2009年07月31日

やっぱり、こわいっ〜!

玄関前でお花の手入れをしていたら、大きくて低い羽音、そう恐怖のスズメちゃん。
中断して家の中へ入ってしばらく、ヤツも入ってきたー。じっとしてれば大丈夫ったって、足元でブンブンされたら、怖いなんてもんじゃありません。

階段の方へいったん逃げてから外に出ました。

夕方帰ってきた夫に「茶の間にスズメバチいるから気をつけてー。絶対無茶しないでー。」と告げました。
夫は普段、「なんも怖くない。」と言っているから。

だって、でっかいんだよ。あれは絶対オオスズメ。
近くに来ても平気な顔して、「(こっちが攻撃しなければ)こいつは刺さない。」って言える日は・・・来ないだろうなぁ。


posted by kyouei at 21:02| Comment(4) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月30日

久々の青空

やっとすっきり晴れた〜。
お日様は、時々雲に隠れたけど、夏というよりさわやかな初夏という感じだったけど、それでも充分満足な晴れ。

夫が言われたそうな。
「Tさん、去年みたいに焼けてないね。」
「焼けるもなんも。お日様出てないやんけ。」
 (いくら関西人でも「やんけ」とは言わないかな?

記憶があやふやなので、3キロ離れた地点にあるアメダスのデータによれば、
7月7日の日照10.3時間、14日6.7時間 12日6.4時間 それ以外は5時間以下、さらに1時間未満が16日。
しかも降水量があるのが22日間(29日までで)

いかに曇り時々雨、お日様出ても一瞬のみ、の日が多かったか。

さあて、これからは「北海道は涼しいよー。快適だよー。」と自慢できるぞ。(笑)
posted by kyouei at 22:07| Comment(4) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関西は高い

末っ子が「ラケットバックを送って」というので、彼女の荷物置き場になっている2階の部屋から下ろしてきた。チャラチャラしたキーホルダーとかを中にしまって、このまま荷札を付けて送ろうとしたが、待てよ、メジャーをあててサイズを測ったらちょっと大きい。

なので、ダンボールを引っ張り出して、バックがぎりぎり収まる大きさに仕立て直し、ぎゅうぎゅうに詰めた。サイズは120前後、ちょい微妙。さらに押しつぶして何とかクリアー。
それでもゆうぱっく持ち込みで1700円、高いなぁー。

関西からだと帰省の飛行機代も高く、娘は夏に帰れない。いまだに続く研修期間、赴任地は関東になるといいね。
posted by kyouei at 07:22| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

町道草刈り

ウチから国道へ出る道と、ウチの裏へ続く林道のような道は、共に町の道路なので、年に1回、草刈り車が入り、道路両脇1m以上もの幅で草を刈り倒して行く。

車体の横から草刈り装置のアームみたいなのを伸ばした大型車が、ガーガーってすごい音を立て、道路を半分塞いでいた、2〜3mにも伸びたイタドリや、1mのフキ、その下にひっそり咲いていたヒメイズイや、私の好きなエゾクガイソウや・・・何でもかんでも倒していく。

刈られた草の向こうに、キツリフネがたくさん咲いていた。
ミズバショウの花穂が落ちていたので拾ってきた。中の種が熟しているようなので、蒔いてみた。
エゾクガイソウの茎は挿し木に・・・できるかな?
posted by kyouei at 06:59| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月26日

ずうっと雨

7月の雨、札幌では例年の3.4倍なんだそうな。
こっちはどうなんだろう?
何だか毎日雨が降っている気がする。
たまに止んでも日中ちょっと・・・といった具合で、燃やしてしまおうと思って、外に出した紙ゴミが乾くひまがない。

晴れの日は朝霧がかかる。夜は夜露が降りる。山の中だから、山の天気? せっかく付けて貰った外水道も出番なし。汲み置きの水も出番なしで、ボウフラなんか湧いていたから、慌ててひっくり返した。どうりで蚊が多かった〜。(汗



posted by kyouei at 21:27| Comment(2) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花壇開墾中

花がまばらな庭を見下ろしながら、
今年は1年草の種蒔き&育苗が満足にできなかったな〜。
多年草は満足な花が咲くまで3年(以上)はかかるな〜。

あの、濃い紫のデルフィニウムの後ろに白花があったらもっと映えると思って、モモバギキョウの白小苗を移植したけれど、来年、同じ時期に咲くとも限らない。
白ならその左側一帯に、ジャコウアオイが野良生えで咲きまくっているけれど、こっちにもあっちにもそっちにも同じ花を植えたら、まとまりのない花壇になってしまう。
ホタルブクロの白も増えまくっているけれど・・・。

う〜ん、黄色は敬遠気味だったけど、うす黄色の花だったらもっと欲しいかも。

雨でがんがん育つ草を抜いて小苗を植えているけど、まだ手が付けられない草むらがいっぱい。手前のヨモギ林は何を植えるか決めてないので放置、緑のホスタ苗はどこに植えようか・・・。ホスタが「ここ!」って言うまで待機中。

○年後の庭を夢見て、毎日庭で「遊んで」いる。
posted by kyouei at 06:47| Comment(2) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月25日

見た花、買った花

ちょっと隣の隣町までドライブ&ハイキングに行ってきた。100キロ以上離れているとこね。
着いてすぐ一汗かいてしまったアクシデントもあったけど、最終的にそこそこの種類の自生する花々を見られたので結果オーライ。

咲いてた花
シラタマノキ、エゾオヤマリンドウ、エゾノマルバシモツケ、ヒメイソツツジ、イワブクロ、モウセンゴケ、ミネズオウ、エゾノツガザクラ、イワヒゲ、ウコンウツギ、タカネオミナエシ・・・ほか、葉っぱのみ数種。
車で森林限界の上まで行ってしまうので、楽々お散歩なのに高山の雰囲気を存分に味わえて、北海道に住んだ甲斐があったというものだ。

帰りに旭川に寄ってお買い物〜。
A店
シラヒゲソウ 300円
ギンパイソウ 400円
 「マイナス20℃でも大丈夫ですか?」「大丈夫だよ。」
と聞いて帰って調べたら、O植物園のHPでは耐寒性マイナス15℃だった。う〜ん、ウチで越冬するのは微妙かもしれない。
よくよく考えたら、これほどの寒地での栽培データなんてあまりないのかも?

B店
ヒメタムラソウ 105円
ホソバヒメタムラソウ 210円
 の、それぞれ2割引

撮った花はありませ〜ん。m(__)m
posted by kyouei at 06:23| Comment(4) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月22日

今日の散策

今日は久々に南下。
農道の脇にクロバナハンショウヅル発見。え〜、こんなとこに?って場所。

シラトリシャジンが咲く山も発見。車から徒歩5〜10分。
徒歩0分のとこは、最後の一花。種を採るにはまだ早い感じ。次回タイミングがうまく合うかなぁ?

正体不明だった謎の花はエゾスズランではないか?となった。
トリアシショウマらしき?のも道端に。
posted by kyouei at 21:29| Comment(2) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アサギリソウ

斑入りとか銅葉(赤茶色の葉っぱ)の植物にそれほど興味がない・・・というか、あれば嬉しいけど、それをコレクションするほどの執着はない。たぶん寒さのせいで、普通の品種でも銅葉みたいになるのがあるせいだろうか?
でも、白っぽいシルバーリーフは庭のアクセントになるし、いいなぁと思うこの頃。

今日は、たまーに掘り出し物がある地元の花屋さんに寄った。うーん、たいしていいもんないなぁ、あってもお値段が高いなぁと宿根草を見てた。と、目に留まったのがアサギリソウ。細かな葉っぱがふさふさしてていい感じ。実はこれ、朱鞠内のSさんちで見てて、増えたら頂戴ね♪と約束してあるけれど、一株しかないし、株分けまでしてくれそうな気配もない。

何年後になるか分からないのより、目の前の苗、消えかけているお値段を聞いたら、150円というじゃないですか?ビニールポットじゃなくプラ鉢に入ってるのが、です。
即、買いました〜。(笑) しかも1割引でした。(^^)

帰ってから調べたら、さし芽も出来そう。うふふ、さっそく明日やっちゃおう。
posted by kyouei at 18:32| Comment(4) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

キンバイソウはトロリウス

ポット苗を移植してから調べたら・・・。
あ、植える場所間違えた。(>_<)
まぁ、いいや。もうちょっと大きくなったら植え直そう・・・こんなのばっか。

冬はねー、暇だから、学名調べて、画像検索して、好みそうな場所の見当つけて・・・とやってたんだけど、今はよほど気になるのしかできないし、とにかくここに仮植えしとこってのも多々ある。

ポットにそのまま、もう少し大きくなるまで植えておくのもいいけれど、あっちこっちにあり過ぎて気になるわけですよ。いちおう。

それに地植えにしたら。乾かす心配ないし成長するのも早い。中には失敗も・・・そりゃー数え切れないくらいあるけどね。
posted by kyouei at 15:56| Comment(2) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月20日

万年休日なもんで、

今日が祭日だとついさっき、夫に言われて知りました。
だって、私が見るカレンダー、赤くないんだもん。
夫は今日も休みだけれど、それは「お祭り休み」だから。
北海道は祭りになると仕事が休みになるんです。

なので、ケロちゃ〜〜〜ん。
例の物は明日発送します〜。
町内の郵便局、休日窓口なんて気のきいたもんは、ないのですー。
posted by kyouei at 15:11| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宵宮祭

昨夜はお祭り、といっても会場はコミュニティセンターの中。イスとテーブル(長机)がたくさん並んで、行った時はほぼ満杯。

余興に保育所や小学生の踊りや歌、合奏などがあって、老人クラブや婦人会の踊りもあって、途中で抜けてきたけど、カラオケ大会も予定されていた。

大阪出身のN君が焼くと噂のタコヤキが旨かった。余分に買ってきたので、後で温めて食べようっと。

近隣からも来てたので子供がけっこういたが、保育所の出演者は3人、小学生も全部で10人以下、あとはウチらも含めて「じじばば」ばかりなり。

まあ、お遊戯会と学芸会と老人会を兼ねた手作りのお祭りってとこかな。もうちょっとお店が欲しい〜って思うけど、買う人も居ないんだろうな。
posted by kyouei at 07:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月19日

雨ばっか

今年はよく降る。
「毎日?」って思うくらい降っている。
ホースを使っての水やりは一度もなし、溜めた雨水も出番がない。
天気予報でしばらく晴れや曇りが続くなーと思っても、次に見たらきっちり傘マークが出てる。天気予報は一日何回も見る。
こんな年は過去にないと思っても、過去のデータを見ればたぶんある。きっとある。

ちびちび苗の移植には、後の管理が楽でいいのだけど、一部の植物を除いては、花が瑞々しく、寒いからいつまでもきれいでいいのだけど、1年草や野菜はさっぱり育たない。お日様が滅多に出ないもんねー。

なもんで、たまの晴れ間に草取りや虫のチェック。昨日は朝も昼も食べないで、気が付いたら夕方になっておりました〜。


posted by kyouei at 07:49| Comment(6) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月17日

今年も冷夏?

今朝の気温は11℃。思いっきり涼しい。
アメダス実況の「気温」で、北海道は真っ青(15℃以下)、去年は?と過去のデータを見れば、去年もけっこう寒かった。

野菜や夏の暑さを好む1年草はさっぱり育たないけど、多年草は一部を除いて元気がいい。
デルフィニウムはまだつぼみ、やっとホタルブクロが咲き始めた。

同じ町内の幌加内市街地、政和、母子里、朱鞠内に比べ、ウチの庭に咲く花は一番遅い。デルフィニウムを植えている場所は、午前中は日陰、雪解けも遅かった場所だから、なおさらかもしれない。

例年、一番夏らしいのは7月下旬で、8月中旬のお盆を過ぎたらあっという間に秋になる。今年は夏がやってくるのだろうか?
posted by kyouei at 06:45| Comment(5) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月15日

お祭り

地元の神社祭りに先立って、神社内の清掃や境内の草刈りの案内が来た。たまには地域の行事に参加しなければ・・・と、雑巾1枚持って行った。

見知った顔はほとんどいないが、それなりに小一時間、「居ないよりはマシ」くらいの手伝いをする。

共栄(二戸5人)が属する朱鞠内自治区は、5〜60戸100人以下(不確定情報)の典型的な限界集落で、この日も私より若いと思えたのは、数えるほどだった。

宵宮祭は境内でせず、コミュニティセンター(元公民館分館)であるらしい。大阪出身のN君が毎年タコヤキを焼くと聞くから、それだけの為に出かけよう。


約2週間後の朱鞠内湖湖水祭り(8月1日)は、町の観光行事だからもっと盛大で、出店も何軒か出るし、ショーらしきものもある。
こっちの目玉は、湖の島からあげる花火で、札幌や旭川のと比べると規模は小さいけど、人口の灯りがない真っ暗な夜空、山々に響く打ち上げ音と、来て見て損はない(というより、近隣なら来なきゃもったいない)と思う。なんせ駐車場から近いのがいい。

9月上旬のそば祭りについては、また今度。
posted by kyouei at 13:53| Comment(3) | etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月13日

バードウォッチング

野鳥観察会には2〜3回、どこどこ?って探している間にいなくなって、野草や山菜ばかり探していた。

でも、今は茶の間から、かなりの鳥が間近に見られる。

今朝も見たことがない、ハトよりやや小さめで斑紋だらけの鳥が、夫が草刈りした直後のドロノキの下で、何かあさっている。
双眼鏡と野鳥図鑑を引っ張り出して見比べた。

トラツグミ・・・秋は雪のない暖地へ移動するそうな。

見ていたらもう一羽赤っぽい鳥がすぐそばに。

野鳥に興味があったら面白いだろうな。
posted by kyouei at 06:37| Comment(3) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月11日

玄関の間

外水道への配管の部品がどうにか揃ったので、慌てて玄関を掃除した。靴を脱ぐ場所が1坪弱、全部で6畳ほどかなり広い玄関の間、ついつい色んな荷物やゴミがたまる。掃除といっても配管工事がしやすいようにと、そこらにあったものを全部教室に運んだだけ。

まだ、旧宅から運んでいないものがたくさんあるし、物の置き場が決まらない仮住まいのような生活。それでも生活していけるし、この家を見回せば、必需品でないものがたくさん。

処分も整理整頓もできない。ゴミ屋敷の人の気持ちが分かるのが怖い。(汗

目指すはすっきり使いやすい家、目標だけはあるんだけど。
posted by kyouei at 08:52| Comment(3) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月10日

寒いっ!

アメダス気温11℃。
なにこれ〜〜〜。
7月じゃなきゃ絶対ストーブ焚くわ。
posted by kyouei at 09:13| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

すっかり粗食

興味の対象が食べることからずいぶん遠ざかって、食事はいつも簡単、台所もまだちゃんとなってないし・・・。
野菜は、好きなナスだけ買って、あとは庭から葉っぱを少々。特にパセリが重宝している。
じじばばの食卓なんて、こんなもんでいいんだ?夫がグルメじゃないのが、今はありがたい。

それにしても今日は寒い。でも、いくらなんでもストーブを焚くには抵抗がある。久しぶりに煮物でもしようか・・・。
posted by kyouei at 08:37| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月09日

足慣らし

友人は三頭山に登りたいと言う。町内第2の高峰・・・といっても標高千mほどしかない山だけど、知れば知るほど無理!奇跡を待つしかない。
去年約束した大雪山赤岳から黒岳への縦走コース、これも危うくなってきた。最後に登ったのは、もう10年以上も昔の子連れ登山、超ゆっくりペース。

何年か前に体調を崩し、ショッピングセンター内さえロクに歩けなかった時期がある。それから足腰にまったく自信がない。わずかな登り勾配でも辛い。
最近の散策だって、ほとんど車、歩いているのはほんのわずか。

目的は頂上に立つことじゃない。花を観察、写真を撮りながらだから、途中で引き返してもいいんだよ。ありがたいお言葉。休み休みなら、少しはどうにかなるかもしれない。

高山植物の自生する姿を見たい。

姿見の池(大雪山旭岳中腹)から裾合平を通って愛山渓へ抜けるコースはどうだろう?長い登りはなかったはずだ。

待てよ。もっと手軽(かつ安価)なコースを思いついた。
十勝岳の望岳台横に周遊コースがあったはずだ。ここならロープウェイ代も要らない。一周4キロ1時間。ゆっくりゆっくり、2倍も3倍もかけて歩こうか。友人が写真を撮っている間、私は花を観察し休む。

うん、これならすぐにでも。ダンナの休日を待つことなく、私の運転でも行ける。
Mさん、来週か再来週どうでしょう?
posted by kyouei at 08:52| Comment(4) | etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月08日

雨でも散策

天気予報は見るたびに悪くなって、それでも散策行きました。雨なら虫も来ない、蜂もお休み?
いえいえ、しっかりスズメらしきの寄ってきました。仕方ない、私らが彼らのテリトリーに入ってるんだから、ブーンって羽音が聞こえただけで、すごすご退散ー。

クロバナハンショウヅル咲いてました。ツルがびよ〜んと道路まで伸びて、車に轢かれそうなとこ「剪定」させて貰いました。挿し木無理かな〜。

色が少ない緑の山で、エゾシモツケソウのピンクが可愛い。数は少ないけどクルマユリも今期初花。春ほどの絢爛さはないけど、行けばやっぱり一つ二つ発見があって、散策はやめられない〜。

エゾアジサイが咲き始め、ツルニンジンのつぼみが膨らみ、前回、野良アスパラだと信じて観察を怠った、キジカクシらしいのはすでに消滅し・・・と、山の草は次々変わっていく。

これから暑さが増したら、でっかいアブもやってくる。雨の日?風の日?いや、早朝に散策しようか。
posted by kyouei at 19:06| Comment(3) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

木陰

昨日は暑かった。30℃近く。本州の夏に比べればたいしたことないけれど・・・。
半袖で外に居たので、腕がすっかり日に焼けた。
これだけ気温が上がるとブヨや蚊が少なく、虫除けの上着を脱いだのだ。

こんな日には、庭の真ん中にあるドロノキの大木がありがたい。日陰と日向、天国と地獄のように違う。日中の作業は日陰を追って花壇から畑へ。

風に吹かれて木陰にいると、真夏でも天然の優しいクーラー。草の上にシートでも敷いて昼寝をしたくなる。

短い夏でも、植え替えたばかりの小苗には辛いなと思っていたら、今朝、都合よく雨が降った。きっといくつも生き返ったことだろう。
posted by kyouei at 06:25| Comment(3) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月07日

ロック拡大中

玄関前の斜面から始まったロックガーデンもどき、去年は東側へ、そして今年は西側へと面積を拡大しつつある。
斜面というのは、それだけで水はけがよく、カクトラノオやフランスギクを生やしておくのはもったいない。
それらをせっせと抜いて、上部通路に敷き詰められているコンクリート破片を集めて入れ、さらにエゾ砂と砂利を乗せる。

そしてまだ小さい1〜2cmほどの苗を植え込んでしまう。うまく根付けず枯れてしまうもの、猫に掘り起こされてしまうもの、さらにオシッコされて駄目になってしまうのもあるが、案外それらの悪条件の中で育つものもある。

肥料はほとんどやらない。だから成長が遅く、普通の倍や3倍かかっている気がする。もっとも高山植物の場合、何をもって「普通」というのか?自然界なら肥料は皆無と思われるし。

その年月を待ちきれず、種を蒔いてても掘り出し物と思われる苗があると買ってきてしまう。いいさ、一つ一つの固体が小さいし、苗はいくらでも欲しい。場所はどんどん広げていける。
posted by kyouei at 06:21| Comment(2) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月06日

重い腰

延び延びだった、外への水道配管工事。
今年の春は雨続き(で、必要に迫られない)だったり、ダンナが忙しいからなんたら、まったくウチは夫婦そろって超のんびりになってしまっている。

工事主任のSさんが、見かねてダンナの休みにやってきて、メジャーでパイプの長さを計り、ダンナが必要な部品をメモした。水道のパイプは風呂場からトイレに向かう配管に分岐をつけて、天井や壁に沿って玄関横まで伸びる予定。途中洗濯機の近くにも蛇口を付けてもらう。直線距離なら8mほどだけど、曲がりくねるので、4mのパイプ3本を買うことにした。
「見かけはどうでもいいから、工事がしやすいようにしてね。」と、言ったものの、見るからに面倒くさそう。部品はどうぜ足りなくなって、後から買いに走るんだろうと予測している。

私はともかく、外に蛇口が付けばいい。靴を脱がずに、風呂場の蛇口までホースを付けに行かずに済めばいい。今日は旭川まで久々にお買い物。
posted by kyouei at 07:00| Comment(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月04日

笹刈り

向かいの林は河畔林、熊笹がびっしり生い茂っている。笹は指くらいの太さで草丈2mくらいあり、ネマガリダケほどではないにしろ、長年の雪の重みでまっすぐ立っていない。(冬は全部雪で倒れる)

蕗やアザミやイネ科雑草よりずっと固いので、夫はぼちぼち、何年か計画で刈っていく予定にしている。

「漁協で笹が欲しいんだって。」笹を束ねて何かに利用するらしい。願ったり叶ったり。さっそく2人で刈りに来た。若いN君はさすがに馬力がいい。夫も休日のような、ちんたら刈りとちょっと違う。(笑)

2時間ほどで、夫の何年か分の笹(それでも全体のほんの一部)が刈れた。でも、笹の下はまた笹、その下も笹、幾層にも重なっている。ここが地面になるには何年も刈り続けねばならなさそう。
posted by kyouei at 06:50| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月03日

草刈り

道端の草がぼうぼうと伸びてくる季節、国道や町道に草刈りの車がやってくる。草は短い所でも50cm以上、場所によっては1m、イタドリなんかは2〜3mにも育つ。
ガードレールや橋の周り、道路と歩道の段差のところなど、大型の機械でやれないところは、エンジン付の刈り払い機を持った人力作戦だ。

公園も個人の庭も、草の面積がケタ違いなので、あちらこちらでこの刈り払い機のエンジン音がひびく。

見通しのいい道路、きれいな庭の裏に多くの労力が費やされている。
posted by kyouei at 07:02| Comment(0) | etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月02日

真昼の決闘

クロちゃんが花壇の中に座り込んでいた。
また、シッコかなー?やつら一日何回するんだぁ?
おっ、猫パンチしてる。シュッシュッって、2〜3回、蜂でもいるんだろうか?
私の位置は花壇より高く、庭一面が見下ろせる。

花壇の奥へ行くのに近くを通ったら、クロちゃんのそばでトグロを巻いていたのは我家の主。クロちゃんは対決をやめて離れていった。

主もお外が気持ちいい季節になったのねぇ。
posted by kyouei at 06:31| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

偵察隊?

今年もちらほらやって来るようになった。一番歓迎したくないお客様。頭が黄色でお尻がシマシマのやつ。

どこか、巣を作るいい場所ないかな〜って、探している様子。去年は難を逃れたけれど、これも自然の中に住む宿命か。

朝晩は気温が低く、夏でも寒いくらいの時があるので、やつらの活動時期は短い。それが救いだなー。

私の嫌いな毛虫・芋虫もまだ少ない。これも活動できない長い冬があり、寒い気候や鳥が多い自然のバランスが保たれているおかげだろう。

posted by kyouei at 06:21| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月01日

自然との共存とは

虫との共存? いやだー。

カメムシ騒動は一段落したものの、その後も次から次へといろんな虫が出てくること、普通の神経ではやってられない〜。

現代的・快適な生活の課題は、いかに虫を遠ざけるかだったのでしょうね。

でも、薬という名の毒は使いたくない。
せいぜい蚊取り線香どまり。
あとは掃除機で吸い込んで・・・。でも、きりがないほど出てくる・・・orz
クワガタなんかは、外へポイって逃がすんだけどね。

「さべつだー。」(虫の声)
そう、差別です。
posted by kyouei at 10:12| Comment(4) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。