2009年04月30日

バックオー・・?

どこに置いたら一番いいだろう?と、苗箱をあっちにやったりこっちにやったり。
日向も寒さも大丈夫なもの、まだ外に出したばかりだから、半日陰がいいもの、耐寒性に若干の不安があるから、建物のそばの方がいいもの、少しでもいい条件に置いてやりたい。

で、通路のはしっこギリギリに置いたのに、○○さんの車が寸前で停まった。お願いだから「潰しそうになっちゃったー。」なんて笑って言わないで。
左側いっぱい空いているじゃん。

潰されたらマジ泣くよー。

猫よりも人、人よりも車。
霜で上部をやられるより致命的。


posted by kyouei at 19:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤い鳥

茶の窓から2mくらいの地面で、赤っぽい鳥が何かをついばんでいた。「おや?何だろう。」野鳥図鑑を引っ張り出す季節になってきた。

スズメより細身、赤い縞模様・・・これかなあ? ベニマシコ。

珍しい鳥や小動物や、意外な場所でけなげに咲く花を見ると、写真を撮りたくなる。息子、デジカメ買い換えないかな?

苗を確保した残りの1年草種を、そこら中にばら蒔こうとしていたが、忘れていた、鳥のこと。

メーテルリンクのモデルは・・・って、青い鳥だった。


posted by kyouei at 08:35| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

勝手に増える花

北海道の気候にぴったり合っているのだろう。たった一株が種をこぼし、増え続けるものがある。

オダマキ、ルピナス、セイヨウミヤコグサ、チコリ、センダイハギ、ドクダミ、セイヨウノコギリソウ、アサツキ、ヒメツルニチニチソウ、クラウンベッチ・・・。
あ、コウリンタンポポもあった。もうだいぶ減ったけど。

ラズベリーもひどいな。上部を切ったら余計にあちこちから出て、ブッシュになるよ。

これら、すべて旧宅の庭。
ああ、もう、し〜らないっと。

チオノドグサと福寿草とクロッカスは、後で持ってこよう。

posted by kyouei at 07:59| Comment(0) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犯人は誰だ

2階の鉢植えから蒔いた覚えのない芽が出て、花が咲いた。あんまりパッとしない花なので、タデ科の何かだろう。そのうち調べようと思ってた。
2階が暖かくというより、暑くなってきて、アブラムシが目立つようになり、この花にもびっしり付いた。これは外行きだな。その前に教室で寒さに慣らさせようと階下へ移した。
その鉢を昨日見たら、あらら、地上部がすっぽりない。

また猫たち?
それとも飢えたネズミのエサになったんだろうか?

ちなみにそれは「アイ」だと今朝、判明した。
posted by kyouei at 07:34| Comment(2) | 1年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月28日

歴史のない庭

ガーデニングを長くやっている人は、一通りやった後に自分の好きな世界に行き着くらしい。あるいは、途中で方向転換をして違う分野を集めだしたり、初めから的を絞ったコレクターとか、一口にガーデニングと言っても十人十色、100人いたら100通りの「庭」があると言えるだろう。

地域の気候、庭の環境、スペースの問題、かけられる予算の多寡、様々な条件下で、時に妥協しながらより自分らしい庭を求めている。

共栄の庭は、前の人が残していった、あるいは学校だった時代からあった木や花に、私が前の住所から運んだ苗たちが植わっている。メインと称する多年草花壇は、家庭菜園に使っていた所だったから移植も簡単だったし、100坪くらいのスペースはほぼ落ち着き、植えた苗たちが大きな株になれば、そこそこいい感じになるだろう。

去年から元校庭のその花壇と、住宅や通路のある敷地の間の段差、つまり、校庭は一段低い場所に広がっているのだが、そこへ降りる1〜2mの斜面をロックガーデンにしようと取り組んでいる。

北海道のこの地域では、あまりにも多すぎる雪のため、庭に構造物は置けない。学校や保育園の鉄の遊具でさえ壊れてしまうほど、雪の力は大きいのだ。
えっ? なら、それらはどうしているかって?
ブランコも鉄棒の横棒もみんな外して屋内にしまうのよ。秋に。で、また春に取り付ける。

話がそれた。

雪で壊れるし除雪の邪魔になるから、柵や塀もなく、立体的な演出が難しい。フェンスやトレリスにツタやバラを絡ませて・・・なんて無理、簡単に言えば平べったい庭ってことです。

それと、今までずーっと平地に住んできたので、坂や石垣などに憧れを持っている。だから高低差がわずかでも、この斜面は嬉しい。

去年から今年にかけて大々的に苗や種を収集した。せっかくの斜面が草に覆われている。3m四方の芝桜は好きじゃない。2m四方くらいのイブキジャコウソウと、同じくらいの広さのセンベル畑は、まあいいか。
この斜面、ずぅーっとあっちの方までやれば、10mや20mなんてもんじゃない。

少しずつや、のんびりやっていたら追いつかないのよ。作業半年しか出来ないし。
長くなったので、今日はこの辺で。
posted by kyouei at 06:29| Comment(2) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月27日

やっぱり移動

お師匠さんのアドバイスを素直に受けて、芽大臣はやめた。(っていうか、間に合わなくなってきた。)
豆腐の容器は終わったけど、カップやきそばのは、まだいくつかある。感想気味にもう少し育てたら、雪が解け始めた部分に植えていこう。

窓から入る西日で2階の室温が高くなるので、暑さを嫌いそうな苗を教室に移した。こっちはにゃんこが危ないけれど、網をかぶせるなどして対策をほどこした。

2階も教室も外も、この時期絶対安全な場所はない。出来るだけのことをやったら、後は自然に任せるだけ。

今日も小苗をいくつか植えた。これから空のポットが増えていく。
posted by kyouei at 18:34| Comment(0) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本物のエゾエンゴサク

と、カタクリ。
本場物でもある。

デジカメが壊れても、強く「欲しい」と思わないのは、はるか上手に撮る方々を知っているからだろうか?
私の腕ではいくら素晴らしい自然があろうとも、それをうまく伝えられない。

わが家から20数キロ、昨年知り合った大先輩もその一人。本人のお許しが出たので、ブログアドレスを張らせてもらう。
ここで話題になっているエゾエンゴサク、ネット上にもたくさんの写真があるが、これが一番素晴らしい。

http://noraninnzi.exblog.jp/

きっと春を待つ気持ちが、誰よりも強いからだろう。
エゾエンゴサクも大先輩も。
posted by kyouei at 08:13| Comment(0) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

憧れの外蛇口

Sさんがやってきて、前々から私が望んでいた、外への水道配管の話を進めてくれた。幌加内の家もそうだったが、この家も外の水栓がない。庭や畑に水を撒くには、風呂場の蛇口に長いホースを繋ぎ、玄関を通して外まで引っ張っていた。
洗濯機はその中間にあり、先日買った6mのホースはさすがに長すぎたが、使うたびに風呂場の蛇口にホースを取り付けてと、いちいち面倒だった。それまで使っていたホースは劣化して細かい傷があったらしく、洗濯するたびに辺りが水浸しになっていた。だから、同時に、洗濯機に近いところにも蛇口を付けて貰う予定にしている。
配管は天井や壁を這わすから、見栄えは悪いけど、そんなことはどうでもいい。実用第一なのだ。

蛇口も玄関の横に、壁からにょきっと突き出る予定。何ともユニークな家になるだろう。

実際の工事はSさんがやってくれるけど、配管の図面や資材の調達は自分たちでしなくてはならない。いざ付けるとなると、いくつかのルートが考えられる。
工事のしやすさと使い勝手を考えながら、頭の中でシュミレーションを描いている。
posted by kyouei at 02:20| Comment(2) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月26日

お片づけ

いい加減どうにかしないと・・・&茶の間の窓辺を夏バージョンにしようとしたら、足の踏み場がなくなってしまった。

今日のダンナは、仕事で遠くまでお出かけ、まだしばらく帰ってきそうもないが、片付かないぞ、こりゃ。

一番苦手な家事〜お片づけ。
posted by kyouei at 18:53| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セリンセ

2階の直径30センチほどのプラスチック鉢の中で、セリンセが満開になっている。
昨秋花壇に特徴のある双葉を発見して、掘り上げておいたものだ。2芽あったが、1つは欲しいという本州の人へお嫁に行った。

セリンセの種を蒔いて育てたのは、もう何年も前のこと。1年草なのでそれっきり。種がこぼれて発芽するものの、芽が出るのが夏の終わり頃、花を見る前に冬になってしまう。だから、翌年以降、時々葉は見るものの、花には会えずじまいだった。

あの時の種が、旧宅から持ってきた他の花の土に混じって生き残り、今何十もの花を付けている。風もなく、蜂もいない2階では種が出来るのか不明だが、このまま外に出せばたくさんの種が採れそうだ。

改めてセリンセについて調べたら、多肥、過湿を嫌うとあった。そうだよねー。肥料ほとんどやらないし、水やりもさぼっていたもんね。
とてもわが家向きの花だけど、発芽適温が高そうなので、種をこぼしたところにビニールでもかぶせれば、早く芽が出るのだろうか?

手抜き1年草のレギュラーになってくれたらいいな。
posted by kyouei at 08:18| Comment(2) | 1年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

根雪

去年は、今頃が根雪最終日だったようだけど、今年はまだたっぷり、70cm以上も残っている。

去年は何をやっていたのかな?と振り返ると、パンジー(ビオラ)の移植に夢中になっていた。今年はその子どもたちが雪の中から、去年の秋の形のまま、花が咲いていたのは、押し花のようにぺちゃんこになって出てきた。

パンジーの「時」は、半年間止まってたんだ。

雪が解けたら生き返り、つぼみは何事もなかったように止まっていた成長を再び始める。

家の前の、除雪して雪が少なかった部分から、徐々に地面が広がっていく。雪の中から半年振りに顔を出す面々。「やあ、今年もまた会えたね。」

去年株分けしたヒマラヤユキノシタ、こいつは葉っぱが馬鹿でかくなるので、あんまり好きじゃない。わざと過酷な、砂利だらけのところに植えてみたら・・・小さい葉っぱ1枚なのに花はびっしり、地面を割るように咲いている。
かっわいいー。モロ私ごのみ。

過酷な状況の方が、花はみんな美しくなる。

posted by kyouei at 02:24| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月25日

2階のポリポット

いくつあるんだろう?と、数えてみた。
大から小まで、約500・・・。
しかも大きめなのは、そのまま庭に移植できるよう、いくつかの苗が一緒になっている。

本州では、秋蒔き1(2)年草も、こっちではほとんど冬を越せないから、冬の間に室内に蒔く。

すでに玄関前に出した200個くらいのも合わせ、2ヵ月後にはほとんど空になる(予定)。

雪が解けたら、「特別なの」を除いて、直蒔きもやっていく。これが生きがいなんだから、いいじゃんねっ。
posted by kyouei at 13:13| Comment(2) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

移植と移動の時期

毎日、発芽苗のポリポットをあっちへやったりこっちへ動かしたり。少しでもその植物にとって、居心地いい場所を求めている。このあいだまで特等席だった2階の窓辺は、日差しが強くなると温度が上がりすぎる。黒いポットは熱を吸収して、熱々になっていることもあり、そろそろここは高温を好む夏野菜の苗や1年草苗の置き場へと変わりつつある。

ピンセットと虫めがねを使った移植も、相変わらず続いている。「またまた〜」って声が聞こえてきそうだが、いつまでも豆腐やカップやきそばの容器じゃ可哀相・・・えっ?そんなもんに種蒔くなって?
しょうがないじゃん。主婦ってこんなもんよ〜。種と土が精一杯の出費なの。

あちこちに送る苗の包装も、みんなリサイクル。ビニール袋はもちろんのこと、ラップや紙袋も使い回し。苗を送っているんだか、ゴミを送っているんだか〜。(笑)

Mixの種から出た小さな芽、「これは、もしかしたら珍しい種類かもしれない」そう思ったら、1本たりとも無駄にできないのだ。とことん貧乏性・・・いえ、貧乏なのです。
posted by kyouei at 03:18| Comment(2) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月24日

ほぼ生還

明朝、マイナス6℃まで冷えたようだ。
今朝、新聞紙を取り除きながら、状態チェック。一部被害はあったけど思ったより少なかった。新聞紙2枚重ねの効果があったのか?結構ギリギリの、微妙なものもあったろう。これからの季節、用心が欠かせない。

地上部がダメになっても、最悪根っこが生きていれば復活は可能だ。早く地面に植えてやりたいが、肝心の庭は雪に埋もれたまま。今地面が出ているところは、よほど強いのじゃないと厳しい。

寒さに見舞われながら、段々と耐寒性も増すらしい。
ウチの植物たちは耐寒性ばっちりでっせー。

posted by kyouei at 09:44| Comment(0) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

結果は明朝

夜中に目が覚めた。
はっ、アメダスチェック!
マイナス3.5℃か。やばいなー。
外に出て、玄関の温度計を見る。マイナス2〜3℃、ここのは実際より1〜2℃高いはずだ。
ポリポットの土をさわる。凍ってカチンカチンになっている。空を見上げたら満点の星、まだまだ冷えるなぁ。
慌てて新聞紙を乗せたけれど、これじゃ足りないかもしれない。

午前3時、朱鞠内のアメダスはマイナス4.4℃。一番冷えるのは明け方だ。あとどれくらい下がるんだろう。
新聞、もう一枚足して来ようか。
posted by kyouei at 03:45| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月23日

まだまだ雪だらけ

田舎でなくなって困るものは、おおいに利用しましょう。
という訳で(違うけど)郵便物を7つ出してきました。ちょっとは貢献できたかな?

鉄道、学校、店、会社、スタンド、田んぼ・・・次々と消えていきます。

この町出身の方、たまには田舎に帰りましょう。
田舎が好きという方、何度でも田舎に遊びに行きましょう。

人の流れがあれば、田舎の寿命がちょっと延びます。
posted by kyouei at 12:06| Comment(0) | etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

わんこ

春になったらわんこを飼いたいと思っていた。
でも、今はとっても新しい命を迎え入れられる状況じゃない。
ウチにとってわんこは飼うものだけど、買うものじゃない。
そして私も夫も、猫は内、犬は外という意識が強い。友人が里親を探していたわんこには、ここの環境は厳しすぎる。

わんこは番犬でもあり、カラスやキツネを追い払ってくれることを期待しているから、いずれ飼う予定でいるが、これも縁、そのうち転がり込んでくるだろう。
posted by kyouei at 07:57| Comment(2) | etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生死の分かれめ−5℃

雪が降っている。今の気温は0℃前後、今日は一日中寒そうだ。
明日の予報を見たら、明け方にマイナス5℃、やばい!

玄関前に種まきしたポットをずらりと並べている。
まだ芽が出てないのや、ちっちゃいのがやっと発芽したとこや、少しばかり大きくなったのもあり、移植適期だけど、庭が追いつかないのだの。

普通に「寒さに強い」のが持ちこたえられるのは、マイナス5℃くらい。
「とてもとても寒さに強い」のは、マイナス20℃でもへっちゃらだけど、小苗だと話は別だ。
用土はエゾ砂主体だから、シバレがきついと大きな霜柱が立つ。それが根を持ち上げてダメになるケースも多い。一つ二つなら石を置いて予防するけれど、うーん、どうしよう。

@教室に避難させる
A雪をかぶせる
B新聞紙を乗せる

どれも一長一短。ああ、ビニールハウスが欲しいなぁ〜。


posted by kyouei at 07:11| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月22日

印刷は白黒のみ

今夜は橋梁保存会の役員会がある。それに向けて会費を集めるための名簿を印刷していたら・・・あらら、インクが切れた。幸い予備があるから間に合うけど、次に備えて買っておかねば。
なんせ、いつもギリギリになってやり始める私、インクも紙も、30キロ以上離れた町に行かないと売ってないのだ。

しかも今使っているプリンターは、10年くらい前のキヤノンBJC−80v。インク近くに売ってないかもしれない。

幌加内のプリンター(複合機)は、娘のものだから、こっちへ来るにあたり、昔使っていたのを引っ張り出してきたのだ。
インクも当時ので使えた。この頃の相棒、ノートパソコンはとっくに壊れてしまったけど。

今は事務的な書類を年に数回印刷するくらいだから、これで充分。シンプルなのはいいよ。

カラーが必要になったら、娘にデータ送るさ。「○枚印刷しておいてー。」って。それにコンビニはないけど、コピーや印刷が大量に必要なときは、役所に頼む。1枚単価かなり安いんだよ。

さて、当分町へ出る予定もないし、ヨドバシで久しぶりにネットショッピングでもしようかな〜。
posted by kyouei at 10:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

引っ越し

そろそろ本格的に始めないと・・・。

幌加内にいる娘の行き先が4月に決まらなかったので、まだあっちに住み続けている。町の独身者用住宅は、4月に空きが出なかった。6月に一件空きそうだけど、それも入れるかどうか分からない。
こっちにある、娘が貰った冷蔵庫や洗濯機など、どうせなら二度手間にならないようにと待ってたが、待ちきれない。

GWに息子を呼んだ。大きめの家具を持ってもらうためだ。軽トラックで3〜4往復もしたら、そこそこの物が運べる。あとはちんたら・・・。今やこっちより向こうのほうが、スペースに余裕がある状態になってきてる。

京都から北海道に出てきてから、4度目の引っ越し。最初は4トントラック1台だったのに、段々荷物が増えた。
あーめんどくさい。(苦笑)
これが最後になりますように。
posted by kyouei at 05:56| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月21日

エゾエンゴサク

エゾエンゴサクの根茎(または球根、根塊、芋、等呼び名はさまざま)が売られている。それも1個300円くらい、びっくりする値段だ。
エゾエンゴサクの種はなかなか発芽しないし、根茎も簡単に増えない。暑さに弱いらしいというのもあって、山野草家に人気がある。

なんか面白くない。

エゾエンゴサクはここらでは立派な雑草だ。空き地、林の中、畑のふち、堤防、神社の境内、道路の法面・・・至るところに生えている。
レンゲ畑はピンク、タンポポ畑は黄色、エゾエンゴサク畑はブルーのじゅうたんだ。

北海道と東北の一部、本州なら高地にしか自生しないようだから、欲しければ買うしかないのだろう。

そして間違った栽培方法でみんな枯らす。

エゾエンゴサクが商品になっているのが釈然としないので、あちこちにあげる約束をした。それを見た「とおりすがり」が、「それはどこから採ってきたの?」と突っ込みを入れた。ネット上のことなので、あえて反論は避けた。前段を読んでいれば、それは知り合いの畑の「雑草」だと分かるはずだ。

エゾエンゴサクの根茎は地中深く潜っている。そこら辺から掘るのはかなり難しい。

今朝、旧宅にあったひと塊のエゾエンゴサクを掘った。やっと芽が出始めたところだったが、剣先スコップを使ったのに失敗した。根茎はもっとずっと下にあった。そして丸々と太っていた。
そこは粘土質の土、肥料なんかやらないから土は痩せているはずだ。

思うに、鉢植えなんかにしないで、地面深く植えればいいんじゃなかろうか? 水はけも良くない方が土が乾かない。無理に肥培なんかしようとしないで、後は年月が過ぎるのを待つ。植物だってその環境に順応しようと頑張っているに違いないのだ。

私には暖地での栽培経験がないから、これが合っている自信はない。どなたか実験してみませんか?
1個300円相当のサイズが掘れるかどうか分からないけど、根茎ならいくらでもあげますゆえ。
posted by kyouei at 03:14| Comment(12) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月20日

年に1〜2度のお楽しみ

今夜は「そば道場」の総会。天気がいいのに真っ昼間から総会議案なんか作ってた。
場所はルオント(温泉)、ここでの宴会は2回目だ。専業(してないけど)主婦になってしまったら、こういう席はとんとご無沙汰。イクラとオクラを残した以外は完食。飲み物別で3,500円のコースだからちょうどいい量だった。

さてさて、1年間の事務局ご苦労さん。>私。
今年度もぼちぼちとやりましょう。


posted by kyouei at 23:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月19日

ぼつぼつと、

苗を教室や玄関前に置き、外にも少し植え始めた。
でも、明朝は冷えそうな気配ので、玄関のには新聞紙をかぶせた。
これから深川まで札幌に遊びに行った次女のお迎え。
片道1時間半、眠たいよー。

さてさて今夜は、何が何匹見られることやら。
posted by kyouei at 20:29| Comment(2) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月18日

5匹と2匹と1匹

今日も幌加内へ出かけ、帰りは夜。車からアニマルウォッチができる。
真っ白いのはエゾユキウサギというらしい。
目が光って尻尾が太いのはたぶんキタキツネ。
大きさや歩き方からタヌキ・・・かなぁ?
みんな車が通り過ぎる一瞬しか見られない。

それにしても色々いるもんだ。
前はこんなに見ていない。
なんでだろ? 時期的なタイミングの違いだけなんだろうか?

今日は記念すべき初外作業の日。
球根を少し植えた。
来年の春、雪解けとともに咲いたら嬉しいな。

庭に咲いているのは、クロッカス2つと去年植えた小さなプシキニア。
ビオラがつぼみ姿でぺちゃんこになっている。
いつからつぼみをつけてたんだろう?
雪の中で?
それとも去年の秋から?
きっとすぐ咲くよ。
posted by kyouei at 21:54| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

埼玉県S市

末っ子が新人研修(実習)で、これから2ヶ月ほど住むところ。おっきい会社(でもないのか?)だと思ったから、独身寮完備、社員食堂ばっちりを期待してたけど、それはまだ先のことらしい。半年ほど転々と実習を繰り返してから配属が決まるそうな。

で、埼玉のそこはなんと借り上げのレ○パレス。ひとときCMがずいぶん流れたとこ。家具・家電(←S社製か?)はひととおり揃っているらしいが、「炊飯器がないよー。」とメールが来た。

幌加内の次女と違って、食べるのが好きで、まめに料理する子だから、自炊もちゃんと出来るだろうけど、問題は当分食材を買うお金もなさそうなとこかな。

GWに帰省して引越し荷物をまとめるらしい(今は会社の指定で、ダンボール箱1個分しか持ち込みできない)。調味料セットでも作ってやろうか・・・って、思ったけど、自分でさっさと荷物に詰め込むかもね。
posted by kyouei at 04:27| Comment(2) | etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

4月に雪が降る

って、5月にも振ることあるのよねー。

薄汚れた雪面がまた真っ白になった。

視界をさえぎる窓の前の雪が消えたので、また毎日、茶の間に居ながらにして外の景色を楽しめる。

たった30キロほどしか離れていない幌加内は、畑や田んぼが見えてきた。白鳥がたくさん降りてエサをついばんでいる。
彼らは雪解けとともに北上し、ここの上空を舞うのももうすぐだ。

窓から見える向かいの山の崖斜面、木々、空、雲、どこを見ても見飽きない。
posted by kyouei at 05:48| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月16日

夕日に魅入る

昨夜の勝負は私の勝ち。予報ほど冷え込まなかった。雪はうっすら降ったけど。
でもって、今日は特別風が冷たい。昨日までのぽかぽかがウソのようだ。

こんな日は迷わず苗を避難させる。玄関前、西風の当たらないとこに移動すべく、スキーウェアの上を着て外に出た。

西の山にもうじき日が沈む。太陽がぐんと近くなったような強い日差し。デジカメが壊れてて残念。

posted by kyouei at 17:44| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

迷いどころ

寒さに強い苗を外気に慣らすため、いくつか外に出している。明朝の予報はマイナス3℃。う〜〜〜ん、外に行って新聞紙などをかぶせて保護すべきか? 
予報どおりなら問題ないが、大きく下回ったら危ないかもしれない。
明け方の天気予報は雪・・・雪ならそんなに冷え込まないはずだ。

この横着さと自分に都合のよい解釈が、吉と出るか凶と出るか。
だって、苗を置いた場所遠いんだもん。^^;
足元悪いし真っ暗だしー。(言い訳大得意)

先日から茶の間の窓が開いて、猫はそこから自由に出入りしている。
ん? 苗もここに置こうか? ここならいちいち外に出なくても、茶の間から新聞紙をかけられる。

楽をするアイディアはすぐ浮かぶ。
posted by kyouei at 01:00| Comment(0) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月15日

受話器の引越し

共栄の受話器は前住民Nさんから貰ったのを使っていた。FAX機能がついてないが、冬はほとんどの活動が停滞しているので、それで間に合った。

そば道場(事務局)の総会案内を出すにあたり、やっとこさこっちへ、壊れて買い換えてから間もない新しい受話器を運んだ。
運営委員18名、諸連絡はFAXが多い。

で、案内文書を作って、受話器を繋ぎなおして、さあ送信・・・しようとしたが、電話が反応しない。
あらら〜困った。説明書は要らんと思って持ってこなかった。
試しに電話もかけたが通じない。なんかどこかの設定を直さねばならないのだろう。
説明書を幌加内へ取りに行く? いやいや、明日も行く予定なんだ。時間とガソリンがもったいない。
朱鞠内の誰かにFAXを借りる? でも、13件もの送信だし、出欠の返事が来るのもFAXが多い。しかも期日は明日!ぎりぎり仕事ですぅ〜。いつも。(>_<)

何だか分からないまま、ボタンを押し設定を繰り返す。ふと見た子機がケンガイ表示になっている。こいつはまだ、親機が幌加内にあると思っているんだな。

ネットで検索をかけ、問題は「回線」かも?と、トーンとパルスの違いも分からぬまま、違う方にしてみた。

うん。なんか良さげだよ。FAXも行ったことだし、これでいいとしよう。
ああ、午前が終わっちゃうよ。
posted by kyouei at 11:22| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月14日

旧宅に行く楽しみ

4月はなにかとヤボ用が多い。週に2〜3回は幌加内へ行く。娘の行く先(町の独身者住宅に入居希望中)が決まらないので、家財道具もすっかり残したままだ。GWに帰省の息子に手伝ってもらい、大物はその時の予定だけれど。

2年も前から運び続けた苗の掘り残しがまだある。あっちの玄関前は除雪の重機が入ったので、すっかり雪がない。ぺちゃんこに押しつぶされた半枯れの草むらから見つけ出したものは・・・、

カタクリらしき小さな芽、剣先スコップで深めに掘ったら球根が4つ。それとミニチューリップらしきの。子球がポロポロ出てきた。プシキニアか消えたスノードロップかも?というのもひとつ。

チオノドクサの大群か〜と大喜びしたのは、アサツキの固まりだったようで残念。味噌汁の具にでもしようか。

裏庭はまだ1m弱の残雪。こっちにも宝物が眠っているかなあ?
posted by kyouei at 07:22| Comment(0) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月13日

出合ったものは

幌加内市街地(旧宅)を9時半頃に出て、眠くて眠くて大あくびを連発しながら約35キロ。ちんたら走ってきたので1キロ=1分を大幅にオーバーした。

娘と晩ご飯の後、旧宅を出てから、人1人、対向車3台、抜かされた車1台。
そして真っ白なウサギ7羽。不明の動物1匹。

ウサギは道端の草でも食べにきてるのだろうか?
雪より白いからすごく目立つ。
それにしても新記録だわ。
posted by kyouei at 23:17| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

春は玄関前からやってくる

今度の家は玄関が南向き(前は北向きだった)なので、除雪をした通路から雪解けが広がっていく。
朝は凍りついている玄関前の花壇も、昼にはゆるみ、通路部分に雪解け水の「春の小川」が出来る。

去年あちこちいじりまわったので、水はけが良くなった気がする。浅い溝でも、あればそこを流れていく。ただ、流れて雪の下に消えたその先がどうなっているか?若干の不安が無くもない。排水溝なんて上等なものはウチにはないからだ。

寒さに強い鉢植えを2つほど玄関先に出した。そのままだと猫が咥えて抜くので、土がむき出しの部分に石を置く。石は霜柱で根が浮き上がるのも防いでくれるし、乾燥からも守ってくれる。

雪解け直後は、こんな小さなメンテナンスが欠かせない。
posted by kyouei at 03:11| Comment(0) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

窓を開ける

茶の間の前の雪がほとんど解けたので、鉄格子のような、落雪から窓を防護する柵を外した。すきま風防止と結露対策とカメムシ侵入阻止になるかな?と思ってレール部分に敷き詰めた、洗える猫砂のゼオライト(未使用、効果のほどは?)を水で洗い流した。ゼオライトは湿気対策や園芸にも使えるらしいので、庭に落としても差し支えないだろう。猫砂と一緒に仮眠中の大量のカメムシが流れ出た。ここ数日、眠りから覚めたカメが次々とガラス窓を這い上がっていた。

半年振りに開いた窓は、これから猫の出入り口にもなる。窓の前の通路の雪は解けたけど、その向こうは依然として1m以上の雪の壁だ。

この窓をよく見ると、サッシ部分と取り付けている枠の間に1cmくらいのすき間があって、そこから外が見える!これじゃあ、冷気もカメも入りたい放題だった訳だ。ま、すき間なんて至るところにあり、いまさら驚くべきことじゃなかった。

修理という器用なことはできない。とりあえずガムテープでも貼っておくかな。(苦笑)
posted by kyouei at 07:07| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月11日

ヒメシャクナゲ

旭川へ、昼前にバスと列車で買い物に出た娘を、夕方迎えに行った。深川〜旭川間の特急券が片道分あったので、行きはそれを使ったらしい。まるまる一日付き合うのはご免だが、迎えに行くくらいなら、まぁ、いいだろう。

で、彼女の用事で車を出した時のお約束〜♪。
しっかり今回も花苗をゲット。自分じゃ買えないクレマチス。「3ついい?」

その後、猫のエサやホースを買いにホームセンターへ。ここでも園芸コーナーをチェック。見つけちゃいました〜。姫シャクナゲ。
小葉姫シャクナゲと至仏姫シャクナゲが並んでいた。一見どっちがどっちだか分からないくらい似てる。
う〜ん、どっちにしようと悩んで・・・両方買っちゃった。(^^ゞ

一つ398円なり。
posted by kyouei at 23:37| Comment(0) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月10日

職業安定せず

今週から仕事に行き始めた夫、1年限りの期間限定雇用。来年のあてはない。
それでも、田舎で飢え死にって話は聞かない。まあ、何とか食っていけるのだろう。

雪が解けたら食糧生産だ。
posted by kyouei at 05:48| Comment(0) | etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月09日

オオボケ

今朝、ちょっと虫メガネセット(+ピンセット、園芸マーカー、水差し)を取りに2階へあがったら・・・電気ストーブが点けっぱなしだった。^^;
昨日の2階はは寒かったので、ストーブ点けて植え替えなんぞしてて、そのまま忘れたんだ。これ、サーモスタッドとかで、点いたり消えたり・・・の消えた時に部屋を出たんだろう。

お花には寒さしのぎに良かったかも? でも、昨夜はそれほど冷え込んでいない。ああ、半分ほどが深夜電力とはいえ、もったいない〜。

先月滞在していた長女にも指摘されたんだよね。ぼちぼちコンセント抜くかなぁ。
posted by kyouei at 08:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

雪解けがすすまない。

積雪深=地面からの雪の高さ、今朝の段階で169cm(朱鞠内のアメダスデータ)、共栄ではたぶんもっとだろう。
4月の半ばというのに、まだ雪と氷に囲まれて暮らしている。こんな地域があることを北海道の人さえ知らなかったりする。

じれったい気持ちで数字を見るが、一日平均2〜3センチくらいしか減っていかない。積もった雪があっという間に解けてしまう、本州の冬とは次元が違うのだ。

日中の気温がいくらプラスになっても、一日の大半は氷点下、せっかく解けた雪も夜の間に凍る。それにいくら日中の気温が10℃になろうとも、雪の表面は限りなく0℃なんだよね。真冬に凍りついた玄関を解かそうとして熱湯をかけたけど、氷が増えただけって経験がある。解けるそばから凍っていくんだ。

今朝の気温はマイナス9℃。昨日解けた雪がみんな氷になっている。

茶の間から花壇の雪面が見えるようになってきた。わずかに私の目線より下だけど、花壇のある元校庭は2mくらい下に広がっていた。っていうことは・・・!
posted by kyouei at 06:15| Comment(2) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世間付き合い

住民票はまだ移してないけれど、自治区費(町内会費みたいなもん)を納めているので、地域のお知らせがしょっちゅう入る。
やれ、小学校で何とかの行事があるだの、先生が転勤になっただの、役場の支所長が変わっただの・・・。
○○会の後は必ずっていいほど懇親会があるようで、会費2000円とか書いてある。

初めてここに住み、1から人間関係を築く人にとって、これらは地域の人と交流を持つ絶好の機会かもしれない。

が、そこそこのお付き合いがすでに出来、顔見知りも増えつつあるわが家では、予算と相談し、ほどほどで勘弁してもらっている。

でも、晴れて正式住民となったら・・・そうも言ってられないな。人付き合いは苦手だけれど、いざという時お世話になることもある。こういうこともひっくるめての田舎暮らしであり、不便な環境を補う一面もあるからだ。

タノシクナイカイナラ、タノシイカイニカエレバイイジャナイカ?
イヤイヤ、フカイリハヤメヨウヨ・・・。

う〜〜〜〜ん。(ーー;)
posted by kyouei at 05:32| Comment(0) | 移住 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月07日

苗も移動中

日平均気温がプラスになって、日中はストーブを消しても過ごせるようになってきた。
今まで控えていた、1年草や野菜の種を順番に蒔く。こっちはほとんど面白いように発芽する。でも、やっぱり、移植まで時間のかかる多年草は、冬に蒔くに限る。

種まきと平行して、本葉の出てきた多年草を一回り大きなポットに植え替え、1週間くらい放って置いても大丈夫になったら教室へ移す。地植えにする2ヵ月後までに、少しでも大きく、寒さにも耐えられる丈夫な苗にしなくてはならない。
空いたスペースはすぐ1年草の発芽ポット置き場となり、日のあたる場所はすべて苗が埋め尽くす。

雪が解けた後は毎年大忙し。畑の準備もあるし、冬枯れの花壇をきれいにして、霜に負けないほど強く、すぐ咲く苗から順に植える。冬の間に溜め込んだ苗の植える場所を決め、雪で締まった地面を掘り起こす。

5月から6月は一日中庭にいる。それでも時間が全然足りない。いかに効率よくするか。手を抜けるとこは抜くけど、室内の苗を外に出すのは、慎重すぎるくらいにしないと、葉焼けや環境の変化に負ける。

いままで散々失敗してきた。でも失敗するとよく覚える。
posted by kyouei at 19:15| Comment(0) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

赤いとこ

朱鞠内(しゅまりない)ってどこ?

はい。↓の地図の赤いとこ。
http://tenki.jp/amedas/area-1.html?amedas_type=snow

ここから3キロほど南に住んでます。

アメダスデータは、いつもここのを参照してますが、間にトンネルがあったり、地形が違うので、若干異なります。
posted by kyouei at 03:08| Comment(2) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イチゲ

園芸カタログを見ると、ここら辺の道端にある雑草がびっくりするような価格で売られている。突然変異や品種改良(改悪かも?)したのは、さらに何倍もの高額だ。
それを見るたび複雑な心境になる。
そんな価格で買っちゃいけないよ。と言いたいが、それは満たされている者の驕り、対象物を替えれば自分だって同じことをしているのだろう。

イチゲも山野草の世界では人気らしい。
横文字にしたら、アネモネなんとかという学名がついている。
ああ、アネモネ系・・・私も好きだ。(苦笑)

ここらにあるのは普通の、多分エゾイチゲとキクザキイチゲ(白)。植物は図鑑を片手にしても判断に迷うのが多いから、断定はできない。
同じ仲間のニリンソウ、これは特徴があるのですぐ分かる。こっちのひとはフクベラと呼ぶ。

野山のは、むやみやたらに採れないが、知人の庭から分けてもらったヤブイチゲ(園芸種?)、ご希望があれば差し上げましょう。ここの庭にうまく根付いて、雪の下から出てきたらね。

その人は花の名前なんか知らない。けど、そこんちの花壇に群落になっていて、そのひとかたまりを貰ってきたのが何年か前。去年の春か一昨年の秋に、幌加内の庭から移植したの。図鑑やネットを使って調べて、ようやくたどり着いたのがヤブイチゲ。

Anemone nemorosa 'Kath Dryden' で画像検索したら、一番に出てくるのに近い感じ。丁子咲き、おおっまさにアネモネ咲き。
posted by kyouei at 02:39| Comment(6) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月05日

母子里ドライブ

実は一か月分の卵を買いに。

ここのは平飼い、健康新鮮な卵。今年から生協の卵登録(定期購入)をやめて、ここ一本にした。規格外のサイズや鶏がつついてちょっとヒビが入ったはね品卵。安さの理由がちゃんと分かるものは、安心で嬉しい。

卵は平たい紙トレーに45個入っている。それを3つ・・・これも半交際費になったりする。もちろん誰にでもって訳じゃない。卵の良さが分かって、手間を惜しまない人にだけ。

帰って卵を運んだ夫に「猫としばらく外で遊んでいて!」「大丈夫だろう?」「大丈夫じゃないから言ってるの!」大急ぎでフタ付きの箱に入れ替えねば・・・猫にはずいぶん割られているのよ。

帰りがけ、母子里のスタンドでガソリンを入れた。店のおばさんが「ちょっと寄って行かないかい?」と声をかけてくれたので。夫はここぞとばかりにチョコレートを買う。私も負けじと「さやえんどう」を一袋。これも半交際費。お店が無くなったら困るもんねぇ。
posted by kyouei at 04:39| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月04日

Mixの種

ちるたん(イギリスの種やさん)から買ったものの中で、アルパインフラワーMixやカンパニュラMix、ポレモニウムMixに、ドワーフペレニアル(背の低い多年草)Mixなど、Mixの種が多い。
ひとつは、あれもこれも色々欲しいという欲張りな発想、そして何が出てくるかお楽しみ♪という、福袋的な思惑もある。
なんせ、イギリスだからねー。日本のなら買わないけど。

まあ、イギリスだからって日本と共通の種類は多い。今はまだやっと本葉が出たばかりで、何が何だかの状態だけど、もう少し育ったら、「なんだ、お前だったのかー。」っていうのもきっとあるだろう。
一つでも二つでも新しい発見があればそれで上等・・・というのは、うわべの顔、本心は絶対何かある、それも何種類もきっとある。と、信じて、種はまばらに蒔いた。一粒たりとも無駄にしないぞー。(笑)

検索してて面白いページを発見した。
http://theseedsite.co.uk/seedlings6a.html
さしずめ芽生え図鑑というとこだろうか。

植物に興味のない人にとっては「くそ面白くもない」(まぁ、下品。)ページです。
posted by kyouei at 21:01| Comment(0) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

移動の時期

天気予報から雪マークが消えて(まだ時々出るけど)、その分晴れの日が増えてきた。日差しが一段と強まり、一昨日から2階の部屋の温度が20℃を超えたりしてる。
おお、ブルーポピーさんが危ない。やっと5cmほどに育ってくれたのに。

野菜や1年草の種まきも加わって、2階はすでに満杯状態。これから順次、寒さに強いもの、暑さに弱いものを1階の元教室に移す。完全に埋もれていた窓から陽があたるようになってきたし、寒さも和らいで、暖房のない教室に出入りするのが苦じゃなくなってきた。

苗たちはここで1ヶ月ほど過ごしてから、外に出し、さらに半月ほどしてから庭に定植する。寒さに弱いもの(非耐寒の1年草など)は、さらに半月ほど後だ。
5月なら強い霜、6月でも遅霜の恐れがあるからねー。

移動適期を何年も失敗してやっとつかめてきた。でも、まだまだ油断は禁物。何が起こるかわからない。猫ちゃんという伏兵も居るし〜。
posted by kyouei at 07:10| Comment(2) | 多年草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月03日

自宅待機?

奈良の某所で新人研修を受けている娘に、「どう?」とメールを送ったら、「半年間は北海道かもしれない。」と返事が来た。
「自宅待機?」と冗談言ったら、「まさか。」

そのまさかの会社がほんとにあった。さっきネットニュース見てびっくり。

今年の就職活動は大変だろうな。ウチはなんか、みんないい時期に就職できた。

親の(仕事に関しては)アンラッキーな姿を見て育っているので、子どもらは手堅い。
posted by kyouei at 21:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やっと春実感

日中の気温が5℃ほどになって、日差しも強くなってきたのに、アメダスの積雪深は191cmから189cm、たった2cmしか減ってなかった。降った時はふわふわの軽い雪だったのに、沈むだけ沈んで、日中解けた分が朝晩には凍って、雪から氷へと変化しつつあるからだろうか。

それでも快晴の昨日は暖かかった。ほぼ半年振りに玄関のドアを開け放った。天気予報に嬉しい晴れマークが続いている。いまの季節は、10℃なくても晴れていれば充分暖かい。

2階の部屋の、西の窓を照らす日差しもぐんと強まった。太陽の位置が夏と冬で大きく違うことを、日差しに飢えていると実感できる。
防寒のため張っていたビニールをはがし、内側の曇りガラスの窓を開ける。久々に見下ろす西の林。ここ、夕日がきれいなんだよ。

ミニシクラメンの風情にひかれて買った鉢植えが、ふた周りほど大きくなって、色も濃いピンク一色、おもいきり普通のシクラメンになってしまった。それでも元気いっぱいに花を咲かせている。これはこれでヨシとしよう。
posted by kyouei at 03:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月02日

ハローワーク

無職になった夫、今日は仕事探しにハローワークへ行く。
求職者の最低の身だしなみとして、トレードマークの髭を剃った。未練たらしい後ろ髪も切った。

今、この町は空知支庁なので、深川の職安に行くけれど、そのうち上川支庁に属し、士別か名寄のハローワークにお世話になる日が来るだろう。そっちの方がずっと近いから、住民にとって多少便利になるわけだ。

けれど、ハローワークのインターネットサービスで検索しても、地域をこの町に限定すると看護士の1件しか出てこない。試しに20歳で検索しなおしたら・・・やっぱり同じ。

それでも、みんなどこかにおさまっている。欠員が出たらすぐ埋まる。
posted by kyouei at 07:55| Comment(0) | etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月01日

末っ子の旅立ち

共栄から旭川空港までほぼ100km、ちょうど100分。今日(昨日)は士別の手前から剣淵を抜けるコース、いわゆる裏道っていうのかな?車も少なくて快適なドライブコースだった。
この時期、峠を越えるたびに雪の量ががくんと減る。こっちはやっと2mを切ったとこなのに、一つ峠を越えたら1mほど、も一つ肥えたら50cmくらい・・・空港近くでは雪もまばら。斜面にふきのとうがぽこぽこ出てる。

旭川へ行った表向きの用事は、関西へ旅立つ末っ子を送るため。
でも、私の真の目的は、5袋を使い果たしたエゾ砂(日高土)の追加購入。またまた2袋、560円なり。

次に旭川へ行けるのは、GW中の次女の送迎。その頃にはお花屋さんもオープンしてるはずだから、何か花苗をおねだりしよう・・・と思っていたら、夜の便だって。

ああ、誕生日という立派な口実もあるのにな。
posted by kyouei at 00:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。