2010年08月31日

残暑

昨日、近隣は30℃超え、当地もそれに近くなった。
けど、職場は涼しい、天然の涼風が吹く。

70くらいのオジサンが、8月末になってもこんなに暑いのは、オレが20代の頃に一度あったくらいだと言ってました。
真偽のほどは分かりません。

暑いより寒い夏のほうが多い地域です。近年逆転しつつあるかも?ですが。

暑いと何が嫌かって、虫が増えること。
私の嫌いな幼虫たち、今年は実にいろんなの見たよ。
今までは、見つけ次第抹殺してたけど、最近面倒になってきて、まぁ、いいか〜。
これが「慣れる」ということでしょうか?
それに多いといっても自然淘汰されるから、全体的には意外と少ない。

軒下の隙間から入って屋根裏に、アシナガバチが巨大な巣を作っているっぽい。
蜂の羽音がブンブンとひびく。
この蜂は、よほどでなければ人に危害を加えることは少ないらしく、放置。
まあ、スズメバチでも近くや私らの行動範囲外なら放置だけど。

それにね、蜂って青虫毛虫を捕るらしい。私にとって立派な益虫だね。
この益虫という言葉に弱い。益虫は好き、害虫は嫌い。教育って洗脳かもね。

まぁ、この暑さが終れば、みんな死んじゃうんだよ。
ごく一部のにっくき虫を除いてね。


posted by kyouei at 06:14| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月29日

峠を越えて

行けるかもしれない。道東へ。
しかも、ガソリン代なしで。
仕事なのぉ。夫が。
でも、私が付いてってもいいってさ。

あまり寄り道は出来ないけど、娘のとこくらい行けるかな?

posted by kyouei at 20:36| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月27日

集団移動中

今朝の気温は8.5℃。
10℃を下回るのは今秋初。
えっ? 8月は秋じゃやないって?

だって吹く風涼しく、ススキが揺れて、空ははるか高い。
お盆が終ったら秋なんだ。誰がなんと言おうとも。

今朝の気温に関係あるのか、赤トンボがごちゃり飛んでいる。
もう幾日も前からその姿を見かけていたけど、今日はまさに集団発生というべく、
空を見上げれば、トンボトンボトンボトンボトン・・・。笑

しかも電線にも止まるのですよ。10cmおきくらいにトンボが並んでいるの。
松の木の幹や、車庫のトタン壁にも止まるの。
チロリンが捕まえようとしてた。

トンボ集団の中を走るとき、時速60kmだとフロントガラスにバチバチ当たる。
時速40キロなら、トンボは走る凶器をするりとかわして飛んでいく。
知ってた?
posted by kyouei at 21:54| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月25日

なんてこったい

大雨は運良く夫の仕事場を避けてくれたものの、道央地方が直撃。
あちこちの道路が通行止めとなった。ああー、旭岳への道も・・・。
で、お出かけは明日、なので復旧の望みにかける。

今朝、道路は通った。しかーし、笑
停電のためロープウェイは明日も運休とな。

夜中に出動しなくて良かった夫に、「日頃の行いがいいからだね。」と言ったけど、私は・・・良くないかもしれん。

同行者の都合もあって、行けるのは明日なんだ。その後の天気も微妙だし。

ちょい、コース変更。秋のお山を楽しんできます。
posted by kyouei at 11:50| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月23日

寝ずの番

大雨が降ったら、川の様子を見に行かねばならん。

そこはかなりの山奥で、増水してたらもちろん「見る」だけじゃ済まない。大事な仕事なんだ。
夜中に前線が通過して、かなりの雨が降る予報。
「どうするんだ、寝ないで起きていろと言うことか?」自問する夫。

おお、グッドタイミング。私、睡魔に襲われて夕方に遅い昼寝。「じゃあ、私が起きてるよ。」なんていい妻なんだ。笑

ずっと起きてて、雨音に耳を澄ましてなければなければならんと思った夫は、途端に眠くなって早々と寝室へ。あれ?晩ご飯も食べないで。

そんな会話をして9時過ぎまでゴロゴロしてた私は、やっと目覚めた。
天気予報チェック。やはり夜中にまとまった雨が降りそうだ。

ああ、雨の音が聞こえるよ。
おにぎりでも作ろうか・・・。
posted by kyouei at 21:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月21日

明日行けば

6連休です。やっほーい。
んで、その後は、週休2日ならぬ週休5日となる予定。

今月は、よく働きました・・・んにゃ、半日勤務がほとんどだから、私にしちゃ、よく出たってのが正解だね。

さてさて、それで得る収入は・・・?
うふふ、私の趣味に使うのだぁー。

いくら少なくても(ごめん、でも事実)、生活費は夫の収入でやり繰りすることにしている。
私の収入を生活費に入れてしまえば、それが基準になって私も1年中働かなければならなくなる。
私に出来る仕事なんて、滅多ないのよ。アテにすると外れたとき困るのよ。

とかまあ、屁理屈をつけるのは得意ですね。

生活レベルはなるべく低く、向上心のかけらもございません。
posted by kyouei at 18:56| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月20日

中腹で遊ぶ

来週、お山に行ってこようと計画を練ってます。
けど、登山ではありません。
山へ行く=頂上を極める だと思ってました。長いことずっと。

行き先は北海道最高峰の旭岳・・・の中腹、まぁ、簡単に言えば、ロープウェイを降りたあたりなんですが、
一般の観光客とちょっと違うのは、植物を探す鋭い目線・・・かしらね。笑

こんな時期、何も咲いてないべー。でしょうか?
いや、リンドウくらいは咲いている。
いやいや、探せばもっと咲いている・・・はず。

時期外れには時期外れの良さがある。そう信じています。
部分的には紅葉も見られるかな?って、ちょい期待もしてます。

お山の空気を吸うだけでもいいやね。想像するだけでわくわくしてきます。
たぶん私は、自然依存症。
posted by kyouei at 21:37| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月18日

かっこいいもの

熟年女性の一人キャンプ。
子連れライダー。

それだけ。

あ、父と子のキャンプも次にいい。
いや、母と子のキャンプのが上だな。
posted by kyouei at 23:53| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月16日

行列

お盆前に息子と末っ子が「夏休み」でやってきて、息子がアイスをいっぱい、ヤクルトなんぞも買いまして、
で、家で食べたのですよ。当然、ゴミはゴミ箱へ。

息子が帰る前に、台所にアリが2〜3匹うろうろしてました。まあ、もう季節じゃないし、油断してました・・・ら、

仕事から帰ったら、高速無料化による大渋滞のような行列が出来てました。びっくりー。

慌てて箱を玄関に移したら、アリさんもきれいに引き上げてくれました。ほっ。

高速と言えば、息子を旭川まで迎えに行ったとき、そうだ、と気が付いて、帰りに旭川から士別剣淵(しべつ・けんぶち)までのりました。
大半が片側一車線、こちらは軽トラなので、スピードも出せず、後続車が気になりながらも、ちんたら走ってきました。

迷惑なやつだー。

お盆前で、まだ混雑してなくて良かったわ。
posted by kyouei at 02:55| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月14日

わが家の自給率

去年に続き今年も野菜作りにさっぱり熱が入らない。
何でだろうと考えてみれば、野菜より花を育てるほうが楽しいからだけど、
もう一つ、喜んで野菜を食べてくれる人がいないってこともある。

私は好きよ。野菜を食べたら健康になる・・・と思い込んでいるから。

けど、夫がねぇ。

子どもが同居してたら「食べなさい」って、もっと張り合いもあるだろうけど、私が怖くて無理して食べてる(振りしてる)夫に、いまさら教育しても始まらない。

あれば食べるけど、なくてもさほど困らない食生活になると、消費量も激減して、それなら、と、ますます野菜作りが遠のいていく。
今年は春がすっ飛んで一気に夏になり、予定外の仕事が入ったりで、トマトだけはと思ってたけど、それも出来なかった。
一応、苗は3本ほど植えてある。けど、露地だから味の期待は出来ない。

末っ子が帰省してきた時、どっさり野菜が届いた。
肉(鹿)も米(コシヒカリ)も油も、インスタント麺の中身だけっていう不思議なものも届いた。

これは自給率アップと言えるのだろうか?
posted by kyouei at 09:03| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月12日

ゴミ問題

受付でたくさんの人に接する仕事をしていると、こちらのルールがまるで通じない人にも会う。それに対して「決まりですから」と突っぱねることは簡単だけど、つい、相手の身になって、困っているならどうにかしてあげたい、それが無理なら納得がいく返事が出来ないものか、「じゃあ、どうしたらいいんだ?」という問いにも答えられないか・・・を、ここ数日考えていた。

「ゴミはお持ち帰りください。」

ここ数年、ゴミ(を捨てること)に対する認識が大きく変わり、大半のお客さんも自分も、しょうがない、それが世間の流れだ、今の常識だと思っている・・・と思っていた。

が、料金(敷地管理料という名目、要はキャンプ場代)を取るのだから、ゴミを受け入れるのが当たり前だと主張する人が少なからずいる、という現実があった。
そして、自転車やバイク、あるいは長期の旅行者、滞在者、つまりゴミ処理に困るであろう人たちの気持ちが分からなくもない。

極端な話、死ぬほど困ることなら、ルールなど必要なく解決の道を探すだけだが、たかがゴミ、されどゴミなのである。

これにはいくつもの問題が重なり合っている。
ゴミの受け入れがなぜダメなのか?本当に無理なのか?

ダメな理由はいくつでも挙げられる。
保管する場所がない、仕分け(分別)する人がいない、それに対する予算ももちろんない。
よく、「有料でもいいから受け入れて欲しい」という声を耳にする。けれど、そう発言している人の料金設定はいくらくらいだろう?たぶん2〜300円程度だと思うが、当地でそれに見合う施設を作り、人を雇えば、1000円だって割が合わない・・・と思う。

当地のゴミ収集は週に1回、地域のゴミステーションは、冬の積雪に耐えるために頑丈なコンテナで、定期的に雪下ろしもしなくてはならない。もちろん掃除もだ。それらは地域住民が持ち回りでやる。夏はウジがわいた生ゴミバケツを洗うことだってある。
「時給1000円やるから、あなたやりませんか?」もしもそう言われたら、私は即座にNOと答えるでしょう。

では、本当に無理なのか?
これは、かなり苦しいところです。
今の状況なら、時と場合によって、2〜3人分程度ならと思えなくもないのですが、それも厳密に分別されてのことです。もちろん、だからどうする?は、上の判断であり、私に決める権限はありません。

では、なぜダメなのか?
これは、ゴミ処理が有料になった最近の出来事かと思っていたら、10年以上も前の古いキャンピングガイドが出てきました。なんと、その頃からゴミは持ち帰りとうたっていました。つまり、ゴミを受け入れられるように当初から考えられていなかったと思われます。
それは、カラス、キツネだけじゃなく、ここが熊のテリトリーでもあるからではないでしょうか?生ゴミの匂いなんか流れたら熊をおびき寄せるようなものですよね。

さらに、じゃあ、どうしたらいいんだ?という問いに答える最良?と思える方法がネット上にありました。
それは、ゴミを自宅に送るというやり方です。
バイクだからこれ以上持てない、は、詭弁だと思うのです。だって、食材はここ(キャンプ場)まで運べたのでしょう。中身が減っている分、来る時より軽くなっているはずです。なので、これ以上持てないと判断した時点で箱に詰めて送ってしまえばいい。なるほどなぁと思いました。
箱はどうする?って、箱くらいならいくらでも差し上げましょう。宛名を書くマジックもお貸しします。

そろそろ仕事に行く時間となりました。完璧ではありませんが、考えがまとまり、少しだけすっきりしました。
posted by kyouei at 09:14| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月08日

むすこ・つえー

一昨日から息子が帰省している。
が、今日もフルタイムで仕事だったので、晩ご飯が遅くなった。夫は待ちきれず寝てしまった。
いいもんねー。息子と二人でも。

肉が食べたいと言うので、一昨日の焼き肉で残った肉をホットプレートで焼いて仲良く食事していたら・・・、ブーーーーーーンって独特の低い羽音。おいおい、どこから入ってきたんだー。

オオスズメバチほど大きくないけど、黄色い頭、くびれたウェスト、やっぱりスズメバチだ。こうなると食事中断、ホットプレートにふたをしてその場を離れた。スズメバチは台所の電気の周りをゆるやかに飛び回っている。

「捕ってやるか?」「やめてよ。」
けれどハチは昼間なら窓へ行くのに、夜なので電灯から離れない。
「俺、虫取り網の扱いがうまいんだ。」息子はそう言うと外へ網を取りに行った。網は以前来たときに買ったもの、彼は元(今も?)昆虫少年なのだ。

そして、ひょいと、実にあっけなくスズメバチを捕まえ、伏せた網の中を観察している。
で、それをどうするのかと見ていたら、台所へ持っていってお湯をかけた。これが一番手っ取り早いんだそうな。

さらに網から出してまた観察、体長を測ってネット検索。キイロスズメバチじゃないかなぁ?となった。

うん、最近、庭の小低木に小さめのスズメバチがよく来てる。その仲間かもしれないね。

彼の見立てでは、軒下のすき間から入って、寝室の屋根裏に巣を作っているらしいのは、アシナガバチのようだ。こっちも捕獲&確認をしている。

ここでは昆虫少年も実用的かもしれないね。
posted by kyouei at 22:21| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月05日

小さな弱肉強食

ここは1年の半分が雪の中なので、冬眠をしない動物にとっては、かなり厳しい環境となる。北海道各地で問題になっている鹿の害も、道東に比べたらずっと少ない。
2mを越す雪が積もってしまうのだから、食料はそれより上に出ている木の皮くらいだからだろうか?

夏は餌が豊富で快適な外、冬は外に比べたらずっと快適な建物の中で暮らす生物がいる。ヘビ、ネズミ、カメムシ、テントウムシ・・・その他いろいろ、調べたくもない。

明日から10日間ほど息子が帰ってくるので、通称「息子の部屋」を掃除した。
ここは息子の大事なレゴと、漫画をはじめとする書籍がたくさん詰まっている。寮暮らしのやつは、買い込んだものが溜まると、宅配便を使って送ってくるのだ。しかもいっぺんに2箱も3箱も。
あまり本をたくさん入れたら2階が落ちてきやしないだろうかと気が気じゃない。
最近は宿泊者もこないので、この部屋の掃除は半年ぶりくらいかな。

夫や娘たちが出しっぱなしにした本を、何も考えずに空いた棚に詰め込む。
ゴミは前の置き忘れが少々、クモの巣も張ってない。
けれど、無数に転がるカメムシとテントウムシの死骸・・・よく見ると何者かに食べられた感もあり。
それらを片っ端から掃除機で吸い込む。

外では草に隠れて滅多に見られない・・・(でもないが)生物の営みを垣間見る。
posted by kyouei at 19:54| Comment(2) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月04日

住民説明会

幌加内町に「光」がやってくるんだそうだ。
今までの防災無線が新しくなるらしい。
地上デジタル放送難視聴エリアも解消されるらしい。
申し込めば、フレッツ光ネクストも使えるんだってさ。

朱鞠内地区(約60戸ほど)の住民説明会に行ってきた。何人来てるかな〜? おっ、20人ほど、意外と多い。

まずは防災無線の代わりになるIP告知システムの説明。
IP告知電話機というものを全戸に取り付けるらしい。緊急事態になったら、この電話機からサイレンと放送が流れてくるとな。
けど、停電になったら使えない・・・いいのか?そんなので。

この電話機を使えば、町内の通話は無料なんだって。
うーん、電話なんか滅多に使わんぞ。

電話機を置く場所と、電源2ヶ所確保しておいてくださいとのこと。

TVは、今はないし、これからもずっと?ない予定。
まー、先のことは分からんけど、新しく買えば見られるようになるんだね。

で、私が一番気になったのは、フレッツ光のこと。
スピードが5倍になるんだって。
ほんとかなぁ?
映画も音楽もダウンロードしてない生活なので、今の速さ(遅さ?)に不便を感じていない。
けど、これも先のことは分からない。
料金はぷららにすれば、1,000円ほどのアップで済むらしいけど、今のプロバイダを使うなら2,000円くらい上がりそう。
その分のメリットは今時点じゃない。
これも時代が変われば必要になるかもしれん。

ウチワとボールペンを貰いに行ったようなものだった。
posted by kyouei at 21:19| Comment(3) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月02日

ちょい忙しい?

8月=夏休み
子どもらが就職してからは、そんなことは関係ない暮らしだったけど、不定期ながらもキャンプ場に行くようになって、少しは忙しくなるのだろうか?などと思ってみたり。まだ勤務表が出来てないのではっきりしないけど。

基本、あまり(仕事に)行けない、というスタンスなので、勤務がびっちり入ることはないと思うけど、忙しさがピークの時は、なるべくお手伝いしたい。
それにこっちの夏休みはお盆までで、それを過ぎたら2学期になって、今年の観光シーズンは終了、短いものだ。

北海道の一番いい季節は秋なんだけどね。
いや、春かな?植物好きなら、断然春だね。

今年はその待ちに待った春を飛び越えて、一気に夏(のような気候)になってしまったので、すごく損した気分でいる。

夏が終れば、北海道人は冬の心配をする。せめてお盆までは冬のことを考えたくない。忙しいなんて言ったって、夏はあっという間に終ってしまうんだ。
posted by kyouei at 06:39| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。