2010年10月27日

今年の初雪

昨夜からなのか、今朝起きたら、あたり一面真っ白になってました。
今年は南のほうがたくさん降ったようで、こっちはさらっとでした。なんか拍子抜け、一番じゃないと物足りない。笑

私の仕事もあと3日、嬉しいなぁ。思った以上に働いちゃったよ。この半分くらいの予定だったんだけどね。

来年は・・・もう、ないかもねー。なかったらボランティアに行こうかな。面白い場所だから。

そうそう、雪が降ったので、今季初ストーブ焚きました。今までは、真冬だったらくその役にも立たない(お下品〜)ハロゲンヒーターでしのいでました。今は部屋中あったかいです。

北海道の冬って、あったかいんだよぉ。


posted by kyouei at 18:39| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月26日

種蒔きはまだ

本州は秋の種蒔きのシーズンなんでしょうねぇ〜。
こちらはまだ。秋蒔き小苗は、よほどのものでない限り冬を越せませんので。

種蒔きの封印を解くのは11月。
発芽まで一ヶ月以上かかるものや、発芽しても成長が超遅い・・・と思われるものから始めます。
もちろん、室内蒔き&室内育苗です。

2階の窓辺に、今年も室内越冬組の苗が並びました。家の中で育てるのはゼロかたくさんと決めてます。
夏の間はゼロ、冬になったらたくさん。というのも、少ないと水やりを忘れたり、面倒になってしまうのです。過去それで枯らしたのがいくつあったことやら。基本的に観葉植物の類は育ててません。わずかにある多肉植物もみーんな外です。

あ、話がずれた。

種蒔きは1年中、いつでもしたいのですが、蒔いた後の成長を考えないといけません。
こちら、恐怖の11、12月があるのです。
何が恐怖かって。
それは、日照時間が極端に少ないのです。
一月に2〜30時間なんて年もあります。毎日毎日雪や曇り、たまに晴れても太陽は低く、その光も弱々しいです。

暖房のおかげで、発芽に充分な温度は確保できるものの、太陽光の強さは電球何個並べても及びません。

これから春に向けて、1年経過しても大きくならないものから順に蒔いていきます。
そして、有り余る時間は、今まで「とにかく種蒔いたもの」「とにかく買っちゃったもの」・・・について調べなきゃ。せっかく芽が出たのに枯れたーっての、実はとても多いのです。環境の選り好みが激しいものほど魅かれますもんねー。
posted by kyouei at 02:03| Comment(3) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月23日

新入り

さんがやってきました。
箱を開けた夫、「2つもいるー。」
けっこう好きなようです。
posted by kyouei at 09:07| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月19日

また種を買う

イギリスの種子会社に注文をした。ちるたんさん。
ここだけはやっと慣れて、ほぼ雰囲気(基本は日本のネット通販と大差ない)および、どうしてもってとこだけ、翻訳サイトのお世話になりながら。

25%オフだし、今我慢してもどうせ次も欲しくなるんだ・・・とばかり、かなり思い切った。最近思い切りが良すぎるかもしれない。笑

去年も相当数の種子を買ったり貰ったりした。数うちゃ当たる作戦がいいとも言えないけど、私は失敗してから次に行くタイプなので、まずは手当たり次第に蒔いてみた。

その結果を今年いかさにゃ〜と、また買う。つまり失敗したってこと・・・デス。
それでも発芽率はアップしてるよ。6月の高温時に枯らしたのが悔やまれる。

これから長い冬が始まる。地面を見られないのが半年間だよ、ほんとに長い。
でも、種蒔き(発芽まで1ヶ月以上)と、とてもゆっくりな育苗(1ヶ月に1mmくらいの成長)を毎日飽きもせず眺めて暮らす。

種子は冬の精神安定剤でもあるのだ。
posted by kyouei at 17:39| Comment(0) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月16日

伝言ゲーム?

ウチの近所を熊が歩いた。
足跡を見たのでほぼ間違いなし。
役場が看板を立てに来た。これも見た。

で、その後・・・。

夫がNさんのとこや、Oさんのとこ(半径10キロ以内)で、熊が撃たれたらしいことを聞いてきた。

その話では撃ったのはS地区の牧場の人という話だったとか。

この町に鉄砲の免許を持っている人は少なく、私の知った範囲では2人(か3人)、そして、S地区の牧場は2件。
免許はその後誰かが取ったかもしれないが、熊なんかそう簡単に撃てると思えない。

なので、S地区の牧場の人と言えば、ああ、あの人ねと容易に推定できる。けど、まさかねー。

ちょうど、そこの家の横を通ったので、庭に出ていた奥さんに聞いてみた。それだけを聞きにわざわざ訪ねるほど暇じゃないけど、「ついで」ならいいかなって。

奥さんいわく「誰がぁ?」

ああ、やっぱりね。

きっとある人が、共栄に熊が出た→誰か撃てばいいのに(あるいは誰かに頼んだらいいのに)→そうだ、S地区の・・・誰だったっけ、ほら、牧場をやっている人→そうそうあの人に頼んだら(もしくは撃ってもらったら・・・→の、「ら」が抜けて、過去形になってしまったんじゃないだろうか?

その後も熊の足跡が、もっと近くに見つかったので、夫が役場に確認を入れた。
熊を駆除する場合は、猟友会などに自治体から依頼するらしい。(去年は旭川あたりに頼んだけど、捕まらなかった。)で、今年は、そんなことはしてないと。

そう何頭もいると思えないから、今度の足跡も前のと同じ熊のものだろうね。

一説に寄れば、人を避けて行動する熊は、放っておいても大丈夫なんだとか。それを信じよう。
posted by kyouei at 06:43| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月14日

散歩

休みの日、夫は時々奥へと続く道を猫と散歩する。
昨日も、私が仕事に行っている間に行ったとな。
そして・・・

熊の足跡を見つけて大慌てで帰ってきたと。

猫との会話のボリューム、MAXになったに違いない。
posted by kyouei at 06:20| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月12日

新記録

朝に100、夕方から夜にかけて4,300・・・。
夫もだいぶ吸っているので、軽く5,000以上!

ウチに集まるカメムシの凄さを表現するのに、「何万匹」というより、「何十万匹」のほうがカッコいい?なぁと思う。

茶の間に出てくるのは、ほんの一部だから、このペースがあと10日も続けば、「何十万」も夢じゃない。

1匹1円で売れたらもっといいのに。
posted by kyouei at 23:17| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

押し寄せてきた

昨日、久々に晴れ間、ああ、紅葉がきれい〜なんて、感動しながら、仕事を早終えして帰ったら・・・家は大群に包囲されてました。orz

一瞬で中に入る気が失せたけど、トイレが〜ってんで、直行、そこでさらにびっくり、足の踏み場がない!
何とかすき間を見いだし用を済ませる。なぜかトイレの中のは飛び回らずに、みんな床に落ちている。

暗くなるまで外作業。家に入りたくない。
やつらは周囲何百メートルから、わが家を目がけてやってくるんだろう?
200mほど離れた隣の家や、2km先の隣の隣も、薬をまいて完全防御してるみたいだから、そこらのもここまで来るんだろうか?
2km先からは直にここが見えないから、それはないか?

晩ご飯もそこそこに掃除機出動、とにかく吸いまくる。やつは明るいとこが好きなので、電灯の周りをわんわんと飛ぶ。

某所に記録をつけてみた。
昨夜は5回戦1200匹。夫が始末したトイレのはカウントせず。
posted by kyouei at 07:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月09日

再来

今年もやっぱり来ちゃいました。
まだ先発隊なんでしょうか?来週末はかなり冷え込みそうで、その直後の暖かい日がピークになりそうです。

すでに掃除機で吸いまくり、懐かしい排気臭が部屋中に漂いますorz

今時期は元気良いです。ブンブンブンブン電気の周りを飛び回って、ジュータンにポタって落ちます。猫びっくりして後ろへ飛びのきます。それ見て笑って・・・幸せな家庭です。

職場とか一部家庭ではハエが大発生しているようです。
わが家も先日、トイレにかなりいて、びっくりしました。いまどきボットントイレでもないのに、どこから来るんでしょうかね。

この大発生には、今年の暑さと多雨が影響しているのでしょうか?幸いにもわが家の茶の間には少ないです。

こういうのも慣れ・・・るんでしょうね。人間の適応力ってすごいな。
posted by kyouei at 20:21| Comment(2) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月08日

あしあと

隣の家のそばにあったんだそうな。
ちょうど夫も休みだったので、2人で見に行った。
夫は恐いから?猫も誘ったけど、猫どもはついてこなかった。

足跡ってどんなだろう?そしてどこに?

隣の家のちょっと先、蕎麦畑の取り付け道路にそれはあった。畑から泥んこの足で舗装の道路へ出て、ペタペタペタと子どもが歩いたように・・・。
子どもの足より、大人の足よりずっと大きいけれどね。

それは道路を歩いてバス停の方へ向かい、途中で薄れて消えていた。

去年糞があったのは、ウチから見たら反対側、目撃情報?があったN牧場はバス停のずっと向こう、過去にはバス停のあたりで見たという話も聞かれる。

ウチのとこ、南と北に山がある。低い山だけど誰だって歩きやすいとこを選ぶよね?

やはり、私らが知らないだけで近くを通っているんだ。けれど不思議と恐いという気がしなかった。

慣れ・・・たんだろうか?
posted by kyouei at 06:45| Comment(2) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月06日

多くない?

と言う人も珍しいかもしれないなぁ。田舎では。

10月の勤務表がきた。見たとたん、親方様に言ってしまった。
出勤日が月の3分の2、半日だけの日も多いから、フルで働く人よりずっと少ないのだけど・・・。

こんなわがまま言ってられるのも今月限り、その後、半年間は完全無職、主婦業ってやつですよ。それらしきこと、何もしてないけど。

けど、まあまあいいペースで仕事があるのは、ほんとは有り難い、有り難すぎることなんよね。
しかも好きな場所だし。

今日は湖にかかるおっきい虹見てました。
何とかうまく撮りたかったけど難しい。
興味がある人は、キャンプ場のブログへどうぞ〜。
posted by kyouei at 18:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月03日

冬対策

本州から来て、北海道で暮らし続けるためには、冬の楽しみを見つけなければ辛い。
雪がない時期は、やりたいこと、出来ること、しなければならないこと・・・etc 時間がいくらあっても足りないくらいに忙しい。

けど、冬になると外出もままならなくなって暇を持て余す。人間、暇になるとロクなこたぁーない。

中でも薄ら寒い中途半端な11月がいけない。
雪が降ったり溶けたり中途半端だし、降らなくても外は寒くて景色も暗い。
どーんと雪が積もって真っ白な世界になると、逆にせいせいして開き直りが出来るけど。

さて、仕事もない、外遊びもできない、室内で種を蒔くには早すぎる、そんな11月の私の楽しみは・・・仔猫を迎え入れることなのだ。

ホントはピーちゃんに産んでもらうよう、彼女だけは手術していない。けれど4匹も5匹も産まれてしまったら、それはちと困る。

娘の嫁ぎ先には猫がいっぱい一杯、イーッパイ。
今月末か来月始めにでもお迎えに行きたいな。
posted by kyouei at 15:01| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月02日

庭造作適期

最近の私は、雨と仕事以外はほとんど庭にいる。いや、最近だけじゃなくて、雪が溶けてからずーっとだけど。
手当たり次第・・・いんや、ちょっとだけ考えて苗を植え続けて4年、やっと方向性が見えてきた。この間に草がほとんどなかった元畑が、花の苗よりはるかに多い雑草軍団に覆われてきた。その草も年々変化して、今年はゲンノショウコが酷かった。

草取りは手が回らないのが目に見えているので、大きくなったら大変なのから先に取る。春、タンポポの黄色が目立ったら、よーし、今日はタンポポ集中駆除日だ、というふうに。

手作業だけでは手が回らない。夫が「オレの芝生」と呼ぶ草原は、ブラシカッターで頻繁に刈られ、花は何も無いけど、見た目はすっきりしてとてもきれい。

私も機械を使えたらなと何度も思うが、肩が弱いので手を出せない。植物オンチの夫に刈り分けは期待できないし・・・。

なので、電気バリカンなるものを買ってみた。オモチャみたいなもんだけどこれでも結構楽しい。それでも全然追いつかない。庭造りには管理のしやすさも考慮しないといけない。

種蒔きしたポットが数百もある。ちっちゃーい芽がでてるのや、何も出てないの、やっと今頃発芽かよ、ってのもある。高山植物は発芽も成長も遅い、数年は一見何も無いポットが並ぶ。気付かないうちに発芽して枯れて、ほんとに何も無いのもずいぶんありそうだけど、区別がつかない。
それでも何とか植え替えて、日照りが続いて枯らして・・・などを繰り返し、生存率は低いなぁ。けど徐々に種類は増えつつある。

雪解け直後だと、どこに何が植わっているのか分からない。半年間のブランクに記憶もかなり薄れている。

虫がいない早春のひとときはあっという間に過ぎて、夏は虫のオンパレードとなる。ブヨに始まり、蚊、蜂、アブ、嫌いな毛虫芋虫も増える。
それらがぐんと減った今、そしてほとんどの植物が姿を現している今が、庭弄りには最適な季節。
風が吹いたらとっても寒いけど、お日様が出ればすんごく爽やか、まさに小春日和。

さて、日も照ってきたし、外に行こう。

文章は書きっぱなし。舌足らずだけど、まあいいや。
posted by kyouei at 07:26| Comment(2) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月01日

苗や種

今年は、予定外の仕事で得た収入を苗代や種子代にずいぶんと注ぎ込んでます。(現在進行形)
何だか私の収入はあぶく銭感覚なので、1日のバイト代を全部苗代にするのにも抵抗が薄いです。

こんなことって、今まで出来なかったよなぁ。ヨシ、○○を買うために仕事に行くぞーと、働いても、全部生活費に消えていた。自分のものより食料や子どものもの(必要品)を買うほうに回してた。

子どもらがそれぞれ独立したことって、とてもありがたい。子育ての最終目標は「自立する人間」だったものね。
この点では、親が貧乏だったのが功を成していると思う。親を当てに出来ない=自分で頑張るしかない。

これからは子どもたちに、出来るだけ長く自立していてよと逆に言われそう。

昨日の休日、夫は屋根のペンキ塗りを少しして、また図書館に本を借りに行った。私は一日中庭遊び。いなか暮らしは精神的にも身体的にもいいことが多い。
こんな生活は健康なればこそ。

不便を諦め、多くを望まず、自分が選んだ環境で暮らしていたら、ストレスが少なくていい。飽きずに庭をウロウロしていると、いつしか足腰も丈夫になっている。

理想の庭は簡単には出来ない。だからこそ、あれこれ思いや工夫をめぐらして、ボケ防止にもなっている。そう考えれば、苗も種も安いもんだ・・・って、強引に自分が都合よいとこに結びつける。笑
posted by kyouei at 06:52| Comment(3) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。