびコロ2匹、じゃれあって何でも遊ぶ。小さな紙のきれっぱし、自分の尻尾、箱をかじったり、まだ動きがぎこちなくて見ていて飽きない。
まさに喰う寝る遊ぶ、そして・・・ウンコする。

夫が「おらぁ、毎日嫌だぁ〜」と、のたまっている。
posted by kyouei at 09:11| Comment(3) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月11日

薄日差す

朝は晴れ、窓の向こうの庭は風も無く絶好の園芸日和に見える。けれど双眼鏡で良く見たら、早朝の霜がまだ解けていない。
来週も雪予報、そろそろ根雪の時期が近づいてきた。

庭の苗を掘れるのは今日が最後かな?

送る約束をした苗を掘りに外へ出て、そうだ、来年のためにチモシーを抜こうと時期外れの草取りを始めた。

雪解け直後は、何が植わっていたかすっかり忘れてしまうので、下手に庭をいじれない。けれどチモシーの大株があるところ、ここはまだ手付かずのエリアだ。

来春は1年草をもっと花壇に植える気でいる。1年草と一緒に、来年は咲かない多年草のちび苗も。

チモシーがあると、いかにも草ぼうぼうに見える。実際草だらけに間違いないけれど、大株になると抜くのも大変、今なら地面が湿っているから少しは抜きやすい。

スコップで根を切り葉をつかんで引っ張る。おじいさんの蕪じゃないけれど、「まだまだ草は抜けません。」とつぶやきながら「うんとこしょ」と引っ張る。

花壇の周りにチモシーの山が3つ出来た。

家に入って手を洗ったら、手のひらがひりひりする。
雪が降ってきた。
posted by kyouei at 13:31| Comment(2) | 1年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月09日

球根

今頃の時期になると球根を買いたくなる。
多年草の種は花が咲くまで足掛け2年かかる長丁場。それでも蒔かねば始まらないので蒔いているけど、もっと即効的な、雪が解けたらすぐ咲いてくれる球根はとても魅力的だ。

ということで、すでにいくつか注文しちゃってるんだけど(笑い)、外遊びが出来ないとついネットショップばかり眺めて、ああ、これも欲しいなぁ〜となる。

ユリやチューリップはネズミの食害に合いやすいので、あまり植えないできた。
けど、鉢植えにして、玄関に置いたらどうだ?あ、チューリップなどの春に咲くやつね。玄関は時々氷点下になるけど、庭だと無理な耐寒性がちょびっと足りない球根だって育ちそうだ。

ここは雪解けが遅すぎるんで、3月になっても4月に入っても花が見られない。雪が積もらない鉢なら、一足先に拝められるってことないだろうか?

そうだチューリップじゃなくてもいいんだ。注文したやつ植えたらいいんだ。去年は雪が積もってから買った、安売りのユリを失敗しているから、今度は慎重にしよう。

ついでに猫のトイレにされない工夫も考えなきゃね。
posted by kyouei at 21:04| Comment(2) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月07日

通販

今年は自分の収入がちょっとばかりあったので、種子だけにとどまらず、苗もずいぶん買ったなぁ。

今まで園芸店に出かける時は、予算2,000円とか、多くても3,000円と決めて、かなりきっちり守ってたけど、その時欲しいものは、そこで我慢してもやがて買わずにいられなくなるんだと思うようになり、まして植物の場合は、再び出会える可能性も低いので、見つけた時が買い時とばかり、もう予算は決めないことにした。
万の単位になるとビビルけど。

それでもやはり自制心が働いて、1苗1,000円以上のは躊躇する。「大株だから高い」のは、小苗を買って年月を費やそう。「珍しいから高い」のは、育てるのが難しいってことで、まだ私には早い。「新品種だから高い」のは、もう少し待とう。2,3年したら手頃な価格になるだろう。待ちきれなかったら種を探す。

素敵だなって思った植物は学名を探しだす。学名を入れて、日本語のみの検索を外すと海外の種苗会社のHPがヒットする。うーん、ぼちぼちチルタンだけじゃなく次へも進もうか?

海外通販の基本は一緒だよね?欲しいのをかごに入れて決済すればいい。ネットのおかげでその気になりさえすればすぐ買える。中学未満英語力でもどうにかなるっちゃなる。

まだ多少ハードルが高いくらいが、ちょうどいいかも知れんけどね。
posted by kyouei at 08:54| Comment(6) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月05日

種蒔き

11月に入ったので、山野草の種からぼちぼち蒔き始めた。外はもう、よほど天気が良くない限り、5分といられぬ寒さになってきた。
冬の作業場2階の和室も、普段は暖房を入れてないから、ハロゲンヒーターをぴたっと横に付けて、作業する時だけスイッチ・オン。

山野草の芽が出るのは、早くても春以降、下手したら来年再来年かもしれないが、採り蒔きがいいっていうから、早くに蒔いたほうがいいみたい。春まで蒔き床を、乾かさず腐らせず保たせられるかなぁ。

室内で面倒くさい管理するよりは、雪の中に入れちゃうのが一番いいけど、ここは春が遅すぎてさ。雪解けの頃は種ポットが凍り付いて、動かすことも出来ないんだ。
その上、解けたと思えばすぐ、夏のように気温が上がったりする。その気温で発芽も促されるけど、時期がねぇ、遅いんだよ6月だと。

2階の窓辺なら、2月下旬頃から春みたいに暖かくなる。その時にうまく育てられれば、雪解けの頃に定植可能なサイズになる・・・はず。

ちゃんと管理を、が、どこまで出来るかってことは忘れて、とにかく今は種を蒔く。
今年は、山野草→高山植物→多年草(園芸種)→1年草と、ひと月ほどずらしながら春まで蒔き続ける。前後する例外もあるけどね。

さてさて、毎年繰り返される試行錯誤、限りなく低い生存率を、ちょっとでもアップできればなぁ。
posted by kyouei at 15:05| Comment(2) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月04日

活性化

今年、朱鞠内湖の各施設の運営がNPOに委ねられ、若くて新しい住人が増えた。若さはいいなぁ。やること考えるい事が前向きでいいでよ。年寄りは既得権にしがみつくことなく、どんどん若いもんに託したらいい。

若さは若さを呼ぶ。来年に向けての補充も考えられているらしい。若者対象のイベント企画もあるかもしれない。やはり、もうちょっとこの地域を活性化させたいね。

空家情報もちらほら聞こえ出した。もっとも古そうな家・・・と感じているが、内情は分からない。

もしもあなたが北海道への移住を検討してたら、できるだけ田舎へ行くことを勧めるよ。そこには若さだけで出来る仕事もある。いや、若さとやる気も必要だけどね。

もしもこの地に興味を持っていたら、冬の間に来て見たらいい。想像を絶する雪の量、そしてそこで普通に住む私たちが待ってるよ。

キャンプ場のログキャビン、通年営業になったっぽい。
posted by kyouei at 19:26| Comment(3) | 移住 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

徐々に冬本番

雨が・・・みぞれが・・・雪になってきたよ。
でも、積もらなそう。まだそんなに冷え込んでない。
今年の根雪は遅いかも。

気分はすっかり冬ですが、仕事も終って冬眠体制ですが、お日様さえ出てくれれば、もう一仕事できそうな気候。

なのに、今年も楽しかったな〜、なんて、お楽しみはすべて終了だ。

まぁいいか。猫と遊ぶべ。
仔猫は2匹に限る。見ているだけで笑える。すっかり忘れてたな。仔猫の面白さ。
posted by kyouei at 09:53| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月01日

貸切

カメムシを理由に最近ちょこちょこ温泉に行っている。
地元の温泉といえばルオント、ここの一番いいところは・・・ほとんど客がいないということ。

けっこう広いお風呂、水風呂、サウナを別にしても浴槽が3つもあるのに、いつも1〜3人、いくらシーズンオフといえども大丈夫か?

夫婦で1,000円、ささやかな贅沢。
posted by kyouei at 22:49| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。