2010年05月29日

この日のために

明日はお出かけ、札幌まで。
軽トラックで旭川まで行って、そこから団体行動になりバスに乗る。同行者にだあれも知った人はいない。でも、いいんだ、山野草展とナーセリー「アルム」へ行くという目的のため。個人で行くよりずっと安いから。

この日のために月曜日からぶっ続けで働きました。仕事は5時までだけど、すっと帰れない(客商売だから)時もありました。帰った翌日も仕事、で、6月は・・・まだ知らん。

「わがままなアルバイトより」と書き添えて、6月の勤務希望を出した。週2日程度にしておくれ、と。
7月からなら、週3日でもいい。そんなヤツは要らんと言われてもいい。(笑)

なるべく「わがまま?」が通るように、出来ることは精一杯やりましょう。


posted by kyouei at 20:21| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初夏に戻るか?

昨日までは寒かった。最高気温が10℃届かず。外で作業されてる方々は大変だったろう。
真冬なら0℃でも充分暖かいのに、一度暑さを体験すると、10℃じゃ寒い。人間の身体って不思議。

ずっと雨がちの天気だったけど、昨夜から晴れたようで、今朝、夫が「霜が降りている」と言ってた。私は寝ながら聞いてたので、目覚めたときはすっかり消えて、今はもう春の日差しが降り注いでいる。

あー、久しぶりの青空・・・仕事行きたくないー。(笑)

予報では、しばらくいい天気が続く。一気に草も木も萌えてくるだろう。
元校庭だった一段下の花壇が9割くらい出てきた。(まだ一部雪が残ってる)一見黒々とした土だけど、双眼鏡で覗けばツクシがびっしり。
あー、今年は(も)スギナだらけになりそうだ〜。
posted by kyouei at 07:00| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月28日

桜の謎

キャンプ場のチシマザクラは、全部で160本あまりだった。
一番に咲いた木は、遠くからはっきり分かるほど満開だけど、この寒さで、他は進まず、遠目には枯れ木状、近くによって何輪か咲き、つぼみがほころび始めているのが分かる程度。

次に暖かな日が来たら、一気に咲くんだろうなぁ。さぞかしきれいだろう。お花見でもやりたいね。

で、昨日、なぜあの1本だけが特別早いのか、そのわけが分かった。ほぼ99%間違いない。分かってしまえば、ああ、そうだったよなぁって、改めてこの地の特異性を知る。

ヒントはあれだけ樹高3mほど、同じチシマだけどね。

ウチの桜は若木ばかり、去年ちらほら咲いてたのは枝が折れてしまった。残りは葉っぱしか見えないよ〜。
仕方が無いから、向かいの崖に咲いてる桜で我慢しよう。
posted by kyouei at 06:44| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

ふるきをたずねて

第三雨竜川橋梁保存会の会報係をしている。
会報といっても年2回発行、A4サイズ裏表たった1枚のものだけど、いつもびっしりたくさんの想いが込められている。
私は寄せられた原稿をテキストで打ち、ワードで編集し体裁を整えるので、当然原稿の一字一句を読む。会は高齢者が多いので、ワープロ書きと思われる原稿もあるが、データでは来ないからだ。

裏面は「会員のひろば」となっていて、故郷を離れた人の深名線にまつわる思い出話が多い。これが20数年前に移住してきた私には興味深く、写真でしか知らない当時を思い描きながら、先人の大変な暮らしがあってこそ、今の私たちの暮らしもあるのだと思う。

奇しくも今回の原稿は、私たちが住んでいる家を譲ってくれたNさんの(たぶん)弟さんが書いたもの。こんなところに不思議な因縁も感じたりする。

会報は毎回千部ほど印刷し、町内全戸と町外会員に届けられる。中には見向きもされずに捨てられてしまうのもあるだろうが、鉄橋と共に、人々の生きた歴史の一端と熱き想いを文章にして残すということは、物と情報があふれる現代でも重要なことではないだろうか?と、思い始めてきた。
それは、他の、どこにもないものなのだから。

会報7号、現在編集中。
posted by kyouei at 07:35| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月24日

やっと新緑

そして、今週はびっちり仕事です。
気がついたら朱鞠内湖畔の桜が咲いてました。
でも、咲いているのはまだ1〜2本、ほとんどはまだつぼみです。

ここには100本以上もの桜があるのですが、チシマザクラは根元で枝分かれして、潅木状になってます。樹高はせいぜい2mくらいしかありません。

本州の桜並木と全然違う樹形は、桜のイメージを一新し興味深いものがあります。

今年のお花見をしそびれた方、まだ間に合いますよ〜。
posted by kyouei at 21:42| Comment(2) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

桜前線

やれ、根室で最後だとか稚内が終着だとか・・・。
>全国の観測地点で最も遅い開花宣言 ←道新の記事(稚内)
はいはい、ここは地観測地点じゃありませんよ。

北へ行くほど寒い、東の果てのが遅い・・・んなことありません。高山を除き、人が普通に住んでいる場所で、一番遅いのはここじゃないかと思う。

まだ雪あるしー、桜咲かないしー。

posted by kyouei at 13:22| Comment(2) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月22日

農繁期

らしいです。峠の向こうは。

ちょっとそこまでお出かけ、軽トラックで。メーターを見たら半分くらいしかないから、温根別(おんねべつ)ってとこでガソリン入れた。家から20キロほど、一番近いガソリンスタンド。

今日は土曜日、スタンドに人の気配がない。休みかな〜?
隣にあった農協の、資材店舗ってとこに入って声をかけてみた。「スタンドやってますか〜?」

中から人が出てきて、ガソリンを入れてくれたので、営業日やら時間を聞いた。
5月は農繁期なので、土日も休まずやってるとのこと。(8時半から5時まで。)けど、6月になったら土曜日半日、日曜は休みなんだってさ。

ああ、聞いてよかった。普通5月にやってたら6月もって思うじゃない。田舎生活にスタンド情報は不可欠なのだ。
posted by kyouei at 20:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山菜

雪が解けた斜面が順々に緑になっていく。そうすると、あれ、ですよ。花や鳥を探していた目が、一気に山菜バージョンに切り替わる。(笑)
あー、あそこにあるぅー。けど、急な崖の上。登れるかもしれないけど降りられそうもない。

山菜に命はかけられんよなぁ・・・。

連れと、「もし怪我したら、這ってでも家に帰り、階段で転んだってことにしようね」と笑った。
だって、かっこ悪すぎる。欲たけているからだと笑われそう。

で、結構必死こいて採ってきた山菜なのに冷蔵庫の中で眠ってたりする。採るのが楽しいのよね〜。
posted by kyouei at 08:49| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

焚き火

昨日、キャンプ場の電話番をしながら、気になったので、焚き火が出来るキャンプサイトはいくつあるのか調べた。手元にあったのは2008年のキャンピングガイド。うろ覚えの記憶だけど、300以上もある北海道のキャンプ場の、なんと半分以上が焚き火全面禁止。びっくりした〜。
他に指定場所のみOKというのもかなりあったが、キャンプといえば焚き火が一番の楽しみだった私は、時代の移り変わりにため息をついた。

キャンプの時くらい思いっきり火遊びしたい、(子どもに)させたい。火の魅力と恐さを知るのにいい機会と思っていた。これじゃあ、火を起こせない人間が増えるのも当然だ。

で、私の大好きな朱鞠内湖畔キャンプ場(というのでした、正式名称)はどうかというと・・・直火禁止となってます。世の中には焚き火大好き人間のために、焚き火台というのがあるのです。そういやウチにもあったっけ。

ちなみに焚き火OKなキャンプ場は10前後だった。半分以上が海辺(砂浜でも全面禁止多々あり)で、山間部では5つもなかった。

焚き火をしたら後始末は完璧にしましょうね。
posted by kyouei at 07:13| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

風のガーデンよりもっと

朱鞠内湖畔にレークハウスという宿泊施設がある。今年経営主体が変わりボランティアを募集してたので、花壇の植栽に手をあげた。
ぶじ、OKが出たので、ウチにある多年草を植えていくつもり。苗はいくらでもあるからね。
目指すは風のガーデンよりもっと素敵に・・・なんて、行ったこともないくせに。(苦笑
まぁ、それくらいの気概で取り組みたいということで。

お金はかけれないけど、一つだけ有利なことがある。それは湖を借景に出来るということ。ここの景色はまさに北欧の雰囲気、向かいの島に古城なんかそびえていれば、フィンランドかスウェーデンかと見まごうばかりなり。

今日も1日、氷が解けて鏡のようになった湖を眺めてため息をついていた。
はぁー、きれい。(オィ、仕事は?)

はい、仕事もちゃんとやっとりますです。
posted by kyouei at 20:26| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

自動車税

納税通知書が届いた。4,000円!
思わずにんまりしてしまった。そうだ、これからは4,000円だけでいいんだ。
車1台、しかも軽トラックだけという不便な思いが、一気に吹っ飛んだ。

子どもらが自立するまで春はなにかと物入りで、ただでさえ苦しい家計に、自動車税は重くのしかかっていた。期限までに払えないことが何度あったことか。

生活の質を落とすのは難しいと聞いていたけれど、わが家はあっさり、どんどん落としていける。(笑)


posted by kyouei at 22:28| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

明日も旭川

今週は珍しく2回もお出かけ。明日は娘の車に便乗・・・ん?運転手は私みたいだけど、それはどっちでもいい。どーしても行きたい春の展示会。

こんな催しがあるなんて、今まで知らなかったの。何を展示するかって?それは山草・・・なんでしょうねぇ。
去年入った「北海道山草趣味の会」の行事だから。

まさか自分が山野草を栽培するなんて、数年前はちっとも思わなかった。けど、ウチはみんな地植えだから、山野草も園芸種も高山植物も区別ない。

で、北海道ならではと思うのだけど、高山植物が意外なお値段で手に入るの。そう、一番の目当ては余剰苗の販売なのだ。

何が出るのか、行って見なけりゃ分からない。もしも欲しいものがなかったら・・・山野草店へ走っちゃうよ。(笑)

ちなみに娘たちは旭山動物園だって。だから、娘に連れてってもらう、じゃなくて、私が連れてくの。
posted by kyouei at 18:28| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

峠のむこう

は、春だった。
野山は緑に萌え、サクラやコブシやツツジが咲いてた。それに引き換えこちらはまだ冬景色。
咲いているのはネコヤナギとフキノトウ・・・。じみ〜。

雪解けは、まあまあ順調、現在積雪深50cm。元校庭の草原は全面真っ白。
それでも、向かいの林の下に地面が一部見えてきた。

カウントダウンしていいかな?
1日10cmは解けないかな?

湖もまだ凍ってるみたい。
ん、すでにシャーベット状かな?
明日行く。青い湖面はもうすぐ?

うろうろと歩き回るのが楽しくなってきた。
けど、熊さんはまだ寝ててねー。
posted by kyouei at 21:02| Comment(5) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

免許更新

今日は半月ぶりの遠出、旭川の免許センターへ。
夫と更新期間がだぶるので、一緒に行ってきます。

ついでに買い物少々。猫のエサは・・・?
まだストック4つあるって。半月くらい大丈夫。

ウチは、買い物目的だけで町外へ出かけることは少ない。昔は毎週のように出ていたけれど、じじばば二人の生活じゃ、今すぐ必要なんてものほとんどない。
なので、思いついた時にメモをして、用事のついでに買い物をする。

なくなったら困るものはストックする。(ガソリンまでも)
でも切れたら、我慢する。(現在ソース我慢中)
出かけずとも調達可能かよーく考える。

ほんとにほんとに必要なものなんて、案外少ないんだわさ。
posted by kyouei at 08:01| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月09日

日本一遅い春

いまだ積雪77cm、何度かトップを競り合った青森県の酸ヶ湯に差をつけて、アメダス観測地点の中で再び積雪深日本一になった。
日本各地から「初夏」の声も聞こえるこの頃なのに、ここはまだ真っ白な平原、春さえも来ていない。

けれど、この膨大なデメリットをカバーするメリットが、気付かないだけですごくたくさんあるはずだ。

どんな現象にせよ、日本一というのは心地よい響き。日本一がたくさんあるわが町を、誇りに思っている町民も多いはず。
「自分の住む地域が好きか?」こんなアンケートをとったら、これも日本一になれるかも?

嫌いな人はみんな出て行った?
あはは、そんな身(み)もふたもない突っ込みは無しにして。
posted by kyouei at 08:17| Comment(3) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月08日

好青年現る

朱鞠内は今、移住ラッシュ。とっても素敵なお姉さん(もちろん私よりずっと年下)に次いで、爽やかな青年が仲間入り。
さらにその後も増える予定で、平均年齢がぐっと若返る・・・かもかも〜。

レークハウスがおしゃれに変身中。湖の眺めもとってもいいんだわ。
抜群の眺望付きレストラン、間もなく開店。
posted by kyouei at 00:01| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月06日

週休5日

今日、初めての仕事に行きました。
しばらく、常勤の人が休みのときの代理になりそうです。
ということは、普通に考えると週休5日。
おお、ちょうどいいペースです。(笑)

もっと私が若くて、もっと働きたいと願ったら、
逆の立場になれたかも知れません。季節雇用だけど。

田舎の仕事は、ある日突然巡ってきます。
だって、働いている人ほとんど高齢者。

私は、もっと若い人のために仕事を譲ります。
なんてね。
posted by kyouei at 22:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月05日

やられた。

2階の育苗室、今年は猫を入れないし、自分で引っ掛けて倒すこともない。なかなか順調〜と思っていたら・・・。
午後から2階へ上がり、ぐるっと眺め回して、何か変!
あっ、西の窓際に置いた、発泡のふたがポリポットごとない!発芽したてのちびちび苗が、いくつも出てたはずなのに〜。

今度は何が来たんだ?
入り口の戸は閉まってるし、ネズミでも走り回った?予期せぬことが起こる家だからなぁ。
何でもいいから下に落ちてる苗を拾おう。草丈1cm、双葉2mmくらいのちっちゃいちっちゃい苗を虫眼鏡で探しながら拾う。

で、ピンセットを使いながらポットに植えなおしてたら・・・、左のほうでガサガサ、何かいる!
なんと、30分近くいても気付かなかったけど、チロリィ(=チロリン)じゃないですか。

そうか、お前の仕業か、しゃーないなぁ。
で、いつからそこに?今日は私、午前中出入りしてないよ。(してても絶対入れないけど。)

ああ、そういえば、昨日娘が来て、「にーちゃんのマンガ部屋」に本を返しに2階へあがり、「おかあの園芸部屋も見たよ」と言ってたっけ。
「猫入れてない?」と聞いたら「大丈夫」って言ってたのに。

で、夫はチロリンじゃなくて「アカベーがいない」と昨夜から言ってたけど、こいつもまた?
・・・でした。別の部屋に。

こいつら学習せんのかね。
posted by kyouei at 21:21| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恐怖再び(笑)

何が怖いって一番はあれですよ、あれ。

今日もいい天気。朝からずーっと外にいて、さて、お昼でも作ろうかと家の中に戻ってきたら・・・。
大失敗〜。ストーブを点けっ放しだった。茶の間あちー。

カメムシが大喜びで、日が当たる窓にウジャウジャ。あいつらは暖かくて明るいところが大好き。
出て行け〜とばかりに窓を開け、カーテンだけ閉めた。

さて、パソコンチェック・・・・ブブブブブーン。
パソの音よりはるかに大きな羽音、夏の日の恐怖がよみがえる。
まさかー、まだ、春だよ。外には雪がいっぱいだよ。

だけど、冬眠から目覚めちゃった女王蜂が偵察にやってきた・・・ってことは、考えられる?

カーテンに映った影は、影だからだけど、やけに大きい。そのシルエットはあのスズメに見えなくもないような・・・。
お願い、茶の間に入ってこないでー。

やがて羽音が遠ざかり、急いで窓を閉めた。どこかに止まってるかもしれないから、カーテンはしばらくそのままに。

再び羽音、でも小さいし、影も映らない。どうやら外にいるようだ。
恐る恐るカーテンを開ける。そして目にしたものは・・・!
posted by kyouei at 12:50| Comment(2) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月03日

犯人は誰?

雪が降ってから、ホームセンターで半額の半額に釣られて買ったスカシユリ系の球根を、大き目のプランターに植えて雪の中に埋め込んだ。
夫の除雪トラクターの犠牲になって、プランターの片側がバリバリに砕け散った。けど、土は何とか形を保ち、中の球根も大丈夫かなぁって状態だったのに・・・。

今朝見たら、大きな穴が二つ。うーっ、猫ども?いや、土をクンクンしたけど臭わないから違うみたい。
何だろ?何かが来て喰っちまったに違いない。だってユリなんだもの。まさにユリネ、美味だったでしょうよ。

ちょっとの油断が命取り、取られたのはユリの命だけど。

お庭にはいつも敵がいっぱい。可愛い小鳥も種子を食べ、猫に食べられる。生存競争激しいわ。
posted by kyouei at 23:00| Comment(2) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月02日

水たまり

やっと暖か、外が気持ちよい季節になってきた。今日は雪解けもかなり進んだ模様。けど、まだ125cmもあるけどね。

軒下の雪の壁が日に日に小さくなってます。でも、解けて流れた水の行き場所がない。なので、子どもの頃と同じように小さな川を作って遊んでました。

野鳥がひっきりなしに飛んできます。先日は教室の中にノビタキが入り込んで、戸を大きく開けたけど逃げていったかな?
かと思えば、アカベーがヒナをくわえてきたりして、そこにクロチンがケンカを売りに来て、しばらく睨み合い。その隙に逃げようとしたヒナはクロチンに見つかって・・・。
可哀想だけどこれも自然の摂理。

向かいの道路の方へ行ってみたら、道路わきにウサギのフンがコロコロと。道端の草を食べに来てるようです。
春がやっと・・・だね。自然界の動物は、一息ついているかなぁ。
posted by kyouei at 22:43| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月01日

高級果実

直径20cmほどの大きな柑橘類を切った。柑橘大好き、でも北海道じゃ何もとれない。
高級果実と印刷された包装のポリには、「ざぼん」と「ばんぺいゆ」の文字が・・・どっちだ?

これは先週のお手伝いで頂いた物。お供えの果物盛り合わせを、「皆さんで分けてください」と喪主の方が言ってくださった。
何かやることは?と、ウロウロしてたら、控え室兼遺族やお手伝いの人が食事する和室で、果物を分けている現場に遭遇、この巨大蜜柑に他の果物が何個かで一人分になってたけど、これだけでいいのでとお願いして貰ってきちゃったのだ。
こういうちゃっかりさは、末っ子の特質なんだろうか?

初めて「ばんぺいゆ」の味を知ったのは、娘の友達の親からの九州旅行のお土産。子どもを一緒にキャンプなどに連れて行ってたからかしらん。
あれは、旨かったな〜。あっさりとして淡白だけど爽やかで、かすかに甘い。とっても衝撃的だった。

あれから滅多に食べれなくて、私の中の憧れの果実なの。まさかこんな形で再会できるとは。
posted by kyouei at 07:52| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。